にこスマ通信

iPhone・Android・スマホの役立つ情報をお届け!

OPPO A54 5Gのスペックや価格を徹底解説!ゲームは遊べる?

「OPPO A54 5G」は、2021年6月に発売されたミドルレンジ(中価格帯)のスマートフォンです。

大画面と大容量バッテリーが魅力の機種です。

今回の記事では、A54 5Gの購入を検討されている方に向けて

  • A54 5Gのスペック・特徴
  • ゲームは快適に遊べるか
  • 2022年2月現在の価格

について徹底解説していきます!

OPPO A54 5Gのスペック

まずはA54 5Gの主なスペックを見てみましょう。

OPPO A54 5G
発売時期 2021年6月
取扱キャリア au(OPG02)
UQモバイル
カラーバリエーション ファンタスティックパープル
シルバーブラック
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約162.9×74.7×8.4mm
重量 約190g
ディスプレイ 約6.5インチ 液晶
2,400 x 1,080ピクセル (FHD+)
最大90Hzのリフレッシュレート
アウトカメラ メイン:約4,800万画素(F/1.7)
超広角:約800万画素(F/2.2)
マクロ:約200万画素(F/2.4)
モノクロ:約200万画素(F/2.4)
インカメラ 約1,600万画素(F/2.0)
OS ColorOS 11(based on Android 11)
チップ Qualcomm Snapdragon 480
最大2.0GHz オクタコア
メモリ(RAM) 4GB
ストレージ容量 64GB
外部記録媒体 microSDXC(最大1TB)
バッテリー容量 約5,000mAh
急速充電 対応(最大18W)
ワイヤレス充電 非対応
防水・防塵 非対応
生体認証 指紋認証/顔認証
おサイフケータイ 非対応
スピーカー モノラル
イヤホンジャック 対応
対応バンド 3G:1/2/4~6/8/19
4G(FDD):1~5/7/8/12/17~20/26/28
4G(TD):38~42
5G:n3/n28/n77/n78
デュアルSIM 対応(nanoSIM×2)
※au、UQ mobile版は非対応

A54 5Gは、6.5インチの大画面と、5000mAhの大容量バッテリーが魅力の機種です。
普段使いから軽めのゲームまで、幅広いシーンでおおむね快適に使える処理性能を持っています。

OPPO A54 5Gの特徴

ここからは、下記のポイントに注目しながらOPPO A54 5Gの特徴について解説していきます。

  • デザイン
  • ディスプレイ
  • カメラ
  • 処理性能
  • ストレージ
  • バッテリー
  • 生体認証
  • その他の特徴

デザイン

カラーバリエーション ファンタスティックパープル
シルバーブラック
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約162.9×74.7×8.4mm
重量 約190g

A54 5Gの背面は、グラデーションがかったメタリックな質感です。

本体サイズは最近のスマートフォンの中でも大きめなので、片手操作には向きません。

ディスプレイ

ディスプレイ 約6.5インチ 液晶
2,400 x 1,080 ピクセル(FHD+)
最大90Hzのリフレッシュレート

A54 5Gは、大型の6.5インチ液晶ディスプレイを搭載しています。

最大90Hzのリフレッシュレートに対応しているので、一般的な60Hzよりもスクロールやアニメーションがなめらかに感じられるはずです。

ゲームや動画は、90Hzには非対応(一般的な60Hz)です。

カメラ

アウトカメラ メイン:約4,800万画素(F/1.7)
超広角:約800万画素(F/2.2)
マクロ:約200万画素(F/2.4)
モノクロ:約200万画素(F/2.4)
インカメラ 約1,600万画素(F/2.0)

A54 5Gは、ミドルレンジ端末としては、比較的高性能なカメラを搭載しています。

  • 背景をぼかせる「ポートレート
  • 暗いシーンでも明るく撮影できる「夜景モード」

など今どきの機能にもしっかり対応。

A54 5Gのカメラは、「幅広いシーンで楽しく撮影できる」と言えるでしょう。

1億800万画素相当にアップスケールできる「超解像モード」がユニークです。

画質については主観的なところが大きいので、実際の作例を見ながら判断されてみてください。

処理性能

チップ Qualcomm Snapdragon 480
最大2.0GHz オクタコア
メモリ(RAM) 4GB

A54 5Gの処理性能は、ミドルレンジ機種としては標準的です。

処理性能の目安としては、2017年(5年前)のハイエンドスマートフォンと同等です。

動画鑑賞やSNS、Web検索など、幅広いシーンでおおむね快適に動作します。

ベンチマークアプリ「AnTuTu(v9)」のスコアは、20万点台後半のようです。

OPPO A54 5Gでゲームは遊べる?

A54 5Gに搭載されている「Snapdragon 480」は、世代が新しいこともあり、上位シリーズの「Snapdragon 690」に近い性能を持っています。

実際に、ほとんどのゲームが動作するようです。
とくに、軽めのゲームであれば快適に遊べそうですね。

ストレージ

ストレージ容量 64GB
外部記録媒体 microSDXC(最大1TB)

A54 5Gのストレージ容量は64GBで、現在のスマートフォンとしては少なめです。

必要に応じてmicroSDカードを利用するといいでしょう。

バッテリー

バッテリー容量 約5,000mAh
急速充電 対応(最大18W)
ワイヤレス充電 非対応

A54 5Gのバッテリー容量は、数あるスマートフォンの中でも上位の「約5,000mAh」。
画面やチップの性能を考慮しても、「十分な容量」といえます。

バッテリー持ちに関しては、満足できる方が多いでしょう。

設定から画面のリフレッシュレートを60Hzに制限すれば、さらに長持ちさせることが可能です。

生体認証

生体認証 指紋認証/顔認証

A54 5Gは、指紋認証と顔認証の両方に対応しています。

状況に応じて使い分けられるのは便利ですね。

指紋認証センサーは、電源ボタンに内蔵されているタイプです。

その他の特徴

防水・防塵 非対応
おサイフケータイ 非対応
スピーカー モノラル
イヤホンジャック 対応
対応バンド 3G:1/2/4~6/8/19
4G(FDD):1~5/7/8/12/17~20/26/28
4G(TD):38~42
5G:n3/n28/n77/n78
デュアルSIM 対応(nanoSIM×2)
※au、UQ mobile版は非対応

A54 5Gは、「防水・防塵」や「おサイフケータイ(FeliCa)」には非対応です。

OPPO A54 5Gの価格

2022年2月現在、OPPO A54 5Gの販売状況は以下のとおりです。

新品 au・UQ mobile 28,765円
SIMフリー 約21,000円~
中古 中古販売サイト 17,788円(目立った傷や汚れがないもの)
※中古販売サイト相場価格は記事作成時の2022年2月時点の価格を記載しています。こちらは楽天市場やYahoo!ショッピングなどで販売されている端末の取引価格を「にこスマ」が独自に収集し、おおよその平均価格を掲載しています。詳細はにこスマ通信・価格検索ページをご覧ください。

【まとめ】幅広いシーンでおおむね快適に使える

A54 5Gは、6.5インチの大画面と、5000mAhの大容量バッテリーが魅力の機種です。
普段使いから軽めのゲームまで、幅広いシーンでおおむね快適に使える処理性能を持っています。

  • 「軽めのゲームを遊びたい」
  • 「バッテリー持ちを重視したい」
  • 「機能は最小限でいい」

という方におすすめです!

A54 5Gを実際に使っている人たちの口コミは、下記の記事からご覧いただけます。

【レビュー】OPPO A54 5Gの評価や口コミを紹介! | にこスマ通信
「OPPO A54 5G」は、2021年6月に発売されたミドルレンジ(中価格帯)のスマートフォンです。 大画面と大容量バッテリーが魅力の機種です。 今回の記事では、2022年2月現在A54 5Gの購入を検討されている方に向けて、実際に使って

「もう少し性能・機能が欲しい」という方は、上位機種の「OPPO Reno5 A」も検討されてみてください。

OPPO Reno5 Aのスペック・サイズ・カメラ・値段まとめ! | にこスマ通信
「Reno5 A」は2021年6月に発売されたOPPOの中価格帯(ミドルレンジ)スマートフォンです。 価格のわりに充実したスペック(マルチカメラや5Gなど)が魅力の機種です。 今回の記事では、これからReno5 Aの購入を検討されている方に

中古スマホを購入するなら「にこスマ」!

にこスマでは、Google PixelシリーズやiPhoneシリーズなど、中古スマートフォンを取り扱っています。

すべての商品を丁寧に検品・クリーニングし、商品ページでは商品の詳しい状態をご覧いただけます
また、もし到着した端末に問題がございましたら、30日以内であれば無料で返品が可能です。

ぜひ、この機会ににこスマでスマホをチェックしてみてください。

中古スマホ販売専門店 にこスマ