にこスマ通信

iPhone・Android・スマホの役立つ情報をお届け!

【2022年版】SHARP AQUOS R2のスペックや価格を紹介!

「AQUOS R2」は、2018年6月に発売されたされたSAHRPのハイエンドスマートフォンです。

高性能ディスプレイや「ドラマティックワイドカメラ」が魅力の機種です。

この記事では、AQUOS R2をこれから購入を検討されている方に向けて、

  • AQUOS R2の特徴
  • 「AQUOS R2 Compact」、「AQUOS R3」との違い
  • 2022年1月現在の価格

などをまとめて紹介していきます!

AQUOS R2のスペック

まずは、AQUOS R2のの主なスペックを見てみましょう。

  • コンパクトモデルの「AQUOS R2」
  • 後継機種の「AQUOS R3」

のスペックも併せて記載しました。

AQUOS R2 AQUOS R2 Compact AQUOS R3
発売日 2018年6月 2019年1月 2019年5月
カラーバリエーション プレミアムブラック
プラチナホワイト
ローズレッド
ピンクゴールド
ブルーシルバー
スモーキーグリーン
ディープホワイト
ピュアブラック
プレミアムブラック
プラチナホワイト
エレガントグリーン
サイズ 高さ:156mm
幅:74mm
厚さ:9.0mm
高さ:131mm
幅:64mm
厚さ:9.3mm
高さ:156mm
幅:74mm
厚さ:8.9m
重量 181g 135g 185g
ディスプレイ 6.0インチ IGZO液晶
3,040×1,440
最大100Hzのリフレッシュレート
5.2インチ IGZO液晶
2,280×1,080
最大120Hzのリフレッシュレート
6.2インチ Pro IGZO液晶
3,120×1,440
最大120Hzのリフレッシュレート
メイン(背面)カメラ 標準:2,260万画素(F1.9)
ドラマティックワイド:1,630万画素(F2.4)
標準:2260万画素(F1.9) 標準:1,220万画素(F1.7)
ドラマティックワイド:2,010万画素(F2.4)
イン(前面)カメラ 1,630万画素(F2.0) 800万画素(F2.2) 1,630万画素(F2.0)
チップ Qualcomm Snapdragon 845 Qualcomm Snapdragon 845 Qualcomm Snapdragon 855
メモリ(RAM) 4GB 4GB 6GB
ストレージ(ROM) 64GB 64GB 128GB
microSD 対応(最大512GB) 対応(最大512GB) 対応(最大512GB)
バッテリー 3,130mAh 2,500mAh 3,200mAh
急速充電 対応 対応 対応
ワイヤレス充電 非対応 非対応 対応
生体認証 指紋認証 指紋認証/顔認証 指紋認証/顔認証
防水・防塵 対応(IP68) 対応(IP68) 対応(IP68)
おサイフケータイ(FeliCa) 対応 対応 対応
スピーカー モノラル モノラル ステレオ
イヤホンジャック あり あり あり
デュアルSIM 非対応 非対応 非対応
5G 非対応 非対応 非対応

太字はAQUOS R2との主な違い

AQUOS R2は、高性能ディスプレイや「ドラマティックワイドカメラ」が魅力の機種です。

後継機種のAQUOS R3は、AQUOS R2の特徴はそのままに、基本性能が底上げされています。

ここからは、AQUOS R2の特徴の中から次のポイントに注目して、詳しく解説していきます。

  • デザイン
  • ディスプレイ
  • 処理性能
  • ストレージ
  • カメラ
  • バッテリー
  • 生体認証
  • その他の機能

デザイン

カラーバリエーション プレミアムブラック
プラチナホワイト
ローズレッド
ピンクゴールド
ブルーシルバー
サイズ 高さ:156mm
幅:74mm
厚さ:9.0mm
重量 181g

AQUOS R2は、3Dガラスや金属フレームを組み合わせて、持ちやすさと上質感を両立しています。

2018年の「グッドデザイン賞」を受賞しました。

サイズ感はやや大きめなので、片手操作にはあまり向きません。

ディスプレイ

ディスプレイ 6.0インチ IGZO液晶
3,040×1,440
最大100Hzのリフレッシュレート

AQUOS R2の大きな特長の一つが、「IGZO液晶ディスプレイ」です。
解像度やリフレッシュレートが高く、2022年現在から見ても上位のスペックを誇ります。

画面表示に関しては、満足できる方が多いでしょう。

処理性能

SoC

チップ Qualcomm Snapdragon 845
メモリ(RAM) 4GB

AQUOS R2に搭載されているチップは「Snapdragon 845」。

性能の目安としては、2022年のミドルレンジスマートフォンの同等以上です。

動画鑑賞やSNS、Web検索、軽めのゲームといった幅広いシーンでおおむね快適に動作します。

ベンチマークアプリ「AnTuTu」のスコアは、30万点後半ほどのようです。

ストレージ

ストレージ(ROM) 64GB
microSD 対応(最大512GB)

AQUOS R2の内蔵ストレージは64GB。

2022年現在から見ると容量は少なめなので、必要に応じてmicroSDカードを併用されるといいでしょう。

カメラ

カメラ

メイン(背面)カメラ 標準:2,260万画素(F1.9)
ドラマティックワイド:1,630万画素(F2.4)
イン(前面)カメラ 1,630万画素(F2.0)

AQUOS R2は、動画専用の「ドラマティックワイドカメラ」を搭載しています。
その名のとおり、ワイドで躍動感のある動画を撮影可能(画角は最大9mm相当)。

標準カメラと連動して、動画と静止画を同時に記録できるところもポイントです。

カメラの画質自体は、とくにいいわけではありませんが、工夫次第では活躍してくれそうですね。

バッテリー

バッテリー 3,130mAh
急速充電 対応
ワイヤレス充電 非対応

AQUOS R2のバッテリー容量は「3,130mAh」。
画面性能や処理性能を考慮すると、「容量はやや少なめ」といえそうです。

利用頻度の高い方は、充電環境を用意しておいたほうがいいでしょう。

生体認証

生体認証 指紋認証

AQUOS R2は、指紋認証に対応しています(顔認証には非対応)。

正面下部に専用センサーがあるので、触れやすく、使いやすさにも定評があります。

その他の機能

防水・防塵 対応(IP68)
おサイフケータイ(FeliCa) 対応
スピーカー モノラル
イヤホンジャック あり
デュアルSIM 非対応
5G 非対応

AQUOS R2は、「防水・防塵」、「おサイフケータイ」といった便利機能に対応しています。

防水性能は最高レベルの「IP68」。
多少の水濡れや砂埃は気にせず利用できます。

2022年ではすっかり珍しくなった「イヤホンジャック」や「ワンセグ/フルセグ」に対応しているのもうれしいポイントです。

AQUOS R2の価格

2022年1月現在、AQUOS R2の販売状況は下記のとおりです。

新品 ドコモ(SH-03K) 販売終了
au(SHV42) 販売終了
ソフトバンク 販売終了
中古 中古販売サイト(平均) 14,788 円(目立った傷や汚れがないもの)
※中古販売サイト相場価格は記事作成時の2022年1月時点の価格を記載しています。こちらは楽天市場やYahoo!ショッピングなどで販売されている端末の取引価格を「にこスマ」が独自に収集し、おおよその平均価格を掲載しています。詳細はにこスマ通信・価格検索ページをご覧ください。

【まとめ】AQUOS R2はライトユーザーにおすすめ

AQUOS R2は、高性能ディスプレイや「ドラマティックワイドカメラ」が魅力の機種です。
2022年現在でも幅広いシーンで快適に動作するので、

  • 「ゲームはあまり遊ばない」
  • 「カメラにはこだわらない」
  • 「イヤホンジャックやワンセグ/フルセグが欲しい」

という方におすすめできます!

AQUOS R2を実際に使っている人たちの口コミは、下記の記事からご覧いただけます。

【レビュー】AQUOS R2の評価・口コミを紹介!2022年でも使える?
「AQUOS R2」は、2018年6月に発売されたSAHRPのハイエンドスマートフォンです。 高性能ディスプレイや「ドラマティックワイドカメラ」が魅力の機種です。 この記事では、2022年現在AQUOS R2の購入を検討されている方に向...

より高い性能を求められる方は、後継機種の「AQUOS R3」や、最新の 「AQUOS R6」も検討されてみてください。

中古スマホを購入するなら「にこスマ」!

にこスマでは、Google PixelシリーズやiPhoneシリーズなど、中古スマートフォンを取り扱っています。

すべての商品を丁寧に検品・クリーニングし、商品ページでは商品の詳しい状態をご覧いただけます
また、もし到着した端末に問題がございましたら、30日以内であれば無料で返品が可能です。

ぜひ、この機会ににこスマでスマホをチェックしてみてください。

中古スマホ販売専門店 にこスマ