にこスマ通信

iPhone・Android・スマホの役立つ情報をお届け!

【2022年】デュアルSIM対応のおすすめ機種3選!活用方法も【2枚持ち】

この記事では、「デュアルSIM(SIMカードの2枚持ち)」を検討されている方に向けて、

  • デュアルSIMの種類
  • デュアルSIMを活用する方法
  • デュアルSIM対応のおすすめ機種

など、デュアルSIMに関わる知識をまとめて解説していきます!

にこスマ|商品一覧はこちら

デュアルSIMとは

「デュアルSIM」とは、1台のスマホで2枚のSIMカードを利用することです。

デュアルSIMを利用するには、対応する端末が必要です。

デュアルSIMのメリット・デメリットを見てみましょう。

デュアルSIMのメリット

デュアルSIMのメリットは、目的に応じてSIMカードを使い分けられることです。

  • 2の電話番号を持てる
  • 月々の料金がお得になる

それぞれ詳しく見てみましょう。

2つの電話番号を持てる

音声通話対応のSIMカードを2枚挿せば、1台のスマートフォンで2つの電話番号を持つことができます。

たとえば、「プライベート用」と「仕事用」のように使い分けることが可能です。

月々の料金がお得になる

2枚のSIMカードを組み合わせることで、月々の料金がお得になる場合があります。

たとえば、「楽天モバイル」を単体で利用する場合と、「日本通信」と組み合わせる場合を見てみましょう。

データ通信量 楽天モバイル
「Rakuten UN-LIMIT VI」
日本通信
「合理的シンプル290プラン」
〜1GB 0円 290円
〜2GB 1,078円 510円
〜3GB 1,078円 730円
〜4GB 2,178円 950円
〜5GB 2,178円 1,170円

楽天モバイルは、データ通信量が1GB以下なら月額料金は0円ですが、1GB越えた途端に1,078円になります。
一方日本通信の「合理的シンプル290プラン」なら、4GB使っても1,000円未満です。

Rakuten UN-LIMIT VI Rakuten UN-LIMIT VI

合理的シンプル290プラン
月額料金(4GB利用した場合) 2,178円 950円
国内通話料金 「Rakuten Link」利用で0円 「Rakuten Link」利用で0円
利用可能な回線 楽天モバイル 楽天モバイル+ドコモ

楽天モバイルを通話専用にして、別途格安SIMを契約することで、

  • (1GB以上利用する場合)楽天モバイル単体で運用するより料金が安くなる
  • 楽天モバイルのつながりづらさをカバーできる

というメリットがあるわけです。

デュアルSIMのデメリット

デュアルSIMに大きなデメリットはありませんが、機種や条件によっては、2枚のSIMカードを同時に利用できない場合があります。

デュアルSIMは、下記の4つに分けられます。

タイプ 意味 自動切り替え 通話中の同時利用 通信
DSSS デュアルSIM・シングルスタンバイ × × 4G
DSDS デュアルSIM・デュアルスタンバイ × 4G+3G
DSDV デュアルSIM・デュアルVoLTE × 4G+4G
DSDA デュアルSIM・デュアルアクティブ 4G+4G

デュアルSIMを利用したい場合は、DSDV対応機種を選ぶといいでしょう。

DSDAが最も便利ですが、日本国内に対応機種はほとんどありません。

また、デュアルSIM対応機種の中には、2枚目のSIMカードとmicroSDカードが排他利用(どちらか一方のみ利用可能)の場合があります。

デュアルSIM対応のおすすめ機種3選

ここからは、DSDV対応機種の中から、とくにコストパフォーマンスに優れた機種を3つ紹介します。

  • iPhone SE(第3世代)
  • OPPO Reno5 A
  • Mi 11 Lite 5G

iPhone SE(第3世代)

「iPhone SE(第3世代、以下SE3)」は、2022年3月に発売されたiPhone SEシリーズの最新モデルです。

価格を抑えつつ、iPhone 13シリーズと同じ最新チップ「A15 Bionic」を搭載していることが魅力の機種です。
発売日 2020年3月18日
カラーバリエーション
  • ミッドナイト
  • スターライト
  • (PRODUCT)RED
サイズ 138.4mm×67.3mm×7.3mm
重量 144g
ディスプレイ 4.7インチ 液晶
1,334 x 750ピクセル
アウトカメラ 1,200万画素(F1.8)
インカメラ 700万画素(F2.2)
チップ A15 Bionic
メモリ(RAM) 非公開(4GB)
ストレージ(ROM) 64GB、128GB、256GB
microSD 非対応
バッテリー容量 非公開(2,018mAh)
急速充電 対応(最大18W)
ワイヤレス充電 対応
スピーカー モノラル
イヤホンジャック なし
生体認証 指紋認証(ホームボタンに内蔵)
防水・防塵 対応(IP67)
おサイフケータイ(FeliCa) 対応
対応バンド 3G:850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz
3G(CDMA):非対応
4G(FDD):B1〜5、7、8、12〜14、17〜20、25、
26、28〜30、32、66、71
4G(TD):B34、38〜42、46、48
5G:n1〜n3、n5、n7、n8、n12、n20、n25、n28〜30、
n38、n40、n41、n48、n66、n71、n77〜n79
デュアルSIM 対応(nanoSIM + eSIM、またはeSIM+eSIM)

iPhoneシリーズは、2018に発売されたiPhone XR・XSシリーズ以降すべての機種でデュアルSIMに対応しています。

eSIM でデュアル SIM を活用する
eSIM はデジタル SIM です。物理的な nano-SIM を使わなくても、通信事業者 (キャリア) のモバイル通信プランをアクティベートすることができます。iPhone 13 Pro Max、iPhone 13 Pro、iPhone 13、iPhone 13 mini では、eSIM を 2 つ有効にするか、na...

iPhone SE3を含め、2021年のiPhone 13シリーズ以降すべての機種は、「デュアルeSIM」を搭載しています(同時に利用できるのは2枚まで)。
iPhone SE3で利用できるデュアルSIMの組み合わせは、次の2つです。

デュアルSIM  nanoSIM eSIM
1枚目 2枚目
パターン1 ×
パターン2 ×

2022年4月現在、iPhone SE3の価格は下記のとおりです。

64GB 128GB 256GB
新品 51,273円〜 59,606円〜 71,000円〜
中古スマホ販売店(平均) データなし
にこスマ 取り扱いなし

性能にあまりこだわりがない方であれば、前モデルの「iPhone SE(第2世代、以下SE2)」もおすすめです。

2022年現在でも、ゲームを含めてほとんどのシーンで快適に動作します。

iPhone SE2からSE3の主な変更点は、下記のとおりです。

  • 最新の「A15 Bionic」チップを搭載
  • バッテリー動作時間が向上
  • 5G通信に対応

詳しくは、下記の記事からご覧いただけます。

【速報】iPhone SE(第3世代)のスペックまとめ|第2世代との違いは? | にこスマ通信
日本時間の2022年3月9日、iPhone SEシリーズの最新モデル「iPhone SE(第3世代)」が発表されました。 iPhone SE3は、コンパクトでホームボタンを搭載したデザインはそのままに、基本性能が強化されています。 この記事

OPPO Reno5 A

「OPPO Reno5 A」は、2021年6月に発売されたミドルレンジ(中価格帯)スマートフォンです。

価格のわりに充実した性能(ディスプレイやカメラなど)が魅力の機種です。
発売日 2021年6月11日
カラーバリエーション
  • アイスブルー
  • シルバーブラック
サイズ 162.0mm×74.6mm×8.2mm
重量 182g
ディスプレイ 6.5インチ 液晶
2,400×1,080ピクセル
最大90Hzのリフレッシュレート
アウトカメラ 超広角:800万画素(F2.2)
広角:6,400万画素(F1.7)
モノクロ:200万画素(F2.4)
マクロ:200万画素(F2.4)
インカメラ 1,600万画素(F2.0)
チップ Snapdragon 765G
メモリ(RAM) 6GB
ストレージ(ROM) 128GB
microSD 対応(最大1TB)
バッテリー容量 4,000mAh
急速充電 対応(最大18W)
ワイヤレス充電 非対応
スピーカー モノラル
イヤホンジャック あり
生体認証 指紋認証(背面)/顔認証
防水・防塵 対応(IP68)
おサイフケータイ(FeliCa) 対応
対応バンド 3G:850、900、1800、1,900MHz
3G(CDMA):1、2、4〜6、8、19
4G(FDD):B1〜5、7、8、12、17〜19、26、28
4G(TD):B34、38〜42、46、48
5G:n3、n28、n77、n78
デュアルSIM SIMフリー版:対応(nanoSIM×2 、または nanoSIM+eSIM)
※2枚目のnanoSIMはmicroSDと排他利用
ワイモバイル版:対応(nanoSIM+eSIM)
※eSIM非対応モデルあり

Reno5 Aは、2枚のnanoSIMと1枚のeSIM、合計3枚のSIMに対応しています(同時に利用できるのは2枚まで)。

デュアルSIM nanoSIM eSIM microSD
スロット1 スロット2
パターン1 × ×
パターン2 ×

Reno5 Aのワイモバイル版のみ、仕様が異なります。

SIMの仕様 nanoSIM eSIM microSD
スロット1 スロット2
SIMフリー版 対応 対応 対応 対応
ワイモバイル版 eSIM対応版 対応 非対応 対応 対応
eSIM非対応版 対応 非対応 非対応 対応
ワイモバイル版でデュアルSIMを利用したい場合は、「eSIM対応版」を選びましょう。

2022年4月現在、Reno5 Aの価格は下記のとおりです。

新品 3,0500円〜
中古スマホ販売店(平均) 26,485円(目立った傷や汚れなし)
にこスマ 取り扱いなし
Reno5 Aの詳しいスペックや特徴は、下記の記事からご覧いただけます。
OPPO Reno5 Aのスペック・サイズ・カメラ・値段まとめ! | にこスマ通信
「Reno5 A」は2021年6月に発売されたOPPOの中価格帯(ミドルレンジ)スマートフォンです。 価格のわりに充実したスペック(マルチカメラや5Gなど)が魅力の機種です。 今回の記事では、これからReno5 Aの購入を検討されている方に

Mi 11 Lite 5G

「Mi 11 Lite 5G」は、2021年7月に発売されたXiaomiのミドルレンジ(中価格帯)スマートフォンです。

薄型軽量ボディや、比較的高い性能が魅力の機種です。
発売日 2021年7月2日
カラーバリエーション
  • トリュフブラック
  • シトラスイエロー
  • ミントグリーン
サイズ 160.5mm×75.7mm×6.8mm
重量 159g
ディスプレイ 6.55インチ 有機EL
2,400×1,080ピクセル
最大90Hzのリフレッシュレート
アウトカメラ 超広角:800万画素(F2.2)
広角:6,400万画素(F1.79)
テレマクロ:500万画素(F2.4)
インカメラ 2,000万画素(F2.24)
チップ Snapdragon 780G
メモリ(RAM) 6GB
ストレージ(ROM) 128GB
microSD 対応(最大1TB)
バッテリー容量 4,250mAh
急速充電 対応(最大33W)
ワイヤレス充電 非対応
スピーカー ステレオ
イヤホンジャック あり
生体認証 指紋認証(背面)/顔認証
防水・防塵 非対応(IP53)
おサイフケータイ(FeliCa) 対応
対応バンド 3G:非対応
3G(CDMA):1、2、4〜6、8、19
4G(FDD):B1〜5、7、8、12、13、17〜20、26、28、32、66
4G(TD):B38、40、41
5G:n1、n3、n5、n7、n8、n20、n28、n38、n40、n41、n66、
n77、n78
デュアルSIM 対応(nanoSIM×2)
※2枚目のnanoSIMはmicroSDと排他利用

2枚目のnanoSIMは、microSDと排他利用です。

デュアルSIM nanoSIM microSD
1枚目 2枚目
パターン1 ×

2022年現在、Mi 11 Lite 5Gの価格は下記のとおりです。

新品 36,950円
中古スマホ販売店(平均) 35,420円
にこスマ データなし

【まとめ】デュアルSIMを利用するならDSDV対応機種がおすすめ!

デュアルSIMには、

  • 2の電話番号を持てる
  • 月々の料金がお得になる

といったメリットがあります。

一口に「デュアルSIM」といっても、機種によって仕様が異なります。
DSDV(デュアルSIM・デュアルVoLTE)に対応した機種を選ぶといいでしょう。

デュアルSIMとmicroSDの同時利用の可否も要チェックです。

中古iPhone・Androidスマホをお探しの方へ

当サイト「にこスマ」は、高品質・安心・低価格が3拍子そろった中古スマホ販売サイトです。

  • 全商品「SIMロック」なし
  • 詳細なコンディションを確認可能
  • 1年間の無料返品交換保証

iPhone・Androidスマートフォンともに、豊富に取りそろえております。
ぜひお気に入りの一台を探してみてください!

にこスマ|商品一覧はこちら