にこスマ通信

iPhone・Android・スマホの役立つ情報をお届け!

【2022年版】Xperia 5のスペックや価格を徹底解説!1や8との比較も【レビュー】

Xperia 5は、2019年11月に発売されたソニーのハイエンドスマートフォンです。

縦長のディスプレイと、充実した機能・性能が魅力の機種です。

この記事では、Xperia 5の購入を検討している方に向けて、

  • Xperia 5のスペック・特徴
  • 「Xperia 1」や「Xperia 8」との違い
  • 2022年5月現在の価格

などをご紹介していきます!

商品一覧はこちら

Xperia 5のスペック

まずは、Xperia 5のスペックを見ていきましょう。

発売日 2019年11月
カラーバリエーション
  • ブラック
  • グレー
  • ブルー
  • レッド
サイズ (高さ)158mm×(幅)68mm×(厚さ)8.2mm
重量 164g
ディスプレイ 6.1インチ  有機EL
(長辺)2520×(短辺)1080ピクセル
アウトカメラ 超広角:1220万画素(F2.4)
広角:1220万画素(F1.6)
望遠:1220万画素(F2.4)
インカメラ 800万画素(F2.0)
チップ Qualcomm Snapdragon 855
メモリ(RAM) 6GB
ストレージ(ROM) SIMフリー版:128GB
キャリア版:64GB
microSD 対応(最大512GB)
バッテリー容量 SIMフリー版:3140mAh
キャリア版:3000mAh
急速充電 対応
ワイヤレス充電 非対応
スピーカー ステレオ
イヤホンジャック なし
生体認証(指紋/顔) 対応(側面)/非対応
防水・防塵 対応(IP68)
おサイフケータイ(FeliCa) 対応
対応バンド 【SIMフリー版】
3G:1, 2, 4~6, 8, 19
4G(FDD):1~5, 7, 8, 12, 13, 17, 19, 20, 25, 26, 28, 29,66
4G(TD):32, 34, 38~41, 46
【ドコモ版(SO-01M)】
3G:1,6,19
4G(FDD):1,3,19,21,28
4G(TD):42
【au版(SOV41)】
3G:1
4G(FDD):1,3,11,18,26,28
4G(TD):42
【ソフトバンク版(901SO)】
3G:1,2,4,8
4G(FDD):1,2,3,4,8,11,12,17
4G(TD):38,39,40,41,42
デュアルSIM 対応(nanoSIM×2)

Xperia 5は、2019年6月に発売されたハイエンドモデル「Xperia 1」の機能はそのままに、サイズや価格を抑えた端末です。
「縦長で大きいながらも持ちやすいボディ」「充実した機能」が魅力です。

Xperia 5の特徴

ここからは、Xperia 5の特徴を下記のポイントに分けてご紹介していきます!

  • 外観・デザイン
  • ディスプレイ
  • カメラ
  • オーディオ
  • 処理性能
  • バッテリー
  • その他の機能

外観・デザイン

カラーバリエーション
  • ブラック
  • グレー
  • ブルー
  • レッド
サイズ (高さ)158mm×(幅)68mm×(厚さ)8.2mm
重量 164g

Xperia 5の横幅は68mmと、近年のスマートフォンとしてはスリムで持ちやすくなっています。

画面サイズが同じ6.1インチである「iPhone 13」と比べても横幅は短いです。

持ちやすさを重視したい方におすすめです。

サイズに関する口コミ


口コミでは、「横幅が狭くて持ちやすい」という意見が多く見られました。

ディスプレイ

ディスプレイ 6.1インチ  有機EL
(長辺)2520×(短辺)1080ピクセル

Xperia 5の画面のアスペクト比は、映画とほぼ同じ21:9。
映画を再生する時、上限に黒帯が入ることなく画面いっぱいに表示されるので、臨場感ある映像を楽しめます。

縦長の画面のメリットとしては、画面を上下に分割して2つのアプリを同時に表示できる「マルチウィンドウ」機能が快適になることもあげられます。

カメラ

アウトカメラ 超広角:1220万画素(F2.4)
広角:1220万画素(F1.6)
望遠:1220万画素(F2.4)
インカメラ 800万画素(F2.0)

Xperia 5は、「超広角」と「広角」、「望遠」のトリプルカメラを採用しています。
カメラの基本性能は高めで、本格的な写真撮影が楽しめます。

最近のスマホでは多くの機種に搭載されている「ナイトモード」がないので、極端に暗い場所での撮影はあまり得意ではありません。

カメラに関する口コミ

カメラの画質については主観的なところが大きいので、実際の作例を見て判断されてみてください。

オーディオ

イヤホンジャック なし
スピーカー ステレオ
ハイレゾ再生 対応

Xperia 5は、ハイレゾ再生に対応。手持ちの音楽もハイレゾ相当の音質に変換できます。

音源をハイレゾに変換するには、ハイレゾ対応の優先ヘッドフォンが必要です。

イヤホンジャックはないので、有線イヤホンやヘッドフォンを利用する場合は、変換ケーブルが必要です。

処理性能

チップ Qualcomm Snapdragon 855
メモリ(RAM) 6GB
ストレージ(ROM) SIMフリー版:128GB
キャリア版:64GB
microSD 対応(最大512GB)

Xperia 5の処理性能は、2022年現在から見てもやや高めです。
SNSやWeb検索などはもちろん、軽いゲームを含めて、ほとんどの場面で快適に利用できます。

ゲームに関する口コミ

重めの3Dゲームも動くようですが、タイトルによってはあまり快適に遊べない場合もあるようですね。

最新の3Dゲームなどをプレイする場合は、「Xperia 5 III」など、更に高性能なチップを搭載したスマホの方が安心です。

ベンチマークに関する口コミ

処理性能を数値化するベンチマークアプリ「Antutu(v9)」のスコアは、51万点台前半のようです。

バッテリー

バッテリー容量 SIMフリー版:3,140mAh
キャリア版:3,000mAh
急速充電 対応
ワイヤレス充電 非対応

Xperia 5のバッテリー容量は、SIMフリー版が「3,140mAh」、キャリア版が「3,000mAh」です。
画面やチップの性能を考慮すると、「標準的か、やや少なめの容量」と言えます。

利用頻度が高い場合は、充電環境を用意しておくと安心です。

バッテリーに関する口コミ

実際に使った方の口コミを見てみると、バッテリーの持ちについては賛否が分かれている印象です。

その他の機能

生体認証(顔/指紋) 対応(側面)/非対応
防水・防塵 対応(IP68)
おサイフケータイ(FeliCa) 対応
ワンセグ/フルセグ 対応/対応
デュアルSIM 対応(nanoSIM×2)
5G 非対応

Xperia 5は、「指紋認証」や「防水・防塵」「おサイフケータイ」など、普段使いに便利な機能が充実しています。

「Xperia 1」や「Xperia 10」との違い

Xperia 5と同じ年に発売された、下記2機種の主な違いを見てみましょう。

  • 性能がほぼ同じのハイエンドモデル「Xperia 1」
  • ミドルレンジモデル「Xperia 8」

Xperia 1との違い

Xperia 5とXperia 1の違いは下記のとおりです。

Xperia 5 Xperia 1
発売日 2019年11月 2019年6月
カラーバリエーション
  • ブラック
  • グレー
  • ブルー
  • レッド
  • ブラック
  • グレー
  • ホワイト
  • パープル
サイズ (高さ)158mm×(幅)68mm×(厚さ)8.2mm (高さ)167mm×(幅)72mm×(厚さ)8.2mm
重量 164g 約178g
ディスプレイ 6.1インチ  有機EL
(長辺)2520×(短辺)1080ピクセル
フルHD+
6.5インチ 有機EL
(長辺)3840×(短辺)1644ピクセル
4K
スーパースローモーション
(カメラ)のフレームレート
120fps 960fps
バッテリー容量 SIMフリー版:3140mAh
キャリア版:3000mAh
SIMフリー版:3330mAh
キャリア版:3200mAh
中古価格(平均) 64GB: 32,800円(未使用に近い)
128GB: 40,967円(未使用に近い)
64GB:29,400円(未使用に近い)
128GB:42,800円(未使用に近い)

Xperia 5とXperia 1は、基本的なカメラ性能やチップなどは同じです。

サイズがXperia 5の方がスリムで価格も安い一方、「バッテリー容量が多い」、「4Kの映像が楽しめる」などXperia 1の方が優秀な部分もあります。

Xperia 8との違い

Xperia 5とXperia 8の違いは下記のとおりです。

Xperia 5 Xperia 8
発売日 2019年11月 2019年10月
カラーバリエーション
  • ブラック
  • グレー
  • ブルー
  • レッド
  • ブラック
  • ホワイト
  • オレンジ
  • ブルー
ディスプレイ 6.1インチ 有機EL
(長辺)2520×(短辺)1080ピクセル
6.0インチ 液晶
(長辺)2520×(短辺)1080ピクセル
チップ Qualcomm Snapdragon 855 Qualcomm Snapdragon 630
メモリ(RAM) 6GB 4GB
ストレージ(ROM) SIMフリー版:128GB
キャリア版:64GB
64GB
アウトカメラ 超広角:1220万画素(F2.4)
広角:1220万画素(F1.6)
望遠:1220万画素(F2.4)
広角:1200万画素(F1.8)
望遠:800万画素(F2.4)
イヤホンジャック なし あり
バッテリー容量 SIMフリー版:3140mAh
キャリア版:3000mAh
2,760mAh
ワンセグ/フルセグ 対応/対応 非対応/非対応
中古価格(平均) 64GB: 32,800円(未使用に近い)
128GB: 40,967円(未使用に近い)
15,662円(使用に近い)

全体的にXperia 5のほうが高性能・高機能です。

Xperia 5の価格

2022年5月現在、Xperia 5の販売状況は下記のとおりです。

新品 SIMフリー 61,600円
ドコモ(SO-01M) 販売終了
au(SOV41)
ソフトバンク(901SO)
中古 中古販売サイト(平均) 64GB: 32,800円(未使用に近い)
128GB: 40,967円(未使用に近い)
※中古販売サイト相場価格は記事作成時の2022年5月時点の価格を記載しています。こちらは楽天市場やYahoo!ショッピングなどで販売されている端末の取引価格を「にこスマ」が独自に収集し、おおよその平均価格を掲載しています。詳細はにこスマ通信・価格検索ページをご覧ください。

【まとめ】スリムな縦長ボディと充実した機能が魅力

Xperia 5は、縦長ディスプレイと充実した機能が魅力の機種です。

2022年現在も、幅広いシーンで快適に使える性能を持っています。

にこスマで「Xperia 5」を見てみる

「最新の3Dゲームも快適に遊びたい」という方は、後継機種の「Xperia 5 II」や「Xperia 5 III」も検討されてみてください。

中古iPhone・Androidスマホをお探しの方へ

当サイト「にこスマ」は、高品質・安心・低価格が3拍子そろった中古スマホ販売サイトです。

  • 全商品「SIMロック」なし
  • 詳細なコンディションを確認可能
  • 1年間の無料返品交換保証

iPhone・Androidスマートフォンともに、豊富に取りそろえております。
ぜひお気に入りの一台を探してみてください!

商品一覧はこちら