にこスマ通信

iPhone・Android・スマホの役立つ情報をお届け!

iPhone 8シリーズ(8 / 8plus)の全色画像紹介!人気カラーは?

2017年9月に発売されたiPhone8シリーズ(8/8 Plus)。一世代前のiPhone7シリーズから処理能力が大きく向上し、iPhoneとしては初めて、ワイヤレス充電機能を搭載しました。防水防塵やおサイフケータイにも対応し、発売から3年経った2020年でもまだまだ現役です。

この記事では、そんなiPhone8シリーズのカラーやデザインに注目して徹底解説していきます。

商品一覧はこちら

iPhone8/8 Plusのデザイン

iPhone8とiPhone8Plusを並べた画像

iPhone8シリーズではワイヤレス充電に対応したこともあり、背面パネルの素材がアルミニウムからガラスに変更されました。背面が全面ガラスになったのは、2011年10月に発売されたiPhone4s以来です。

背面パネルの素材が変更されたことで、iPhone7シリーズまであったアンテナラインは完全に消滅。よりシンプルですっきりしたデザインに仕上がっています。

iPhone8/8 Plusの本体カラー

iPhone8シリーズのカラーバリエーションを見てみましょう。

iPhone8シリーズの本体カラーは、7シリーズの全6色から全4色になりました。

iPhone7  iPhone8
本体カラー
  • ブラック
  • シルバー
  • ゴールド
  • ローズゴールド
  • ジェットブラック
  • (PRODUCT)RED
  • スペースグレイ
  • シルバー
  • ゴールド
  • (PRODUCT)RED

iPhone8シリーズでは、7シリーズにあった「ブラック」と「ジェットブラック」が統合されて「スペースグレイ」に。また、iPhone6シリーズ(6/6s)で登場してiPhone7まで採用されていた「ローズゴールド」が廃止されています。

iPhone7シリーズから引き続き採用されている「シルバー」と「ゴールド」、「(PRODOCT)RED」についても、背面素材の変更もあり印象が大きく変わりました。

それぞれのカラーを詳しく解説してきます。

スペースグレイ

iPhone8(スペースグレイ)

iPhoneは、必ずブラック系の本体カラーが用意されています。iPhone7シリーズでは「ブラック(つやなし)」と「ジェットブラック(つやあり)」の2色展開という異例のパターンでしたが、iPhone8シリーズでは6s以前のスペースグレイが復活しました。

ただし、背面素材がガラスに変更されたこともあり、iPhone6sシリーズ以前のスペースグレイとは印象が異なります。グレイ(灰色)というより、黒に近い灰色といった印象で、光の当たり方によって黒にも灰色にも見えます。

スペースグレイでは前面パネルも黒色なので、シンプルで統一感のあるデザインを求める方におすすめです。

シルバー

iPhone8(シルバー)

2012年9月に発売されたiPhone5から、最新のiPhone11シリーズ(11 Pro 11 Pro MAX)まで、採用され続けている「シルバー」。MacやiPadなど、ほかのApple製品でも必ず採用されているAppleの伝統色です。

シルバーも、背面素材がガラスに変更されたことで印象は大きく変わりました。iPhone7シリーズ以前の金属光沢がなくなり、シルバーというよりホワイトと言った感じ。

前面パネルも白が採用されているので、明るい雰囲気を求める方や、他のApple製品と合わせたい方におすすめです。

ゴールド

iPhone8(ゴールド)

iPhone5で初めて採用されて以来、すっかりiPhoneの定番カラーになった「ゴールド」。iPhone8シリーズと同時期に発売されたiPhoneXにはないカラーです。

こちらも背面素材が変わったことで印象が変わり、ゴールドというより「ピンクがかったベージュ」といった感じ。

iPhone8シリーズのゴールドは、上品さを求める方向けのカラー。ゴールドとはいえピンク寄りの色なので、ローズゴールド難民にもおすすめです。

(PRODUCT)RED

iPhone8(PRODUCT)RED

iPhone7シリーズで初登場した「(PRODUCT)RED」。真っ赤な本体カラーは、エイズ(HIV)の支援団代「RED」にちなんだもので、端末の売り上げの一部が「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」に寄付されます。

iPhone7シリーズの(PRODUCT)REDでは、前面パネルが白色でしたが、8シリーズでは黒色になり、ぐっと引き締まった印象になりました。

PRODUCT(RED)は半年間の期間限定カラーで、iPhone8の発売から半年後の2018年4月から2018年9月まで販売されていました。

iPhone8シリーズの各カラー比較動画

iPhone8シリーズのカラーの様子がよく分かる動画を集めました。

iPhone8シリーズのレギュラーカラー比較

(PRODUCT)RED

iPhone8/8 Plusの販売状況

これからiPhone8の購入を検討されている方に向けて、iPhone8シリーズの販売状況を解説していきます。

2020年8月もまだまだ現役のiPhone8ですが、入手は難しくなってきています。2020年4月、iPhoneSE(第2世代、以下iPhoneSE2)が登場したタイミングでApple Storeでの販売が終了。iPhone8については大手キャリアでの取り扱いはありますが、在庫がほとんどない状態が続いているので、実質的には販売終了状態です。

在庫  64GB 128GB 256GB
Apple Store × × ×
大手キャリア ×
格安SIM × ×
中古ショップ・フリマアプリ

2020年8月現在、新品のiPhone8を契約できるのは、格安SIMのmineoのみ。

価格は256GBモデルが56,400円(回線契約必須)です。iPhone8から処理能力が大幅に向上したiPhoneSE2との価格差がほとんどないので、今から新品で購入するのはおすすめできません。

ただし、中古市場では2万円台で美品が手に入るので、コストパフォーマンスは高いです。

まとめ

2017年9月に発売されたiPhone8シリーズ。iPhone7シリーズから性能が向上し、ワイヤレス充電にも対応したことで、ホームボタン付きのiPhoneとしては一つの完成形ともいえるモデルに仕上がっています。

2020年秋にリリースされる「iOS14」は、iPhone8シリーズの二世代前、iPhone6sシリーズもサポートしています。このペースでいくとiPhone8シリーズは、少なくとも2021年秋にリリースされる見込みの「iOS15(仮)」までは確実にサポートされます。つまり、今から購入しても最低でも2年間は最新のiOSを使えるということです。

ホームボタン付きのiPhoneを安く手に入れたい方は、ぜひ購入を検討されてみてください。

中古iPhone・Androidスマホをお探しの方へ

当サイト「にこスマ」は、高品質・安心・低価格が3拍子そろった中古スマホ販売サイトです。

  • 全商品「SIMロック」なし
  • 詳細なコンディションを確認可能
  • 1年間の無料返品交換保証

iPhone・Androidスマートフォンともに、豊富に取りそろえております。
ぜひお気に入りの一台を探してみてください!

商品一覧はこちら