にこスマ通信

iPhone・Android・スマホの役立つ情報をお届け!

iPhoneでWi-Fiが繋がらない原因と試したい改善方法を一挙紹介!

自宅でiPhoneを使っていると、突然Wi-Fiが切れてしまったり、接続されているのにネットに繋がらなくなることがあります。ネット検索や動画を観ている時に突然接続されなくなると困りますよね。

今回は、突然iPhoneがWi-Fiに繋がらなくなってしまう原因と、その時試したい改善方法について一挙ご紹介します。

iPhoneでWi-Fiが繋がらない原因

iPhoneがWi-Fiに接続できなくなってしまう原因には大きく分けてiPhone本体の問題」「周辺機器の問題」「環境の問題の3つがあります。繋がらなくなった時はそれぞれの問題から何が原因かを探ることが大切です。

ここでは、iPhoneがWi-Fiに繋がらなくなる原因について解説します。

iPhone本体の問題

iPhoneがWi-Fiに繋がらなくなった時は、まず最初にiPhone本体にまつわる問題について考えてみましょう。

iPhone本体の問題として考えられる原因は次の5つです。

  • 接続先が間違っている
  • Wi-Fiのパスワードが間違っている
  • 弱いWi-Fiに接続している
  • iPhoneケースに問題がある
  • iPhone本体に問題がある

接続先の設定が間違っている

Wi-Fiの接続設定を行う際に、接続先を間違えているという可能性もあります。Wi-Fiのネットワーク名はアルファベットと数字、記号の羅列によって作られていて、なおかつ自宅だけでなく周辺に飛んでいるあらゆるWi-Fiの電波をキャッチしています。

その中で似たような名前のWi-Fiを間違えてタップして接続しようとすると、当然ネットワーク名とパスワードが一致せず接続できません。

また、周辺に飛んでいるフリーWi-Fiに間違って接続されてしまっている場合は、電波が非常に弱いためネットワークの接続が不安定になり、繋がらなくなってしまうこともあります。

Wi-Fiのパスワードが間違っている

Wi-Fiの接続設定をする際にパスワードが求められます。このパスワードもアルファベットと数字の羅列によって作られているため非常に複雑です。

パスワードが間違っていると接続できないので、正しく設定できているかどうか確認しておきましょう。

弱いWi-Fiに接続している

駅やカフェなどでWi-Fiの電波を拾うものの、接続ができないというケースもあります。公共の場で使える「フリーWi-Fi」は元々電波が弱いことも多く、また同時に接続している人もたくさんいるためさらに弱くなってしまいます。

これらのフリーWi-Fiが自宅の周辺に飛んでいる場合、家の中にいても自動的に接続するようになってしまうので、フリーWi-Fiが自動接続されないように設定しておきましょう。

フリーWi-Fiの自動接続解除の手順は次の通りです。

  1. 設定アプリを開く
  2. [Wi-Fi]をタップする
  3. 接続されているフリーWi-Fiの右端[i]ボタンをタップする
  4. [自動接続]をオフにする

iPhoneケースに問題がある

iPhoneのアンテナは側面のフレーム部分に内蔵されています。そのため、電波を通しにくい素材のフレームで全面覆われたようなケースをつけている場合は電波を拾いにくくなってしまいます。

Appleが公式で認定した「Made in iPhone」のマークが付いているiPhoneケースなら問題ないですが、それ以外のケースはiPhoneを使用する上で正しく使えるかどうか保証がありません。

一度iPhoneケースを外してWi-Fiが接続されるかどうかを試してみましょう。

iPhone本体に問題がある

iPhone自体に問題がある場合もあります。

本体内のWi-Fiの受信機の問題か、ソフトウェアの処理場で発生している不具合なのか、考えられる可能性は多々ありますが、iPhone本体の問題であれば修理に出す必要があります。

周辺機器の問題

iPhone本体の次にチェックしたいのが周辺機器の問題です。周辺機器には大きく分けて「無線LANルーター」と「通信キャリアのモデム」の2種類があります。

周辺機器の問題として考えられる原因は次の6つです。

  • 無線LANルーターに問題がある
  • 通信キャリアのモデムに問題がある
  • モデムと無線LANルーターを繋ぐLANケーブルに問題がある
  • ルーターの設定が間違っている
  • プロバイダのメンテナンスが入っている
  • 接続に時間がかかっている

無線LANルーターに問題がある

無線LANルーター自体に問題がある可能性があります。

無線LANルーターは通信キャリアのモデムからインターネット回線を受け取り、それを無線化する機器です。モデムまでは正しくインターネット回線が届いていても、無線LANルーターが故障しているとWi-Fiは接続できません。

もし自宅にパソコンとLANケーブルがあるなら、モデムから直接LANケーブルでパソコンに接続してネットが繋がるかどうか確かめてみましょう。有線で接続ができたなら、無線LANルーターの問題である可能性が高いと言えます。

通信キャリアのモデムに問題がある

通信キャリアのモデムに問題がある可能性もあります。

モデムは、自宅へインターネット回線を引き込む時に一番最初に通過する部分で、ここが故障していると当然無線LANルーターからWi-Fiを飛ばすことはできません。

この場合も、もし自宅にパソコンとLANケーブルがあるなら、モデムから直接LANケーブルでパソコンに接続してネットが繋がるかどうか確かめてみましょう。

繋がらなければそもそもモデムに問題がある可能性が高いと言えます。

モデムと無線LANルーターを繋ぐLANケーブルに問題がある

通信キャリアのモデムから無線LANルーターへインターネット回線を送るとき、その間は短いLANケーブルで接続しています。そのLANケーブルが断線などの故障をしているとWi-Fiを飛ばすことができません。

ルーターの設定が間違っている

無線LANルーターを最初に設定する時、初期設定としてプロバイダ情報の設定が必要となります。プロバイダから送付されたログイン情報などを使って、正しく接続設定をする必要があります。

その設定が間違っていると、無線LANルーターはWi-Fiを飛ばすことができません。

プロバイダのメンテナンスが入っている

全ての機器に問題がないにもかかわらずWi-Fiに接続できない場合は、プロバイダのメンテナンスが入っている可能性もあります。

基本的にアクセスが集中する時間帯にメンテナンスが入る可能性は低いですが、これまで携帯電話の大手通信キャリアではトラブルなどで大規模なメンテナンスが入って接続できなくなったという事例もあります。

この場合は一旦モバイルネットワークに切り替えて、契約しているプロバイダのホームページにメンテナンス情報が出ていないか確認してみましょう。

接続に時間がかかっている

Wi-Fiは基本的に瞬時に接続されるものですが、無線LANルーターの調子やiPhoneのバックグラウンドで動いている機能などの影響で接続開始が遅くなることがあります。

単純に時間がかかっているだけかもしれないので、少し待ってみましょう。

環境の問題

最後に確認したいのが環境の問題です。住んでいる自宅の環境や無線LANルーターの設置方法などが原因でWi-Fiが接続されなくなることがあります。

環境の問題として考えられる原因は次の3つです。

  • 集合住宅でアクセスが集中している
  • 無線LANルーターを箱などで覆っている
  • 自宅が鉄筋コンクリートで電波状況が悪い

集合住宅でアクセスが集中している

マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる場合、インターネット回線はその棟で契約している人全員で分けることになるため、アクセスが集中しやすい時間帯は回線速度が低下したり繋がらなくなる可能性があります。

特に、アクセスが集中しやすい時間帯で、なおかつサッカーなどの大きな試合が開催されていたりテレビで人気特集が放送されている時などはみんながインターネットに接続して検索したり動画を見たりすることが多いため、Wi-Fi接続ができなくなることもあります。

無線LANルーターを箱などで覆っている

無線LANルーターからはWi-Fiの見えない電波が常に飛ばされています。無線LANルーターから飛び出した複数の電波は部屋中を飛び回り、最終的に無線LANルーター本体へと帰っていくことでインターネット接続をしているのです。

そのため、無線LANルーターが箱などで覆われていると、電波が出ていく時と戻ってくる時の両方で物理的に遮断されてしまうため、電波が弱くなりWi-Fiに接続されなくなってしまうことがあります。

インテリアにこだわるあまり無線LANルーターを隠してしまうという方も多いと思いますが、Wi-Fiが接続できなくなったなと思ったら配置を考え直してみてください。

自宅が鉄筋コンクリートで電波状況が悪い

Wi-Fiや携帯電話の電波は、鉄筋コンクリートをすり抜けることができないため、電波が弱くなってしまいます。特に、無線LANルーターを設置している場所とは違う部屋にいるときにはWi-Fi接続が困難になることも多いでしょう。

自分で試したい改善方法

iPhoneにWi-Fiが接続できない問題を解決するために、まずは自分でできることから試していきたいですよね。

ここからは、自分で試したい改善方法について解説していきます。

iPhoneで試したい改善方法

iPhoneにWi-Fiが接続できなくなったら、まず最初にiPhone本体でできることを試していきましょう。

iPhone本体で試したい改善方法は次の6つです。

  • Wi-Fiの接続先が正しいか確認する
  • 本体を再起動する
  • Wi-Fiをオンオフ入れ直す
  • 機内モードをオンオフ入れ直す
  • Wi-Fi設定を削除して設定をやり直す
  • ネットワーク接続をリセットする

Wi-Fiの接続先が正しいか確認する

まず最初に確認しておくべきなのは、Wi-Fiの接続先が正しいかどうかです。この後行う確認作業も、Wi-Fiの接続先が間違っていたら全てが無駄になってしまいます。

自宅のWi-Fiのネットワーク名を確認し、iPhoneが正しいWi-Fiに接続されているかどうかを確認しましょう。

Wi-Fiの接続先の確認方法は次の通りです。

  1. 設定アプリを開く
  2. [Wi-Fi]をタップする
  3. 接続されているWi-Fiのネットワーク名を確認する

Wi-Fiのネットワーク名は無線LANルーターに貼られているシール、もしくは無線LANルーターが入っていた箱の中のシールに記載されています。

本体を再起動する

Wi-Fiの接続先が正しいことがわかったら、次に本体の再起動をしてみましょう。iPhoneの挙動がおかしくなった時は、再起動で改善されることが多いのです。

ただし、iPhoneの挙動が不安定な時はデータ消失の危険性もあるため、必ずデータのバックアップを取ってから再起動するようにしてください。

Wi-Fiをオンオフ入れ直す

それでも改善しない場合は、Wi-Fiをオンオフ入れ直してみましょう。

Wi-Fiの機能を一旦切ってから入れ直すと改善することがあります。

機内モードをオンオフ入れ直す

Wi-Fiと同じく、機内モードもオンオフを入れ直してみましょう。

機内モードはWi-Fiやモバイルネットワークなど、全てのインターネット接続を遮断することができるので、この設定を入れ直すことで改善することがあります。

Wi-Fi設定を削除して設定をやり直す

Wi-Fi設定を一度削除して設定をやり直すのも有効な手段です。一度接続設定はできたものの、何らかの不具合により認証がうまくいかなくなった可能性があります。

Wi-Fi設定の削除と再設定の手順は次の通りです。

  1. 設定アプリを開く
  2. [Wi-Fi]をタップする
  3. 接続されているWi-Fiの右端[i]ボタンをタップする
  4. [このネットワーク設定を削除]をタップする
  5. 改めて自宅のWi-Fiのネットワーク名をタップする
  6. パスワードを入力する

ネットワーク接続をリセットする

最終手段として、ネットワーク接続のリセットをしましょう。これは、iPhoneで今までに設定されたWi-Fiやモバイルネットワーク、Bluetoothの接続を全て工場出荷時の状態に戻す設定です。

ネットワーク関連の設定のみをリセットすることで改善することがあります。

ネットワーク接続をリセットする手順は次の通りです。

  1. 設定アプリを開く
  2. [一般]をタップする
  3. [リセット]をタップする
  4. [ネットワーク設定をリセット]をタップする
  5. パスコードを入力する
  6. [ネットワーク設定をリセット]をタップする
この時「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択してしまうと全てのデータが初期化されてしまうので注意してください

周辺機器で試したい改善方法

iPhone本体でできることを試したら、次に周辺機器でできることを試していきましょう。

周辺機器で試したい改善方法は次の4つです。

  • 無線LANルーターの再起動
  • モデムの再起動
  • LANケーブルの動作確認
  • 無線LANルーターのファームウェアアップデート

無線LANルーターの再起動

周辺機器でまず最初に疑うのは無線LANルーターの一時的な挙動の不具合です。iPhoneと同じく再起動で改善する可能性があります。

無線LANルーターを再起動すると、再接続されるまでに少し時間がかかるので自動的に接続されるまで待ちましょう。

モデムの再起動

無線LANルーターと同じく、モデムも再起動することで改善することがあります。

自宅の固定電話やテレビなどもインターネット回線を通じて引き込んでいる場合は、モデムの再起動をすることで一時的に使えなくなってしまうので影響のない時間帯に試してください。

LANケーブルの動作確認

モデムと無線LANルーターを繋ぐLANケーブルが断線などの故障をしているとWi-Fi接続ができません。

LANケーブルが正しく動作しているかどうかパソコンなどを使って確認してみましょう。

無線LANルーターのファームウェアアップデート

無線LANルーターのファームウェアによっては、Wi-Fiが接続できないなどの不具合が発生する場合があります。使用している無線LANルーターのメーカーのホームページでルーターの型番を入力すると情報が出ているので、アップデートの必要がある場合は試してみましょう。

環境の見直しで試したい改善方法

最後に、無線LANルーターの設置環境などを見直しをしていきましょう。

環境の見直しで試したい改善方法は次の2つです。

  • 無線LANルーターの配置を変える
  • 時間を空けてから試す

無線LANルーターの配置を変える

無線LANルーターはモデムと有線接続するため、大きく配置を変えることは難しいでしょう。しかし、無線LANルーターを箱の中に隠していたり周辺に電波を遮断するようなものがある場合は、それらを取り払って電波の通る道を確保してください。

電波が無線LANルーターから正しく出ていって、正しく戻ってくるルートを作ることが重要です。

時間を空けてから試す

単純にWi-Fiの接続に時間がかかっているだけということもあります。アクセスが集中して繋がりにくかったり、ルーターの再起動で時間がかかったりと様々な要素が絡み合うこともあるため、何を試しても繋がらないという場合は少し時間を空けてから試してみましょう。

それでも繋がらない場合はメーカーに問い合わせをしよう

ここまでご紹介した方法でも改善しない場合は、メーカーに問い合わせて指示を仰ぎましょう。

ただし、Wi-Fi接続には通信キャリア、プロバイダ、無線LANルーター、iPhoneと別々の機器やサービスが関係しているので、たらい回しにされる可能性もあります。

そこで、これまでご紹介した方法を全て試した上で次の順番で問い合わせをするとスムーズに解決まで進むことができます。

  1. 無線LANルーターのメーカー
  2. 通信キャリア(必要に応じてプロバイダ)
  3. iPhoneの修理

まずは無線LANルーターのメーカーに問い合わせをします。ここまで試した改善方法を試したことをオペレーターの方へ伝えた上で、改善方法を聞いてください。

一通り改善の手順を聞きながら試しても繋がらない場合は、モデムもしくは端末の不具合が考えられるため、無線LANルーターの不具合の可能性は少なくなります。

続いて通信キャリアへ連絡し、モデムの不具合かもしれないことを伝えましょう。そこでも改善方法を聞き、もし改善できなければiPhoneの不具合である可能性が浮上します。モデムの不具合が発覚した場合は交換対応してもらえることが多いので、依頼しましょう。

iPhoneについては不具合の場合は修理対応するしかないため、問い合わせは最終手段です。

Wi-Fiが繋がらない時は考えられる原因をひとつひとつ潰していこう

iPhoneがWi-Fiに繋がらなくなる原因は、モデム・プロバイダサービス・無線LANルーター・iPhoneと様々です。そのため、何が原因なのかを突き止めるにはまず自分で確かめられることをひとつひとつ潰していくしかありません。

まずは自宅でできることを試してからどうしても改善しない場合は修理なども検討しましょう。

にこスマで取扱している機種一覧

iPhoneの機種一覧をみる

Androidの機種一覧をみる

iPadの機種一覧をみる