にこスマ通信

iPhone・Android・スマホの役立つ情報をお届け!

AQUOS sense4シリーズ比較|無印・lite・basic・Plus

2020年11月から順次発売された「AQUOS sense4シリーズ」。

AQUOS sense3シリーズから大幅にアップした性能と、充実した機能が魅力です。

AQUOS sense4シリーズには、下記の4モデルが存在します。

  • AQUOS sense4
  • AQUOS sense4 lite
  • AQUOS sense4 basic
  • AQUOS sense4 Plus

この記事では「どれを選ぼうか迷っている」という方に向けて、

  • AQUOS sense4シリーズの違い
  • 2021年12月現在の価格

などを詳しく解説していきます!

AQUOS sense4シリーズのスペック一覧

AQUOS sense4シリーズには、下記の4モデルが存在します。

  • AQUOS sense4
  • AQUOS sense4 lite
  • AQUOS sense4 basic
  • AQUOS sense4 Plus

それぞれのスペックは下記のとおりです。

AQUOS sense4 AQUOS sense4 lite AQUOS sense4 basic AQUOS sense4 Plus
カラーバリエーション ライトカッパー
ブラック
シルバー
※ドコモ版はオリジナルカラーあり
ライトカッパー
ブラック
シルバー
ブラック
シルバー
ライトカッパー
パープル
ホワイト
ブラック
サイズ 高さ148mm
幅71mm
厚さ8.9mm
高さ148mm
幅71mm
厚さ8.9mm
高さ148mm
幅71mm
厚さ8.9mm
高さ166mm
幅78mm
厚さ8.8mm
重量 重量177g 重量176g 重量176g 重量197g
OS(発売時) Android10 Android10 Android10 Android10
ディスプレイ 5.8インチ(IGZO液晶)
フルHD+(1,080 × 2,280)
5.8インチ(IGZO液晶)
フルHD+(1,080 × 2,280)
5.8インチ(IGZO液晶)
フルHD+(1,080 × 2,280)
6.7インチ(液晶)
フルHD+ (1,080 × 2,400)
最大90Hzのリフレッシュレート
チップ Qualcomm Snapdragon 720G Qualcomm Snapdragon 720G Qualcomm Snapdragon 720G Qualcomm Snapdragon 720G
メモリ(RAM) 4GB 4GB 3GB 8GB
ストレージ(ROM) 64GB 64GB 64GB 128GB
外部ストレージ microSDXC(最大1TB) microSDXC(最大1TB) microSDXC(最大1TB) microSDXC(最大1TB)
アウトカメラ 広角:1200万画素/F2.0
標準:1,200万画素/F2.4
望遠:800万画素/F2.4
広角:なし
標準:1,200万画素/F2.4
望遠:800万画素/F2.4
広角:なし
標準:1,200万画素/F2.4
望遠:800万画素/F2.4
広角:500万画素/F2.2
標準:4,800万画素/F1.8
マクロ:190万画素/F2.4
深度:120万画素/F2.4
インカメラ 標準:800万画素/F2.0 標準:800万画素/F2.0 標準:800万画素/F2.0 標準:800万画素/F2.0
深度:190万画素/F2.5
イヤホンジャック あり あり あり あり
スピーカー モノラル モノラル モノラル ステレオ
バッテリー容量 4,570mAh 4,570mAh 4,570mAh 4,120mAh
ワイヤレス充電 非対応 非対応 非対応 非対応
急速充電 対応(USB PD 3.0) 対応(USB PD 3.0) 対応(USB PD 3.0) 対応(USB PD 3.0)
生体認証(指紋/顔) 指紋/顔認証 指紋/顔認証 顔認証 指紋/顔認証
防水・防塵 対応(IP68) 対応(IP68) 対応(IP68) 対応(IP68)
MIL規格 MIL-STD-810H準拠(19項目) MIL-STD-810H準拠(19項目) MIL-STD-810H準拠(19項目) なし
おサイフケータイ(FeliCa) 対応 対応 対応 対応
Wi-Fi Wi-Fi5 Wi-Fi5 Wi-Fi5 Wi-Fi5
5G 非対応 非対応 非対応 非対応
デュアルSIM 対応(nanoSIM×2)
※ドコモ版は非対応
対応(nanoSIM+eSIM) 非対応 対応(nanoSIM×2)

太字はAQUOS sense4との違い

AQUOS sense3シリーズから大幅にアップした性能と、充実した機能が魅力です。

AQUOS sense4シリーズ各機種の詳しいスペックは、下記の記事で解説しているので、併せてご覧になってみてください。

AQUOS sense4の特徴(スペック・サイズ・カメラ)価格まとめ!
AQUOS sense4は、2020年11月に発売されたSHARPの中価格帯(ミドルレンジ)スマートフォンです。 前モデルのAQUOS sense3から、処理性能が大幅にパワーアップしています。 この記事ではこれからAQUOS sens...
AQUOS sense4 basicの特徴・価格まとめ!
2020年11月にワイモバイルから発売された「AQUOS sense4 basic」。 同シリーズの「AQUOS sense4」と比べると性能的には控えめですが、充実した機能と安価で購入できることが強みです。 この記事では、これから...

AQUOS sense4シリーズの違い

AQUOS sense4シリーズ、それぞれの機種の違いは下記のとおりです。

AQUOS sense4 AQUOS sense4 lite AQUOS sense4 basic AQUOS sense4 Plus
カラーバリエーション ライトカッパー
ブラック
シルバー
※ドコモ版はオリジナルカラーあり
ライトカッパー
ブラック
シルバー
ブラック
シルバー
ライトカッパー
パープル
ホワイト
ブラック
サイズ 高さ148mm
幅71mm
厚さ8.9mm
高さ148mm
幅71mm
厚さ8.9mm
高さ148mm
幅71mm
厚さ8.9mm
高さ166mm
幅78mm
厚さ8.8mm
重量 重量177g 重量176g 重量176g 重量197g
ディスプレイ 5.8インチ(IGZO液晶)
フルHD+(1,080 × 2,280)
5.8インチ(IGZO液晶)
フルHD+(1,080 × 2,280)
5.8インチ(IGZO液晶)
フルHD+(1,080 × 2,280)
6.7インチ(液晶)
フルHD+ (1,080 × 2,400)
最大90Hzのリフレッシュレート
メモリ(RAM) 4GB 4GB 3GB 8GB
ストレージ(ROM) 64GB 64GB 64GB 128GB
アウトカメラ 広角:1200万画素/F2.0
標準:1,200万画素/F2.4
望遠:800万画素/F2.4
広角:なし
標準:1,200万画素/F2.4
望遠:800万画素/F2.4
広角:なし
標準:1,200万画素/F2.4
望遠:800万画素/F2.4
広角:500万画素/F2.2
標準:4,800万画素/F1.8
マクロ:190万画素/F2.4
深度:120万画素/F2.4
インカメラ 標準:800万画素/F2.0 標準:800万画素/F2.0 標準:800万画素/F2.0 標準:800万画素/F2.0
深度:190万画素/F2.5
スピーカー モノラル モノラル モノラル ステレオ
バッテリー容量 4,570mAh 4,570mAh 4,570mAh 4,120mAh
MIL規格 MIL-STD-810H準拠(19項目) MIL-STD-810H準拠(19項目) MIL-STD-810H準拠(19項目) 非対応
生体認証(指紋/顔) 指紋/顔認証 指紋/顔認証 顔認証 指紋/顔認証
デュアルSIM 対応(nanoSIM×2)
※ドコモ版は非対応
対応(nanoSIM+eSIM) 非対応 対応(nanoSIM×2)

ここからは、それぞれの機種の違いを下記のポイントに分けて詳しく解説していきます!

  • デザイン
  • ディスプレイ
  • 処理性能
  • ストレージ
  • スピーカー
  • バッテリー
  • 生体認証
  • SIM

デザイン

無印 lite basic Plus
カラーバリエーション ライトカッパー
ブラック
シルバー
※ドコモ版はオリジナルカラーあり
ライトカッパー
ブラック
シルバー
ブラック
シルバー
ライトカッパー
パープル
ホワイト
ブラック
サイズ 高さ148mm
幅71mm
厚さ8.9mm
高さ148mm
幅71mm
厚さ8.9mm
高さ148mm
幅71mm
厚さ8.9mm
高さ166mm
幅78mm
厚さ8.8mm
重量 重量177g 重量176g 重量176g 重量197g

AQUOS sense4 Plusは画面サイズが大きいこともあり、他の3モデルと比べると大きく重ためです。

AQUOS sense4 Plusは、カラーバリエーションもほかの3モデルとは異なります。

ディスプレイ

無印 lite basic Plus
ディスプレイ 5.8インチ(IGZO液晶)
フルHD+(1,080 × 2,280)
5.8インチ(IGZO液晶)
フルHD+(1,080 × 2,280)
5.8インチ(IGZO液晶)
フルHD+(1,080 × 2,280)
6.7インチ(液晶)
フルHD+ (1,080 × 2,400)
最大90Hzのリフレッシュレート

AQUOS sense4 Plusはほかの3モデルと比べると画面が1インチほど大きいです。
最大90Hzのリフレッシュレートに対応しているので、スクロールやアニメーションがより滑らかに感じられるでしょう。

リフレッシュレートとは、「1秒間に画面が何回更新されるか」を示す値です。

AQUOS sense4 Plusのみ「IGZO液晶」ではなく通常の液晶なので、省電力性能では他の3モデルのほうが有利といえます。

処理性能

無印 lite basic Plus
メモリ(RAM) 4GB 4GB 3GB 8GB

AQUOS sense4シリーズのチップは「Qualcomm Snapdragon 720G」で共通です。
基本的な処理速度に差はありませんが、モデルによってメモリ(RAM)容量が異なるため、

  • 最新の3Dゲームを遊ぶ
  • 複数のアプリを切り替える

といった使い方をすると、違いが感じられるかもしれません。

AQUOS sense4 basicの「3GB」は、最近のスマートフォンとしては少なめなので、「スマートフォンを頻繁に使う」という方は、4GB以上のモデルを選んだほうが安心です。

ストレージ

無印 lite basic Plus
ストレージ(ROM) 64GB 64GB 64GB 128GB

ストレージ容量も、AQUOS sense4 Plusのみ強化されています。

どのモデルでもmicroSDカードに対応しているので、必要に応じて利用するといいでしょう。

カメラ

無印 lite basic Plus
アウトカメラ 広角:1200万画素/F2.0
標準:1,200万画素/F2.4
望遠:800万画素/F2.4
広角:なし
標準:1,200万画素/F2.4
望遠:800万画素/F2.4
広角:なし
標準:1,200万画素/F2.4
望遠:800万画素/F2.4
広角:500万画素/F2.2
標準:4,800万画素/F1.8
マクロ:190万画素/F2.4
深度:120万画素/F2.4
インカメラ 標準:800万画素/F2.0 標準:800万画素/F2.0 標準:800万画素/F2.0 標準:800万画素/F2.0
深度:190万画素/F2.5

カメラはAQUOS sense4 Plusとそれ以外の機種で大きく異なります。

AQUOS sense4 Plusはアウトカメラ・インカメラ両方で「深度センサー」が利用できるので、より精度の高い背景ぼかしが可能です。

スピーカー

無印 lite basic Plus
スピーカー モノラル モノラル モノラル ステレオ

スピーカーはAQUOS sense4 Plusのみステレオに対応しています。

イヤホンを付けずに動画やゲームを楽しみたい方にはありがたい機能ですね。

バッテリー

無印 lite basic Plus
バッテリー容量 4,570mAh 4,570mAh 4,570mAh 4,120mAh

バッテリーに関しても、AQUOS sense4 Plusとそれ以外の3モデルで大きく違います。

全体的なスペックでは、ほかの3モデルよりも有利なAQUOS sense4 Plusですが、バッテリー持ちに関してはほかの3モデルのほうが明らかに有利です。

  • バッテリー容量が大きい
  • 画面サイズが小さい(=消費電力が小さい)
  • 省電力性能に優れたIGZO液晶を搭載している
「AQUOS sense4 Plusのバッテリーが持たない」というよりは、「他の3モデルがとくに長持ちする」といったほうがいいでしょう。

生体認証

無印 lite basic Plus
生体認証(指紋/顔) 指紋/顔認証 指紋/顔認証 顔認証 指紋/顔認証

AQUOS sense4 basicのみ、指紋認証に非対応です。

指紋認証センサーの位置は下記のとおり。

  • AQUOS sense4とAQUOS sense4 lite:前面
  • AQUOS sense4 Plus:背面

デュアルSIM

無印 lite basic Plus
デュアルSIM 対応(nanoSIM×2)
※ドコモ版は非対応
対応(nanoSIM+eSIM) 非対応 対応(nanoSIM×2)

デュアルSIMの対応状況はモデルごとに異なります。

  • AQUOS sense4のドコモ版とAQUOS sense4 basicは、デュアルSIMに非対応
  • AQUOS sense4 liteのみeSIMに対応

AQUOS sense4シリーズの価格

2021年12月現在、AQUOS sense4シリーズの販売状況は下記のとおりです。

AQUOS sense4 AQUOS sense4 lite AQUOS sense4 basic AQUOS sense4 Plus
新品 ドコモ:販売終了
SIMフリー:2万円台後半~
楽天モバイル:25,001円 ワイモバイル:21,960円 楽天モバイル43,800円
SIMフリー:3万円台後半~
中古販売サイト(平均) 23,960 円(目立った傷や汚れなし) 21,200円(目立った傷や汚れなし) 13,105 円(目立った傷や汚れなし) 31,348円(目立った傷や汚れなし)
※中古販売サイト相場価格は記事作成時の2021年12月時点の価格を記載しています。こちらは楽天市場やYahoo!ショッピングなどで販売されている端末の取引価格を「にこスマ」が独自に収集し、おおよその平均価格を掲載しています。詳細はにこスマ通信・価格検索ページをご覧ください。

AQUOS sense4シリーズの違いまとめ

AQUOS sense4シリーズには、下記の4モデルが存在します。

  • AQUOS sense4
  • AQUOS sense4 lite
  • AQUOS sense4 basic
  • AQUOS sense4 Plus

それぞれの特徴は下記のとおりです。

AQUOS sense4

AQUOS sense4のベースモデル。

充実した機能や長持ちするバッテリーが魅力です。

AQUOS sense4の詳しいスペックは、下記の記事からご覧いただけます。

AQUOS sense4の特徴(スペック・サイズ・カメラ)価格まとめ!
AQUOS sense4は、2020年11月に発売されたSHARPの中価格帯(ミドルレンジ)スマートフォンです。 前モデルのAQUOS sense3から、処理性能が大幅にパワーアップしています。 この記事ではこれからAQUOS sens...

AQUOS sense4 lite

基本的な仕様はAQUOS sense4と同等ですが、アウトカメラの広角カメラが省かれています。

AQUOS sense4 basic

多くの仕様はAQUOS sense4と共通ですが、下記の違いがあります。

  • 広角カメラなし
  • メモリ(RAM)容量が3GB(無印は4GB)
  • 指紋認証には非対応やデュアルSIMに非対応

AQUOS sense4 basicの詳しいスペックは、下記の記事からご覧いただけます。

AQUOS sense4 basicの特徴・価格まとめ!
2020年11月にワイモバイルから発売された「AQUOS sense4 basic」。 同シリーズの「AQUOS sense4」と比べると性能的には控えめですが、充実した機能と安価で購入できることが強みです。 この記事では、これから...

AQUOS sense4 Plus

AQUOS sense4 Plusの仕様は、AQUOS sense4と大きく異なります。

  • ディスプレイのスペックが高め(サイズ、リフレッシュレート)
  • メモリ(RAM)容量が8GB(無印は4GB)
  • ストレージ(ROM)容量が128GB(無印は64GB)
  • カメラの数が多い(深度センサーを搭載している)
  • スピーカーはステレオ

基本的にはAQUOS sense4の上位モデルという位置づけですが、スペックダウンしているところもあります。

  • ディスプレイが普通の液晶(無印はIGZO液晶)
  • MIL基準(耐衝撃性能)には非対応
とくにバッテリー持ちに関しては、AQUOS sense4以外の3モデルが有利です。

中古スマホを購入するなら「にこスマ」!

にこスマでは、Google PixelシリーズやiPhoneシリーズなど、中古スマートフォンを取り扱っています。

すべての商品を丁寧に検品・クリーニングし、商品ページでは商品の詳しい状態をご覧いただけます
また、もし到着した端末に問題がございましたら、30日以内であれば無料で返品が可能です。

ぜひ、この機会ににこスマでスマホをチェックしてみてください。

中古スマホ販売専門店 にこスマ