にこスマ通信

iPhone・Android・スマホの役立つ情報をお届け!

iPhoneの寿命は3年!?買い替えを検討すべきタイミングを紹介

この記事では、

「iPhoneの寿命ってどれくらい?」
「どのタイミングで買い替えればいいの?」

という疑問をお持ちの方に向けて、

  • iPhoneの寿命の目安
  • iPhoneが寿命を迎えたときの対処法

を紹介していきます!

iPhoneの寿命は3年!?買い替えを検討すべき5つのタイミング

AppleはiPhoneの使用年数を「3年」に設定しています。
ただしApple自身が記載しているように、実際には3年より長く使える場合がほとんどのようです。

1人目による所有を基準にした使用年数を、macOSまたはtvOSを搭載したデバイスは4年、iOS、iPadOSまたはwatchOSを搭載したデバイスは3年にするモデルを採用しています。ほとんどのApple製品は耐用年数がこれよりも長く、多くの場合1人目の所有者から別のユーザーに譲渡または転売されるか、Appleによって回収されます。

引用:Apple「環境のためのAppleの取り組みに関する質問に詳しくお答えします。

では、どのようなタイミングでiPhoneの買い替えれば良いのでしょうか?
買い替えを検討すべきタイミングは、下記の5つです。

  • 故障したとき
  • バッテリーが劣化したとき
  • サポート対象外になったとき
  • 性能不足を感じる場面が増えたとき
  • 端末代の支払を終えたとき

それぞれ詳しく見て見ましょう。

故障したとき

画面割れや水没などで故障した場合は、修理や交換が必要です。

修理・交換費用が高額になる場合は、買い替えも検討されてみてください。

iPhoneが水没したときの対処法|応急処置から修理・交換まで | にこスマ通信
常に持ち歩くiPhoneには、「飲み物をこぼしてしまう」「トイレに落としてしまう」といった水のトラブルがつきものです。 この記事では、iPhoneが水濡れしてしまったときの 水没有無の確認方法 応急処置とやってはいけないNG行為 修理・交

バッテリーが劣化したとき

バッテリーの減りが早くなったり、アプリの動作が重く感じたりする場合は、バッテリーの劣化が進んでいる可能性があります。

「設定」>「バッテリー」>「バッテリーの状態」から、バッテリーの状態を確認してみましょう。

下記に当てはまる場合は、バッテリーの劣化が進んでいるため、バッテリー交換か買い替えを検討してみてください。

  • 「バッテリーの最大容量」が80%未満
  • 「ピークパフォーマンス性能」が制限されている
  • 「バッテリーに関する重要なメッセージ」が表示されている

サポート対象外になったとき

お使いのiPhoneが最新のiOSのサポート対象外になったときも、買い替えのタイミングの一つです。

最新のiOSが利用できなくなっても、使い続けることはできますが、「最新の機能が利用できない」、「少しずつ非対応のアプリが増えていく」といったデメリットがあります。

iPhoneの場合、発売からおおむね5,6年ほどは、最新のiOSが利用できます。

2022年最新のiOS16に対応している機種は、2017年に発売されたiPhone 8シリーズ・X以降です。

iPhone 6s以降のiOS対応状況を、表にまとめました。

2015年 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年 2021年 2022年 2023年
(予想)
iOS9 iOS10 iOS11 iOS12 iOS13 iOS14 iOS15 iOS16 iOS17
iPhone 6Sシリーズ × ×
iPhone SE × ×
iPhone 7シリーズ - × ×
iPhone 8シリーズ - -
iPhone X - -
iPhone XR/XSシリーズ - - -
iPhone 11シリーズ - - - -
iPhone SE(第2世代) - - - -
iPhone 12シリーズ - - - - -
iPhone 13シリーズ - - - - - -
iPhone SE(第3世代) - - - - - -
iPhone 14シリーズ - - - - - - ×

※表は横スクロールできます

またApple製品は、販売終了から5年以上が経過すると、「ビンテージ製品」「オブソリート製品」となり、修理を含めたサポートが受けられなくなります。

2022年11月現在の状況は、下記のとおりです。

販売終了からの期間 対象機種
ビンテージ製品 5年〜7年 iPhone 4 (8 GB)
iPhone 5
iPhone 5S
iPhone 6
iPhone 6 Plus
iPhone 6s (32 GB)
iPhone 6s Plus (32 GB)
オブソリート製品 7年以上 iPhone
iPhone 3G (中国本土) 8 GB
iPhone 3G 8 GB、16 GB
iPhone 3GS (中国本土) 16 GB、32 GB
iPhone 3GS (8GB)
iPhone 3GS 16 GB、32 GB
iPhone 4 CDMA
iPhone 4 CDMA (8 GB)
iPhone 4 16 GB、32 GB
iPhone 4 GSM (8 GB)、ブラック
iPhone 4s
iPhone 4S (8 GB)
iPhone 5c

参考:保証期限の切れた Apple 製品の修理サービスを受ける

性能不足を感じる場面が増えたとき

iPhoneを使用していて、動作の重さや発熱が頻繁に気になるようになったら、買い替えのタイミングかもしれません。

とくに高画質なゲームや動画処理には、高い処理性能が必要です。
iPhoneの動作が重い原因と対処法を徹底解説!ウイルス?寿命? | にこスマ通信
iPhoneを使っていると、 「アプリの動作が遅い」 「画面が固まる」 ということがあるかもしれません。 動作が重くなる原因はさまざまで、原因に応じた対処が必要です。 この記事では、iPhoneの動作が重くなる主な原因と対処法を紹介しま
iPhoneが熱くなる原因と対策を徹底解説!ウイルス?寿命? | にこスマ通信
iPhoneを使っていて「急に本体が熱くなった」という経験をお持ちの方は多いでしょう。 電子機器が熱を発するのは自然なことですが、異常な熱さは故障の原因になります。 この記事では、iPhoneが熱くなる主な「原因」と「対処法」を紹介しますの

端末代の支払を終えたとき

iPhoneの端末代金の支払を終えたときも、買い替えのタイミングの一つです。

各社の「端末購入プログラム」を利用する場合は、購入から2年程度で、次の機種に乗り換えるといいでしょう。

端末購入プログラムについては、下記の記事をご覧ください。

キャリアの「端末購入プログラム」を徹底解説!本当にお得なの? | にこスマ通信
各キャリアには、最新スマホをお得に購入できる「端末購入プログラム」という仕組みがあります。 この記事では、購入プログラムの利用を検討されている方に向けて、 端末購入プログラムとは 各キャリアの端末購入プログラムの特徴 端末購入プログラムの

iPhoneが寿命を迎えたときの対処法

iPhoneが寿命を迎えたときの対処法は、次の2つです。

  • 修理・交換する
  • 買い換える

修理・交換する

お使いのiPhoneの性能・機能に大きな不満がない場合は、修理・交換によって使い続けてもいいでしょう。

各社の保証サービスに加入している場合は、修理・交換にかかる費用を負担を抑えられます。

案内ページ
Apple AppleCare+ for iPhone
ドコモ ケータイ補償サービス
au 故障紛失サポート with AppleCare Services & iCloud+
ソフトバンク あんしん保証パック with AppleCare Services

一例として、Apple StoreでのiPhone 13の修理・交換にかかる費用(2022年11月現在)を見てみましょう。

補償あり 補償なし
画面のひび割れ(前面のみ) 3,700円 42,800円
背面ガラスの損傷 3,700円 53,800円
バッテリー 無料 9,800円
背面カメラ 無料 21,800円
その他の損傷 12,900円 68,800円
iPhoneが水没したときの対処法|応急処置から修理・交換まで | にこスマ通信
常に持ち歩くiPhoneには、「飲み物をこぼしてしまう」「トイレに落としてしまう」といった水のトラブルがつきものです。 この記事では、iPhoneが水濡れしてしまったときの 水没有無の確認方法 応急処置とやってはいけないNG行為 修理・交

買い替える

  • バッテリー交換の費用が高額になる
  • お使いの機種の性能・機能に不満がある

という場合は、買い替えも検討されてみてください。

中古スマホであれば、お得に購入できます。

【2022年】中古iPhoneのおすすめ機種5選!【格安SIMにも】 | にこスマ通信
「iPhoneをお得に手に入れたい」という方には、中古のiPhoneがおすすめです。 この記事では、中古で購入できるiPhoneの中から、とくにコストパフォーマンスが高い機種を、目的別に紹介していきます! 2022年3月現在の中古価格相場も
【2022年3月】中古スマホのおすすめ機種9選!【格安SIMにも】 | にこスマ通信
中古スマホの一番のメリットは、「新品よりもお得に購入できること」です。 とくに狙い目なのは、数年前のハイエンドスマートフォン。 最新のミドルレンジ(中価格帯)スマートフォンよりも、高性能・高機能な機種が、より安く購入できる場合があります。

買取り・下取りサービスを利用すれば、買い替え費用をさらに抑えることができます。

【比較】iPhone・Androidスマホの買取業者10選|どこで売るのがおすすめ? | にこスマ通信
不要になったiPhone・Androidスマホの売却を検討されている方に向けて、 スマホ買取業者の選び方 スマホ買取業者10社の特徴 買取り前にやること など、買取り前に確認しておきたい情報をまとめて解説していきます! iPhone
iPhone・Androidスマホの下取りサービスまとめ|手順や還元方法を紹介 | にこスマ通信
iPhoneやAndroidスマホの下取りを検討されている方に向けて、 下取りと買取りの違い 各社下取りサービスの特徴 下取り前にやること など、下取りに関する情報をまとめて解説していきます。 本記事をご覧いただければ、お持ちのiPho

まとめ

iPhoneの買い替えを検討すべきタイミングは、下記の5つです。

  • 故障したとき
  • バッテリーが劣化したとき
  • サポート対象外になったとき
  • 性能不足を感じる場面が増えたとき
  • 端末代の支払を終えたとき

iPhoneの買い替え費用をできるだけ抑えたい方は、中古スマホや買取り・下取りサービスを検討されてみてください!

中古スマホ の購入はぜひ「にこスマ」で!

にこスマ

当サイト「にこスマ」は、高品質・安心・低価格が3拍子そろった中古スマホ販売サイトです。

  • 全商品「SIMロック」なし
  • 詳細なコンディションを確認可能
  • 1年間の無料返品交換保証

iPhone・Androidスマートフォンともに、豊富に取りそろえております。
ぜひお気に入りの一台を探してみてください!

にこスマ|伊藤忠商事グループ

【iPhone】
iPhoneシリーズの在庫一覧

【Androidスマホ】
Xperiaシリーズの在庫一覧
AQUOSシリーズの在庫一覧
Galaxyシリーズの在庫一覧
OPPOシリーズの在庫一覧
Pixelシリーズの在庫一覧