にこスマ通信

iPhone・Android・スマホの役立つ情報をお届け!

Pixel 3 XLの口コミ・評判まとめ!良い点や悪い点も全て紹介

Googleが2018年に発売したPixel 3 XLは、ドコモでも販売されていたことから多くの人に愛用されてきたスマートフォンです。

中でもカメラの性能が高く、中古市場でもいまだに大人気の機種となっています。

そこで今回は、Pixel 3 XLの口コミ・評判をまとめ、良い点や悪い点も全てご紹介します。

Pixel 3 XLの性能比較

口コミ・評判では他の機種と比較してコメントされることが多いので、まずはよく性能比較されるPixel 3 XL、Pixel 3、iPhone XS、HUAWEI P20 Proの性能をそれぞれ見てみましょう。

Pixel 3 XL Pixel 3 iPhone XS HUAWEI P20 Pro
サイズ感(高さ×幅×厚さ) 158.0mm × 76.7mm × 7.9mm 145.6mm × 68.2mm × 7.9mm 143.6mm × 70.9mm× 7.7mm 155mm × 74mm × 7.9mm
画面サイズ 6.3インチ 5.5インチ 5.8インチ 6.1インチ
重量 約184g 約148g 約177g 約180g
初期搭載OS Android9.0 Android9.0 iOS12 Android8.1
CPU Snapdragon
845
Snapdragon
845
A12 Bionic Kirin 970
メモリ(RAM) 4GB 4GB 4GB 6GB
ストレージ容量 64GB / 128GB 64GB / 128GB 64GB / 256GB / 512GB 128GB
バッテリー容量 3,430mAh 2,915mAh 2,658mAh 3,900mAh
カメラ性能(アウトカメラ) レンズ・画素数 広角:画角28mm F値1.8 約1,220万画素 広角:画角28mm F値1.8 約1,220万画素 広角:画角26mm F値1.8 約1,200万画素
望遠:画角52mm F値2.4 約1,200万画素
広角(カラー):画角27mm F値1.8 約4,000万画素
広角(モノクロ):画角27mm F値1.6 約2,000万画素
望遠:画角81mm F値2.4 約800万画素
その他の特徴 OIS(光学手ぶれ補正)
デュアルトーンLEDフラッシュ
デュアルピクセルPDAF
夜景モード
TopShot機能(AIカメラ)
OIS(光学手ぶれ補正)
デュアルトーンLEDフラッシュ
デュアルピクセルPDAF
デュアル光学式手ブレ補正
写真とLive Photosの広色域キャプチャ
ポートレートライティング
光学手振れ補正
マスターAI
夜景モード
カメラ性能(インカメラ) 広角:画角20mm F値2.2 約800万画素
標準:画角28mm F値1.8 約800万画素
広角:画角20mm F値2.2 約800万画素
標準:画角28mm F値1.8 約800万画素
広角:画角32mm F値2.2 約700万画素 広角:画角26mm F値2.0 約2,400万画素

同じ時期に発売されたスマートフォンとのスペック比較をしてみましたが、他の機種に比べて特別秀でている部分はありませんでした。

しかし、カメラに搭載されている「TopShot機能」というAI処理のおかげで見た目以上の高画質を実現してくれる点が人気となっています。

Pixel 3 XL口コミ・評判をご紹介

実際にPixel 3 XLを購入して使っている人はどう感じているのでしょうか。使ってみて初めてわかることもたくさんあると思います。

ここでは、Pixel 3 XLを実際に使っている人たちの口コミ情報を「外見とサイズ感」「カメラ性能」「処理性能」「バッテリー」「その他」の5つの部門に分けてご紹介します。

Pixel 3 XLの外見とサイズ感

Pixel 3 XLはPixelシリーズの中でも大型の機種であり、価格的にもハイエンドモデルとなるので、その持ちやすさや見た目のデザインに対してどのような印象を持たれているのかが気になりますよね。

Goodな意見とBadな意見両方の側面から見てみましょう。

・ノッチはディスられまくっているけどそんなに気にならない。
・ノッチが気になる場合はオプションで消せる。
・両手操作前提なら何の問題もないし、画面も見やすくて良い
・ガラス製で高級感を出しているが、ベゼルが大きくて洗練されているとはいえない。
・高級端末なのにデザインがカジュアル。
・寝る時に見たりすると、かなり疲れる。

全面ディスプレイというデザインになったことで、インカメラが埋め込まれている部分にノッチが生まれました。

このデザインはiPhone X発売の時にも賛否両論ありましたが、Pixel 3 XLではどちらの意見にも合わせられるようにノッチを設定によって隠すことができるようになっているので好みに合わせられそうですね。

大きさについては他の大型機種と同様、片手操作や寝ながらの操作には向いていないようなので、現在小さい端末を使っている方は使用感が変わってくるかもしれません。

デザイン面については少しカジュアルな印象もあるため、値段相応に見えないという意見もあります。

Pixel 3 XLのカメラ性能

Pixel 3 XLの目玉とも言えるのがカメラ性能です。

AIの力で写真が綺麗に撮れることで人気となっていますが、実際に使った感想はどうなっているのでしょうか。

ここでも賛否の声が上がってきているので見ていきましょう。

・夜景の写真が奇麗でびっくりした。夜の銀座歩くの楽しかった。
・Pixel3の画像処理が凄すぎる!
・カメラが良い。ポートレートや夜間も撮りやすい。
・動きが早くてもぶれないし、暗所の撮影もいい、ズームしても綺麗に撮れる。
・インカメラの広角撮り機能は地味にスゴい。
・iPhoneXSは4K60fpsなのに比べて、Pixel3では4K30fpsなのがガッカリ。

カメラの口コミについてはほとんどがGoodな意見でした。特に本体スマートフォンが苦手とする夜景の撮影にとても強く夜の散歩が楽しくなるほどとのことです。

動きが早くてもブレないほどの処理速度で撮影できるので、ストレスのない撮影体験が実現します。

それに加えてインカメラでも焦点距離約20mmの広角撮影ができるので、一人だけでなく友達との旅行や遊びなどで一緒に撮影するのにも活躍しそうです。

Badな意見として上がっていたのは、4K動画撮影のフレームレートの部分でした。動画撮影メインで考えている方は別の端末にしたほうが良さそうです。

Pixel 3 XLの処理性能

スマートフォンはカメラだけでなくウェブサイト閲覧やゲームなどのアプリを使用することが多いので、当然処理性能についても気になりますよね。

実際に使っている人の意見を参考にすることで、スペック表だけではわからない使用感を見ていきましょう。

・世代は、やや前ですが、スナドラの当時は最高スペックSocを使用しているので、イライラすることはあまりないです。メモリも4GBですが、意外と動きます。iPhoneのメモリが少ないのと似ているのかな。ソフトで補正されているかもしれません。
・スペックが実質的に当時では最高レベルにもかかわらず発熱が思ったより少ない。
・体感できるわけではないが、価格的にRAMが4GBというスペックでは物足りない。

Goodな意見とBadな意見を総合的にまとめると、複数アプリを立ち上げて同時に使用するなど余程高度な使い方をしない限り、普段使いでストレスを感じることはないようです。

しかし、価格とRAMのスペックが釣り合わないという意見もありますが、それは新品で購入する場合の話です

現在では中古市場で比較的安価に購入できるため、価格についても気にならないでしょう。

Pixel 3 XLのバッテリー

スマートフォンのバッテリー持ちは、バッテリー容量の大きさだけでなくどれだけ消費電力を抑えられるかという点にかかっています。

ここでは、バッテリー持ちの体感と充電スピードについて意見を聞いてみましょう。

・やっぱり非接触の充電は便利ですね。急ぎのときは有線で急速充電もできるのは〇
自分の所持しているaxon7と比較しても明らかに減りが早い、bluetoothでスピーカー経由で音楽再生して30分ほどたったら数%減っている。axon7は100%のまま。4でも改善していないとか、残念すぎる。

充電については有線接続すると急速充電できるので、いざバッテリーがなくなりそうになった時でも安心です。

しかし、電池の減り自体は早いようなので、カメラやゲームなどを多用する場合はモバイルバッテリーを持ち歩いておいたほうが安心でしょう。

その他の特徴

その他にも様々な特徴があるので、いろんな意見を参考にしましょう。

・発売から3年間もOSアップデート保証してくれるのはありがたい。
・防水防塵だから普段使いも安心。
・背面に設けられた指紋認証が使いにくい。
・ストレージが少なくて不安。

OSアップデートのサポートや防水防塵など、購入後長く使っていくための安心要素が揃っています。

ただし、ストレージ容量が少し少ないので、たくさんデータを入れる予定のある方はGoogle Diveなどのオンラインストレージを活用するのがよいでしょう。

Pixel 3 XLが優れている点まとめ

ここまでご紹介した口コミからPixel 3 XLの優れている点をまとめましょう。

  • AIのサポートによって綺麗な風景や夜景、ポートレート撮影などが簡単にできる
  • 普段使いには十分な処理性能を持っている
  • 急速充電に対応しているので、外出時にもモバイルバッテリーがあれば安心

特に大きな特徴はやはりカメラ性能です。

AIのサポートによって優れた画像処理ができるので、ハイクオリティな夜景やポートレートなどが手軽に撮影できる点が評価されています

また、早い動きにも対応できるフォーカス機能や超広角で撮影できるインカメラなど、痒い所に手が届く点にも注目が集まっています。

「中古で安く買えるハイスペックカメラスマートフォン」を求めるなら良い選択肢となるでしょう。

Pixel 3 XLのイマイチな点まとめ

Pixel 3 XLのイマイチな点もまとめて見ていきましょう。

  • 複数のアプリを同時に使いこなすようなハードな使い方では処理が追いつかない可能性がある
  • 4K動画を撮影する場合はiPhoneに軍配が上がる
  • 電力消費が多くバッテリーの減り方が早い

複数のアプリを同時に使いこなしたり、重い処理が必要なゲームをする場合は最新機種を購入したほうが良いですし、4K動画のフレームレートについてもハイクオリティな動画撮影を求めていなければ必要ありません。

バッテリー消費は気になってしまう方も多いと思いますが、モバイルバッテリーを使った急速充電でカバーできるようになります。

いずれも使用用途によっては気にならない部分だと考えることもできますよね。

安価でハイスペックなスマホカメラが欲しいならPixel 3 XL

同時期に発売されたライバルとなるスマートフォンに比べてレンズは一つだけ搭載という構成ではありますが、その分AIを使った画像処理で夜景もポートレートも美しく撮ることができるPixel 3 XL。

発売当時は10万円近くしていたためカメラ性能を除いてはコストパフォーマンスの悪い機種だという印象もあったでしょう。

しかし、発売から数年が経ち中古市場で安価で取引されるようになった今、高性能なカメラを備えながら必要最低限の処理性能を持ったスマートフォンとして多くの方に選ばれています。

実際に使用している人の口コミから良い意見と悪い意見を見て、自分の求める性能にマッチしているかどうかを考える参考にしてみてください。