にこスマ通信

iPhone・Android・スマホの役立つ情報をお届け!

Pixel 3aのスペック・サイズ・値段まとめ!

Pixel 3a 表面

Google Pixel 3aは2019年5月に発売されたミドルクラスのスマートフォンです。

Googleの最新技術を詰め込んだ性能と求めやすい価格帯で展開され、コストパフォーマンスの高い機種として人気となっています。

2018年11月に発売となったハイエンドスマートフォン「Pixel 3」の廉価版として開発された機種ですが、廉価版というには高い性能を持っているため、気になっている方も多いでしょう。

今回は、Pixel 3aのスペックとサイズ、価格についてまとめてご紹介します。

Pixel 3aのスペック一覧

Pixel 3aのスペックを一覧でご紹介し、主に注目すべきポイントについてそれぞれ解説します。

名称 Google Pixel 3a
発売時期 2019年5月
カラーバリエーション ジャストブラック
クリアリィーホワイト
パープルイッシュ
サイズ(高さ×幅×厚さ) 151.3 mm × 70.1 mm × 8.2 mm
ディスプレイ 5.6インチ
有機ELディスプレイ
ディスプレイ解像度 2,220px × 1,080px(フルHD+)
アスペクト比18.5:9
重量 147 g
素材 プラスチック(ポリカーボネート)
OS Android 9
CPU Qualcomm® SnapdragonTM 670 2.0 GHz + 1.7 GHz
64 ビット オクタコア
メモリ(RAM) 4GB LPDDR4x RAM
ストレージ容量(ROM) 64GB
外部記録媒体対応 ×
バッテリー容量 3,000mAh
充電速度 18W急速充電対応
充電端子 3.1 USB Type-C
防水 ×(IP52=防塵/防滴)
アウトカメラ シングルカメラ
1,220万画素 画素サイズ 1.4 μm
絞り値:F/1.8
焦点距離:28mm(広角)
オートフォーカス、デュアル ピクセル位相差検出
光学式および電子式手ぶれ補正機能
インカメラ シングルカメラ
800万画素 画素サイズ1.12 μm
絞り値:F/2.0
焦点距離:24mm(広角)
固定フォーカス
イヤホンジャック

ボディは頑丈で美しいポリカーボネート製

Pixel 3aの筐体は頑丈で美しいポリカーボネート製です。ただのプラスチック製とは異なり、色乗りがよく鮮やかで、非常に質感が高いボディとなっています。

見た目の艶もよく、前作のハイエンドモデル「Pixel 3」のガラスでできた本体と並べて比べても違いがほとんどわかりません。

また細かな違いですが、Pixel 3は背面がガラスで作られているため、サイドフレームとの間の接号部分には小さな隙間がありますが、ポリカーボネートで作られたPixel 3aはサイドフレームまで繋がっているユニボディなので、隙間がありません

ここには細かな砂埃が入り込む余地がないため、堅牢製の向上にも役立っています。

AI搭載で美しい写真が撮れるシングルカメラ

最近ではデュアルカメラやトリプルカメラが主流となってきましたが、Pixel 3aではシングルカメラを採用しています。

他の機種が複数のレンズを使って撮影するのに対し、Pixel 3aはAIを活用してレンズに映る映像を認識することで、一眼レフのような美しい背景ボケを実現してくれるのが特徴です。

特に優れた点として挙げられるのは「ポートレートモード」と「夜景モード」の2つ。

ポートレートモードでは優れた被写体認識力で、自然で滑らかな美しいボケ味を実現します。スマートフォンでよく起こる、ドリンクのストローがボケてしまう現象も正確なフォーカスでしっかり認識して撮影することができます。

夜景モードでは、複数の写真を瞬間的に撮影して合成することで、普通の撮影では写真がザラついてしまうようなシーンであっても美しくブレのない写真を撮影することができます。

そして、このカメラ性能はハイエンドモデルである「Pixel 3」とほぼ遜色ない性能を持っているのです。

Pixel 3aがコストパフォーマンスの高い機種だと評価される理由はここにあります。

ミドルレンジとしては十分すぎる処理能力

Pixel 3aはSnapdragon 670というCPUを搭載しています。

Snapdragon 845を搭載しているPixel 3の方が処理性能が上なのは当然ですが、電話やメール、ネット検索やゲームなどを普通に楽しむ分には問題ない性能です。

CPUの処理能力を計測しているサイトは多数ありますが、どの情報を見ても日常的な使い方をする分には十分すぎる処理性能だと評価されています。

オクタコア=スマートフォンの中に脳が8個入っていると例えられることからも十分な処理ができることがわかるでしょう。

3.1USB Type-Cに対応!大容量バッテリーと急速充電で電池持ちの不安ナシ

Pixel 3aは充電端子に3.1USB Type-Cを採用しています。Type-CではUSB特有のイライラポイントだった上下を合わせないといけない問題も解決し、どちらの向きで接続しても大丈夫となりました。

Type-Cになったことで充電スピードも向上し、急速充電にも対応バッテリーがゼロの状態から満充電まで約1時間半ほどで充電が可能です。

約3,000mAhというスマートフォンの中でも大型のバッテリーを搭載しているため電池持ちもよく、万が一使いすぎてバッテリーが切れそうになっても急速充電で回復できるので安心ですね。

また、Type-Cはデータの転送速度も早くなるため、パソコンなどと有線接続してデータを転送する際にも役立ちます。

防水はナシ!防滴程度の性能

Pixel 3aには防水性能と呼べるものがありません。そのため、お風呂場での使用や雨の中でも操作はできるだけ控えた方が良いでしょう。

防塵/防滴程度の性能しかないため、手汗程度のものであれば問題はないですが、水没には耐えられないので注意が必要です。

最近のスマートフォンは標準で防水が備わっている機種が多いので、気づかず水に浸けてしまうということがないようにしてください。

ストレージ容量は少ないため、クラウド保存推奨

Pixel 3aはミドルクラスのスマートフォンということもあり、本体に保存できるデータの容量は64GBまでとなっています。

このストレージ容量は自分自身で追加で入れたアプリや写真、動画データだけでなく、OSやその他システムなどの標準で入っているデータも含めて使いますので実際に保存できるデータ量は64GBよりもずっと少なくなります

そのため、データを保存する際は可能な限りGoogle Driveなどのオンラインストレージを活用してクラウド保存しておくことをおすすめします。

クラウドに保存しておけば、今後機種変更をする際も端末から端末へのデータ移行をする必要がなくなり、同じアカウントでログインするだけで引き継ぎが可能となります。

アプリのデータはどうしてもスマートフォン内に保存するしかないので、写真や動画などのクラウド保存できるものは全てクラウド優先としたほうが良いでしょう。

他機種とのサイズ比較

Pixel 3a 表面

Pixel 3aと同時期に発売された機種も含めて、スマートフォンは大型化が進んでいます。

毎日頻繁に使うものだからこそ、持ちやすさやポケットに入るかどうかなど、本体のサイズ感は重要ですよね。

ここからは、同時期に発売された機種とPixel 3aのサイズ感について比較していきましょう。

Pixel 3a Pixel 3a XL Pixel 3 iPhone 11
高さ 151.3 mm 160.1 mm 145.6 mm 150.9 mm
70.1 mm 76.1 mm 68.2 mm 75.7 mm
厚さ 8.2 mm 8.2 mm 7.9 mm 8.3 mm
重量 147 g 167 g 148 g 194 g
ディスプレイ 5.6インチ 6.0インチ 5.5インチ 6.1インチ

本体の大きさを大きい順に並べると以下のようになります。

Pixel 3a XL > iPhone 11 > Pixel 3a > Pixel 3

iPhone 11と比較すると高さはほぼ同じですが、Pixel 3aの方が横幅が少しスリムになっています。

横幅がスリムになると胸ポケットにみ入りやすく、手にも馴染みやすいので持ちやすくなるでしょう。

人によってはギリギリ片手操作ができるサイズ感

5.6インチという大画面のボディですが、全面が画面となるフルスクリーン仕様のため比較的大型化は抑えられています。

それでも人によってはギリギリ片手操作ができるサイズ感となっています。

ネット検索などでブラウザをスクロールして見る分には片手操作でも十分ですが、検索をする際には画面上部の検索エリアをタップする必要があります。そう言った場合には両手操作に切り替える必要があるかもしれません。

基本的には両手で操作することを考えた方が良いでしょう。

Pixel 3との違いは?

Pixel 3の廉価版として開発されたPixel 3a。廉価版というには高性能な機種ですが、実際にPixel 3とはどのような違いがあるのでしょうか。

ここでは、ハイエンドモデルであるPixel 3とその廉価版であるPixel 3aの違いについて解説します。

搭載しているCPUの違い

Pixel 3a Pixel 3
CPU Snapdragon 670 Snapdragon 845

Pixel 3aとPixel 3での大きな違いは搭載しているCPUです。

CPUの性能は、Snapdragon ○○の数字部分が大きくなるにつれて処理性能が上がっていく仕様となっています。

Pixel 3の方がPixel 3aに比べて処理性能が20%高くなっており、Pixel 3の方がよりハイクオリティがグラフィックのゲームなどを快適に楽しむのに向いています。

Pixel 3aは一般的なネット検索や動画再生などの使い方を見据えた、ミドルクラス向けのスマートフォンです。

選べるストレージ容量の違い

Pixel 3a Pixel 3
ストレージ容量 64GB 64GB / 128GB

Pixel 3aとPixel 3では選べるストレージ容量も異なります。

Pixel 3では写真や動画など、たくさんのデータを保存することを考慮して128GBのモデルが用意されていますが、Pixel 3aではそこまでの使用用途を意識した設計ではないため、64GBのみとなります。

そのため、Pixel 3aではスマートフォンの中に入れるアプリを精査して無駄なデータを溜めないようにするなどの工夫が必要です。

インカメラの違い

Pixel 3a Pixel 3
インカメラ シングルカメラ
800万画素 画素サイズ1.12 μm
絞り値:F/2.0
焦点距離:24mm(広角)
固定フォーカス
デュアルカメラ
800万画素 広角望遠カメラ
位相差オートフォーカス
<広角>
絞り値:F/2.2
焦点距離:20mm
<標準>
絞り値:F/1.8
焦点距離:28mm

Pixel 3aとPixel 3ではインカメラにも違いがあります。

Pixel 3ではインカメラにデュアルカメラを搭載しており、通常の自撮りモードよりもより広範囲で撮影することができる広角レンズを搭載しています。

それに対してPixel 3aではPixel 3の広角レンズと標準レンズの丁度中間に位置する焦点距離24mmの広角レンズ1つのみを搭載。レンズをひとつ減らしただけでなく、便利に使えるように適切な焦点距離へと再設計されました。

そのため、不便に感じることはないでしょう。

Pixel 3aの価格

Pixel 3aは2019年5月に発売された機種なので、現在では中古市場でも取り扱われています。

発売当時からコストパフォーマンスが高いと言われ、本体価格も非常に安価で求めやすかった機種ですが、中古市場の相場はどうなっているのでしょうか。

ここでは、2019年5月に発売された当初の価格と、現在中古市場で取引されている価格の相場を見比べてみましょう。

状態 価格
新品(発売当時) 48,600円
新品、未使用 21,489円
未使用に近い 20,800円
目立った傷や汚れなし 14,226円
やや傷や汚れあり 12,675円
傷や汚れあり 7,500円
全体的に状態が悪い 6,478円

新品として発売されていた当時でも50,000万円を切る価格で打ち出されていたPixel 3a。中古市場で取引されている価格はそこからさらに30,000円近く安くなっています。

搭載しているCPUも現在のアプリ環境にしっかり対応しており、なおかつ高性能なカメラ機能を持つ機種でありながら状態の良い中古端末でも20,000円前後で購入できるので、初めてスマートフォンを使う方やサブ機として持っておきたい方にもおすすめの一台となっています。

スペックは高く、価格は低く、コスパ最強のスマートフォン

Pixel 3aは廉価版と呼ぶにはスペックが高く、発売当初からその安さでコストパフォーマンス最強と言われてきました。

発売から数年が経った今、中古市場で取引される価格も更に安くなっており、買い求めやすい機種となっています。

初めてスマートフォンを買う方、とにかく性能の良いカメラが安価で欲しい方、2台目の予備機として買っておきたい方などにおすすめです。

にこスマの主な取り扱い機種一覧

iPhone 7
iPhone 8
iPhone X
iPhone XR
iPhone XS
iPhone XS Max
iPhone 11
iPhone 11 Pro
iPhone SE (第2世代)

Pixel3
Pixel3a
Pixel3 XL