にこスマ通信

iPhone・Android・スマホの役立つ情報をお届け!

iPhone 14シリーズの充電端子はLightning|USB Type-Cはいつから?

2022年9月8日、iPhone 14シリーズが発表されました。

【速報】iPhone 14シリーズの全機種を比較|スペックや価格など | にこスマ通信
日本時間の9月8日未明、「iPhone 14」シリーズが発表されました。 予約開始日時:2022年9月9日(金)21時 発売日:2022年9月16日(金) ※iPhone 14 Plusのみ2022年10月7日(金)発売 従来の「min

iPhone 14シリーズでは、13シリーズから引き続き、充電端子にLightningが採用されています。

この記事では、「Lightningが廃止される(USB Type-Cが採用される)可能性はある?」と疑問をお持ちの方に向けて、

  • iPhoneにUSB Type-Cが採用されない理由
  • 今後の展望

などをお伝えしていきます。

商品一覧はこちら

iPhone 14シリーズは引き続きLightningを採用

iPhone 14シリーズでは、13シリーズから引き続きLightning端子を採用しています。

iPadの一部モデルやAndroidスマートフォンの多くで採用されているUSB Type-Cの採用は、今年も見送られました。

iPhoneシリーズでUSB Type-Cが採用されない理由

Lightning端子は、2012年に発売されたiPhone 5シリーズで初めて採用されました。
従来の「Dockコネクタ」と比べて格段にコンパクトになり、また同時期に多くのAndroidスマートフォンで採用されていた「micro-USB Type-B」と比べても裏表を気にする必要が無いなど、多くのメリットがありました。

2022年現在では、汎用性や転送速度などの面で勝るUSB Type-Cが主流になり、Lightning端子の古さが目立つようになりました。

そんな状況の中、AppleがiPhoneシリーズでLightning端子を採用し続ける理由としては、下記の2つが考えられます。

  • 10年間で築き上げたエコシステムの利便性
  • 「MFi認証」によるライセンス料

Lightning端子に対応したアクセサリーが世界中で普及してします。
またAppleがサードパーティー製のアクセサリーの品質を保証する「MFi認証」によってライセンス料が得られます。

Appleとしては、iPhoneのLightning端子を積極的に廃止する理由がないと言えるでしょう。

Lightning端子は2024年秋までに廃止される!?

2022年6月7日、欧州議会がEU圏内のモバイルデバイスの充電端子をUSB Type-Cに統一すると発表しました。
施行時期にもよりますが、2024年の秋には、USB Type-Cの採用が義務づけられる方針です。

EUの動きに合わせて、遅くとも2024年秋に発売されるiPhone 16シリーズ(仮)では、Lightning端子が廃止される可能性が高いでしょう。

まとめ

iPhone 14シリーズでは、13シリーズから引き続きLightning端子を採用しています。
EUがUSB Type-Cの採用を義務づける方針を固めたため、早ければ2023年、遅くとも2024年に発売されるiPhoneでは、Lightning端子が廃止される可能性が高いと言えるでしょう。

iPhone 14シリーズの詳しいスペックは、下記の記事からご覧いただけます。

【速報】iPhone 14シリーズの全機種を比較|スペックや価格など | にこスマ通信
日本時間の9月8日未明、「iPhone 14」シリーズが発表されました。 予約開始日時:2022年9月9日(金)21時 発売日:2022年9月16日(金) ※iPhone 14 Plusのみ2022年10月7日(金)発売 従来の「min

中古iPhone・Androidスマホをお探しの方へ

当サイト「にこスマ」は、高品質・安心・低価格が3拍子そろった中古スマホ販売サイトです。

  • 全商品「SIMロック」なし
  • 詳細なコンディションを確認可能
  • 1年間の無料返品交換保証

iPhone・Androidスマートフォンともに、豊富に取りそろえております。
ぜひお気に入りの一台を探してみてください!

商品一覧はこちら