にこスマ通信

iPhone・Android・スマホの役立つ情報をお届け!

どこが変わった?「Xperia 1 II」と「Xperia 1 III」を比較

「Xperia 1 II」は、2020年6月に発売されたソニーのハイエンドスマートフォンです。

縦長のディスプレイと、充実した性能・機能が魅力の機種です。
Xperiaシリーズとしては初めて5Gに対応しました。

この記事では、これからXperia 1 IIの購入を検討している方に向けて、Xperia 1 IIと、後継機種「Xperia 1 III」の違いを徹底解説していきます。

  • 「Xperia 1 IIIは、1 IIと比べてどこが進化したの?」
  • 「買うならどっちがいいの?」

とお悩みの方は、ぜひご覧になってみてください!

Xperia 1 IIとXperia 1 IIIのスペック

まずは、「Xperia 1 II」と「Xperia 1 III」のスペックを見てみましょう。

Xperia 1 II Xperia 1 III
発売日 2020年6月 2021年7月
カラー
  • フロストブラック
  • ホワイト
  • パープル
  • フロストブラック
  • フロストグレー
  • フロストパープル
  • フロストグリーン(SIMフリー版のみ)
サイズ 高さ 約166mm
幅 約72mm
厚さ 約7.9mm
高さ約165mm
幅 約71mm
厚さ約8.2mm
重量 約181g 約188g
OS(発売日) Android 10 Android 11
ディスプレイ 約6.5インチ 有機EL
3,840×1,644ピクセル
約6.5インチ 有機EL
3,840×1,644ピクセル
最大120Hzのリフレッシュレート
背面カメラ
  • 超広角(16mm):1,220万画素/F2.2
  • 広角(24m):1,220万画素/F1.7
  • 望遠(70mm):1,220万画素/F2.4
  • 3D iToFセンサー
  • 超広角(16mm):1,220万画素/F2.2
  • 広角(24mm):1,220万画素/F1.7
  • 望遠(74mm/105mm):1,220万画素/F2.3/2.8
  • 3D iToFセンサー
前面カメラ 800万画素/F2.0
チップ Qualcomm Snapdragon 865 Qualcomm Snapdragon 888
メモリ(RAM) キャリア版:8GB
SIMフリー版:12GB
12GB
ストレージ(ROM) キャリア版:128GB
SIMフリー版:256GB
キャリア版:256GB
SIMフリー版;512GB
microSD 対応(最大1TB)
イヤホンジャック あり
スピーカー ステレオ
バッテリー容量 4,000mAh 4,500mAh
急速充電 対応
ワイヤレス充電 対応 対応(「おすそわけ充電」も可能)
生体認証 指紋認証
防水・防塵 対応(IP68)
おサイフケータイ(FeliCa) 対応
ワンセグ/フルセグ 対応/対応
※SIMフリー版は非対応
非対応/非対応
5G 対応(Sub6) 対応(Sub6・ミリ波)
デュアルSIM 対応(nanoSIM×2)
※キャリア版は非対応

太字は両機種の主な違い

Xperia 1 IIは、縦長のディスプレイと、充実した性能・機能が魅力の機種です。
また、Xperiaシリーズとしては初めて5Gに対応しました。

Xperia 1 IIのスペックや価格を徹底解説!5 IIとの比較も | にこスマ通信
Xperia 1 IIは、2020年6月に発売されたソニーのハイエンドスマートフォンです。 縦長のディスプレイと、充実した性能・機能が魅力の機種です。 Xperiaシリーズとしては初めて5Gに対応しました。 この記事では、これからXperi

後継機種のXperia 1 IIIでは、スペックが底上げされ、ディスプレイやカメラが強化されています。

Xperia 1 IIにあった「ワンセグ/フルセグ」はなくなりました。

Xperia 1 IIとXperia 1 IIIの違い

ここからは、Xperia 1 IIと1 IIIの違いを、下記のポイントに分けて紹介していきます。

  • 外観・デザイン
  • ディスプレイ
  • カメラ
  • 処理性能
  • オーディオ
  • バッテリー
  • その他の機能
  • 価格

外観・デザイン

Xperia 1 II Xperia 1 III
カラー
  • フロストブラック
  • ホワイト
  • パープル
  • フロストブラック
  • フロストグレー
  • フロストパープル
  • フロストグリーン(SIMフリー版のみ)
サイズ 高さ 約166mm
幅 約72mm
厚さ 約7.9mm
高さ約165mm
幅 約71mm
厚さ約8.2mm
重量 約181g 約188g

Xperia 1 IIと1 IIIのサイズ感は、ほぼ同等です。

どちらも一般的なスマートフォンと比べて細長いデザインが特徴です。

Xperia 1 IIIでは、Googleアシスタントをワンタッチで起動できる「Googleアシスタントキー」が追加されています。

ディスプレイ

ディスプレイ 約6.5インチ 有機EL
3,840×1,644ピクセル
約6.5インチ 有機EL
3,840×1,644ピクセル
最大120Hzのリフレッシュレート

Xperia 1 IIIでは、4Kディスプレイを搭載するスマートフォンとしては、世界で初めて最大120Hzのリフレッシュレートに対応しました(発売当時、ソニー調べ)。

一般的な60Hzのディスプレイと比較すると、スクロールやアニメーションがよりなめらかに表示できます。

Xperia 1 IIの画面のリフレッシュレートは60Hzですが、残像低減技術によって90Hz相当の表示を実現しています。

カメラ

Xperia 1 II Xperia 1 III
背面カメラ
  • 超広角(16mm):1,220万画素/F2.2
  • 広角(24m):1,220万画素/F1.7
  • 望遠(70mm):1,220万画素/F2.4
  • 3D iToFセンサー
  • 超広角(16mm):1,220万画素/F2.2
  • 広角(24mm):1,220万画素/F1.7
  • 望遠(74mm/105mm):1,220万画素/F2.3/2.8
  • 3D iToFセンサー
前面カメラ 800万画素/F2.0

Xperia 1 IIIでは、望遠カメラが強化されました。
「可変式望遠レンズ」を採用し、1つのカメラで2つの焦点距離を切り替えられます。

また、Xperia 1 IIIでは、デジタルズームしても画質が劣化しにくい「AI超解像ズーム」にも対応しているので、ズームを多用したい方は、Xperia 1 IIIを選ぶといいでしょう。

処理性能

Xperia 1 II Xperia 1 III
チップ Qualcomm Snapdragon 865 Qualcomm Snapdragon 888
メモリ(RAM) キャリア版:8GB
SIMフリー版:12GB
12GB
ストレージ(ROM) キャリア版:128GB
SIMフリー版:256GB
キャリア版:256GB
SIMフリー版:512GB

Xperia 1 IIIは、処理性能も強化されています。
ただしXperia 1 IIも、ほぼすべての場面で快適に動作するので、あまり違いは感じられないかもしれません。

ベンチマークアプリ「Antutu」のスコアは、Xperia 1 II(v8)が50万点台中盤ほど、Xperia 1 III(v9)が70万点台後半ほどのようです。

AnTuTuは、バージョンが新しくなるほどスコアが高くなる傾向にあります。

オーディオ

Xperia 1 II Xperia 1 III
イヤホンジャック あり
スピーカー ステレオ

Xperia 1 IIと1 IIIは、どちらもオーディオに力を入れた機種です。

Xepria 1 IIIで進化したポイントは下記のとおりです。

  • 立体音響技術「360 Reality Audio」に対応
  • スピーカーの最大音圧が40%アップし、低音も強化
  • イヤホン/ヘッドホンの最大音圧が40%アップ

バッテリー

Xperia 1 II Xperia 1 III
バッテリー容量 4,000mAh 4,500mAh
急速充電 対応
ワイヤレス充電 対応 対応(「おすそわけ充電」も可能)

Xperia 1 IIIでは、バッテリー容量が大きくなりました。
また、他のデバイスをワイヤレスで充電できる「おすそわけ充電」に対応しています。

その他の機能

Xperia 1 II Xperia 1 III
生体認証 指紋認証
防水・防塵 対応(IP68)
おサイフケータイ(FeliCa) 対応
ワンセグ/フルセグ 対応/対応
※SIMフリー版は非対応
非対応/非対応
5G 対応(Sub6) 対応(Sub6・ミリ波)

Xperia 1 IIと1 IIIは、どちらも普段使いに便利な機能が充実しています。

Xperia 1 IIIでは、テレビ(ワンセグ/フルセグ)機能がなくなり、5G通信の「ミリ波」に対応しました。

ミリ波とは、「Sub6」よりも狭いエリアで、より高速で通信できる規格です。

価格の比較

2022年2月現在、Xperia 1 IIと1 IIIそれぞれの販売状況は下記のとおりです。

Xperia 1 II Xperia 1 III
ドコモ SO-51A:60,170円
※ドコモオンラインショップ限定
SO-51B:154,440円
ahamo SO-51A:71,500円 -
au SOG01:販売終了 SOG03:178,000円
ソフトバンク - 188,640円
SIMフリー(XQ-AT42) 販売終了 149,600円~
中古販売サイト(未使用に近いもの) 128GB: 74,800円
256GB: 82,300円
256GB: 119,800円
512GB: 119,800円

2022年2月、Xperia 1 IIのドコモ版が大幅値下げされて販売再開されました。

※中古販売サイト相場価格は記事作成時の2022年2月時点の価格を記載しています。こちらは楽天市場やYahoo!ショッピングなどで販売されている端末の取引価格を「にこスマ」が独自に収集し、おおよその平均価格を掲載しています。詳細はにこスマ通信・価格検索ページをご覧ください。

【まとめ】Xperia 1 IIと1 IIIはどっちがおすすめ?

Xperia 1 IIは、縦長のディスプレイと、充実した性能・機能が魅力の機種です。
後継機種のXperia 1 IIIでは、ディスプレイやカメラがさらに強化されています。

Xperia 1 IIも、まだまだ快適に使える性能・機能を持っているので、

  • 「コストパフォーマンスを重視したい」
  • 「ワンセグ・フルセグが欲しい」

という方には、Xperia 1 IIがおすすめです!

Xperia 1 IIの詳しいスペックや価格は、下記の記事からご覧いただけます。

Xperia 1 IIのスペックや価格を徹底解説!5 IIとの比較も | にこスマ通信
Xperia 1 IIは、2020年6月に発売されたソニーのハイエンドスマートフォンです。 縦長のディスプレイと、充実した性能・機能が魅力の機種です。 Xperiaシリーズとしては初めて5Gに対応しました。 この記事では、これからXperi
  • 「最新のゲームを少しでも快適に遊びたい」
  • 「カメラでズームを多用したい」

という場合は、Xperia 1 IIIを選ぶといいでしょう。

  • 「できるだけ安く購入したい」
  • 「ゲームは遊ばない」

という方は、同じXperiaシリーズのミドルレンジモデル、「Xperia 10 II」も検討されてみてください。

SONY Xperia 10 IIのスペックや価格を徹底解説! | にこスマ通信
SONY Xperia 10 IIは、2020年10月に発売されたミドルレンジ(中価格帯)のスマートフォンです。 スリムで持ちやすいボディや充実した機能が魅力の機種です。 この記事では 「Xperia 10 IIは2022年も現役で使える

中古スマホを購入するなら「にこスマ」!

にこスマでは、Google PixelシリーズやiPhoneシリーズなど、中古スマートフォンを取り扱っています。

すべての商品を丁寧に検品・クリーニングし、商品ページでは商品の詳しい状態をご覧いただけます
また、もし到着した端末に問題がございましたら、30日以内であれば無料で返品が可能です。

ぜひ、この機会ににこスマでスマホをチェックしてみてください。

中古スマホ販売専門店 にこスマ