にこスマ通信

iPhone・Android・スマホの役立つ情報をお届け!

【2022年】中古iPhoneのおすすめ機種5選!【格安SIMにも】

「iPhoneをお得に手に入れたい」という方には、中古のiPhoneがおすすめです。

この記事では、中古で購入できるiPhoneの中から、とくにコストパフォーマンスが高い機種を、目的別に紹介していきます!

2022年3月現在の中古価格相場も記載しているので、ぜひご覧になってみてください。

おすすめのAndroidスマートフォンは、下記の記事からご覧いただけます。

【2022年3月】中古スマホのおすすめ機種9選!【格安SIMにも】 | にこスマ通信
中古スマホの一番のメリットは、「新品よりもお得に購入できること」です。 とくに狙い目なのは、数年前のハイエンドスマートフォン。 最新のミドルレンジ(中価格帯)スマートフォンよりも、高性能・高機能な機種が、より安く購入できる場合があります。

にこスマ|商品一覧はこちら

中古iPhoneのメリット・デメリット

まず初めに、中古でiPhoneを購入するメリットとデメリットを見てみましょう。

中古iPhoneのメリット

中古でiPhoneを購入するメリットは、実用的な機種をお得に手に入れられることです。

iPhoneは比較的性能が高く、OSのサポート期間が長いので、発売から時間が経った機種でも快適に利用できる傾向にあります。

2022年3月現在、最新の「iOS15」は、2015年に発売されたiPhone 6s/6s Plusシリーズ以降の機種に提供されています。

中古iPhoneのデメリット

中古iPhoneは、商品の状態がよくない場合があることです。

とくに、バッテリーの状態や「ネットワーク利用制限」の有無は、見た目だけではわからないので、注意が必要です。

対策としては、

  • 購入前に、詳しい状態を問い合わせる
  • 信頼できる販売店から購入する

といった方法があげられます。

中古iPhoneを購入する際の注意点は、下記の記事で詳しく解説しているので、併せてご覧になってみてください。

中古iPhoneの購入に必読!確認すべき5つのポイントと確認方法をご紹介 | にこスマ通信
格安で購入できることが魅力の中古iPhone。上手に購入できれば、端末代金を大幅に抑えることが可能です。 この記事では、中古iPhoneを購入する際に必ず確認しておきたい5つのポイントや買い替えのタイミングなど、中古iPhoneで失敗しない

【目的別】おすすめの中古iPhone5選

2022年3月現在、中古でお得に購入できるiPhoneを目的別に紹介していきます!

  • 価格を重視したい
  • 充実した機能が欲しい
  • 性能を重視したい
  • 大画面が欲しい

価格を重視したい

「できるだけ安く手に入れたい」という方には、「iPhone SE(第1世代、以下SE)」がおすすめです。

iPhone SE(第1世代)

中古価格相場(2022年3月現在) 16GBモデルで8,100円(目立った傷や汚れなし)

「iPhone SE」の基本性能は、2015年9月に発売された「iPhone 6S」と同等です。
2022年現在でも、SNSや動画鑑賞、Web検索といった幅広いシーンで問題なく動作しますが、ゲームには向きません。

最新の「iOS15」がサポートされているので、安心して利用できます。
発売時期 2016年3月
カラーバリエーション シルバー
ゴールド
スペースグレイ
ローズゴールド
サイズ(高さ×幅×厚さ) 123.8mm×58.6mm×7.6mm
重量 113g
ディスプレイ 4インチ 液晶
1,136×640ピクセル
アウトカメラ 広角:1,200万画素(F/2.2)
インカメラ 広角:120万画素(F/2.4)
チップ Apple A9
メモリ(RAM) 非公開(2GB)
ストレージ容量 16GB/32GB/64GB/128GB
バッテリー容量 非公開(1,624mAh)
動作時間(ビデオ再生) 最大13時間
ワイヤレス充電 非対応
防水・防塵 非対応
生体認証 対応(指紋認証)
おサイフケータイ 非対応

iPhone SEのいいところ・イマイチなところは、下記のとおりです。

  • 軽量・コンパクト
  • 指紋認証(Touch ID)に対応
  • 価格が安い
  • カメラの性能・機能は最小限
  • ゲームには向かない
  • 「防水・防塵」や「おサイフケータイ」には非対応
  • 「Touch ID」が第1世代なので、認証精度がやや劣る

iPhone SE(第1世代)は、

  • 「できるだけ安く手に入れたい」
  • 「とにかくコンパクトなiPhoneが欲しい」

という方に向いています。

「にこスマ」でiPhone SE(第1世代)を見てみる

充実した機能が欲しい

「『防水・防塵』 や『おサイフケータイ』が欲しい」という方には、次の2機種がおすすめです。

  • iPhone 7
  • iPhone 8

iPhone 7

中古価格相場(2022年3月現在) 32GBモデルで15,468円(目立った傷や汚れなし)

「iPhone 7」は、iPhoneシリーズとしては初めて、「防水・防塵」「おサイフケータイ」に対応しました。

「おサイフケータイ」に対応しているのは、日本向けモデルのみです。

SNSや動画鑑賞、Web検索といった幅広いシーンで問題なく動作しますが、ゲームには向きません。

発売時期 2016年9月
カラーバリエーション ローズゴールド
ゴールド
シルバー
ブラック
ジェットブラック
(PRODUCT)RED
サイズ(高さ×幅×厚さ) 138.3mm×67.1mm×7.1mm
重量 138g
ディスプレイ 4.7インチ 液晶
1,334×750ピクセル
アウトカメラ 広角:1,200万画素(F/1.8)
インカメラ 広角:700万画素(F/2.2)
チップ Apple A10 Fusion
メモリ(RAM) 非公開(2GB)
ストレージ容量 32GB/128GB/256GB
バッテリー容量 非公開(1,960mAh)
動作時間(ビデオ再生) 最大13時間
ワイヤレス充電 非対応
防水・防塵 対応(IP67)
生体認証 指紋認証
おサイフケータイ 対応

※兄弟モデルとして、大画面とデュアルカメラを搭載した「iPhone 7 Plus」があります。

iPhone 7のいいところ・イマイチなところは、下記のとおりです。

  • 比較的軽量・コンパクト
  • 指紋認証(Touch ID)に対応
  • 「防水・防塵」や「おサイフケータイ」に対応
  • 価格が安い
  • カメラの性能・機能は控えめ
  • ゲームには向かない

iPhone 7は、

  • 「比較的コンパクトは機種が欲しい」
  • 「防水・防塵」や「おサイフケータイ」が欲しい」

という方に向いています。

「にこスマ」でiPhone 7を見てみる

iPhone 8

中古価格相場(2022年3月現在) 64GBモデルで19,692円(目立った傷や汚れなし)

「iPhone 8」は、iPhoneシリーズとしては初めて、「ワイヤレス充電」に対応しました。
その他、前モデル「iPhone 7」との主な違いは、下記のとおりです。

  • チップの性能が向上
  • 背面素材がアルミからガラスに

SNSや動画鑑賞、Web検索といった幅広いシーンでおおむね快適に動作しますが、ゲームにはあまり向きません。

発売時期 2017年9月
カラーバリエーション ゴールド
シルバー
スペースグレイ
(PRODUCT)RED
サイズ(高さ×幅×厚さ) 138.4mm×67.3mm×7.3mm
重量 148g
ディスプレイ 4.7インチ 液晶
1,334×750ピクセル
※True Tone対応
アウトカメラ 広角:1,200万画素(F/1.8)
インカメラ 広角:700万画素(F/2.2)
チップ Apple A11 Bionic
メモリ(RAM) 非公開(2GB)
ストレージ容量 64GB/128GB/256GB
バッテリー容量 非公開(1,821mAh)
動作時間(ビデオ再生) 最大13時間
ワイヤレス充電 対応
防水・防塵 対応(IP67)
生体認証 対応(指紋認証)
おサイフケータイ 対応

※兄弟モデルとして、大画面とデュアルカメラを搭載した「iPhone 8 Plus」があります。

iPhone 8のいいところ・イマイチなところは下記のとおりです。

  • 比較的軽量・コンパクト
  • 指紋認証(Touch ID)に対応
  • 「防水・防塵」や「おサイフケータイ」に加え「ワイヤレス充電」にも対応
  • 比較的価格が安い
  • カメラの性能・機能は控えめ
  • ゲームにはあまり向かない

iPhone 8は、

  • 「比較的コンパクトな機種が欲しい」
  • 「ワイヤレス充電を使いたい」

という方に向いています。

「にこスマ」でiPhone 8を見てみる

性能を重視したい

「処理性能は高いほうがいい」という方には、「iPhone SE(第2世代、以下SE2)」がおすすめです。

iPhone SE(第2世代)

中古価格相場(2022年3月現在) 64GBモデルで32,193円(目立った傷や汚れなし)

iPhone SEは、iPhone 8の筐体に「iPhone 11シリーズ」と同じ「A13 Bionic」チップを搭載しています。

処理性能は、2022年のスマートフォンとしても比較的高い部類です。

SNSや動画鑑賞、Web検索といったシーンはもちろん、ゲームを含めてほとんどのシーンで快適に動作します。

発売時期 2020年4月
カラーバリエーション ブラック
ホワイト
(PRODUCT)RED
サイズ(高さ×幅×厚さ) 138.4mm×67.3mm×7.3mm
重量 148g
ディスプレイ 4.7インチ 液晶
1,334×750ピクセル
アウトカメラ 広角:1,200万画素(F/1.8)
インカメラ 広角:700万画素(F/2.2)
チップ Apple A13 Bionic
メモリ(RAM) 非公開(3GB)
ストレージ容量 64GB/128GB/256GB
バッテリー容量 非公開(1,821mAh)
動作時間(ビデオ再生) 最大15時間
防水・防塵 対応(IP67)
生体認証 対応(指紋認証)
おサイフケータイ 対応

iPhone SE2のいいところ・イマイチなところは下記のとおりです。

  • 比較的軽量・コンパクト
  • ゲームも遊べる処理性能
  • 指紋認証(Touch ID)に対応
  • 「防水・防塵」や「おサイフケータイ」に加え「ワイヤレス充電」にも対応
  • カメラの性能・機能はやや控えめ

iPhone SE2は、

  • 「処理性能は高いほうがいい」
  • 「ゲームを遊びたい」

という方に向いています。

「にこスマ」でiPhone SE(第2世代)を見てみる

2022年3月、iPhone SEシリーズの最新モデル「iPhone SE(第3世代)」が発表されました。
iPhone SE2との違いは、下記の記事からご覧いただけます。

【速報】iPhone SE(第3世代)のスペックまとめ|第2世代との違いは? | にこスマ通信
日本時間の2022年3月9日、iPhone SEシリーズの最新モデル「iPhone SE(第3世代)」が発表されました。 iPhone SE3は、コンパクトでホームボタンを搭載したデザインはそのままに、基本性能が強化されています。 この記事

大画面が欲しい

ここまで、比較的コンパクトな機種を紹介していきました。
「大画面が欲しい」という方には、「iPhone XS Max」がおすすめです。

iPhone XS Max

中古価格相場(2022年3月現在) 64GBモデルで51,678円(目立った傷や汚れなし)

「iPhone XS Max」は、6.5インチの有機ELディスプレイを搭載しています。

2022年のスマートフォンの中でも、比較的大きい部類です。

性能こそiPhone SE2と比べるとやや劣りますが、一部のゲームを除けば、ほとんどのシーンで快適に動作します。

発売時期 2018年9月
カラーバリエーション ゴールド
スペースグレイ
シルバー
サイズ(高さ×幅×厚さ) 157.5mm×77.4mm×7.7mm
重量 208g
ディスプレイ 6.5インチ 有機EL
2,688×1,242ピクセル
アウトカメラ 広角:1,200万画素(F/1.8)
望遠:1,200万画素(F/2.4)
インカメラ 広角:700万画素(F/2.2)
チップ Apple A12 Bionic
メモリ(RAM) 非公開(4GB)
ストレージ容量 64GB/256GB/512GB
バッテリー容量  非公開(3,174mAh)
動作時間(ビデオ再生) 最大15時間
防水・防塵 対応(IP68)
生体認証 対応(顔認証)
おサイフケータイ 対応

※兄弟モデルとして、画面サイズが小さい「iPhone XS」があります。

iPhone XS Maxのいいところ・イマイチなところは、下記のとおりです。

  • 6.5インチの大画面
  • 望遠カメラを搭載
  • 多くのシーンで快適に使える性能
  • 顔認証(Face ID)に対応
  • 「防水・防塵」や「おサイフケータイ」に加え「ワイヤレス充電」にも対応
  • 大きく重たい
  • カメラの性能はやや控えめ
  • 指紋認証(Touch ID)には非対応

iPhone XS Maxは、

  • 「大画面で動画や電子書籍を楽しみたい」
  • 「望遠カメラが欲しい」

という方に向いています。

「にこスマ」でiPhone XS Maxを見てみる

【まとめ】iPhoneをお得に手に入れよう

iPhoneは比較的性能が高く、OSのサポート期間が長いので、発売から時間が経った機種でも快適に利用できる傾向にあります。
「iPhoneをお得に手に入れたい」という方は、ぜひ、中古iPhoneも検討されてみてください!

おすすめのAndroidスマートフォンは、下記の記事からご覧いただけます。

【2022年3月】中古スマホのおすすめ機種9選!【格安SIMにも】 | にこスマ通信
中古スマホの一番のメリットは、「新品よりもお得に購入できること」です。 とくに狙い目なのは、数年前のハイエンドスマートフォン。 最新のミドルレンジ(中価格帯)スマートフォンよりも、高性能・高機能な機種が、より安く購入できる場合があります。

中古iPhone・Androidスマホをお探しの方へ

当サイト「にこスマ」は、高品質・安心・低価格が3拍子そろった中古スマホ販売サイトです。

  • 全商品「SIMロック」なし
  • 詳細なコンディションを確認可能
  • 1年間の無料返品交換保証

iPhone・Androidスマートフォンともに、豊富に取りそろえております。
ぜひお気に入りの一台を探してみてください!

にこスマ|商品一覧はこちら