にこスマ通信

iPhone・Android・スマホの役立つ情報をお届け!

【2022年6月】iPhone 13シリーズの買取相場まとめ|注意点や確認事項も

この記事では、iPhone 13シリーズ(13/13 mini/13 Pro/13 Pro Max)の売却を検討されている方に向けて、

  • 機種・容量を確認する方法
  • 2022年6月現在の買取相場
  • 査定基準
  • 売る前にやること

など、必要な情報をまとめて解説していきます!

商品一覧はこちら

iPhoneの機種・容量を確認する方法

iPhoneは見た目が似ていたり、同じ機種でも本体容量が違ったりするので、念のため確認しておくといいでしょう。

iPhoneの機種名の見分け方

iPhoneの機種名は、機種ごとに割り振られた「モデル番号」から見分けることができます。

機種名 モデル番号
iPhone 13 A2482、A2631 (日本)、A2634、A2635、A2633
iPhone 13 mini A2481、A2626 (日本)、A2629、A2630、A2628
iPhone 13 Pro A2483、A2636 (日本)、A2639、A2640、A2638
iPhone 13 Pro Max A2484、A2641 (日本)、A2644、A2645、A2643

(参考:iPhone のモデルを識別する|Apple

下記に該当する端末は海外モデルです。
「A2631」以外のiPhone 13と、「A2626」以外のiPhone 13 mini、「A2636」以外のiPhone 13 Pro、「A2641」以外のiPhone 13 Pro Max。
海外モデルは買取できない業者もあるので、併せて確認しておくといいでしょう。

iPhone 13シリーズのモデル番号は、下記の手順で確認できます。

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「一般」>「情報」の順にタップする
  3. 「モデル」の部分をタップするとモデル番号が表示される
iPhone、iPad、iPod touch のモデル番号を調べる
iOS デバイスのモデル番号の調べ方をご案内します。

その他の特徴

その他、 iPhone 13シリーズには下記のような特徴があります。

iPhone 13

特徴:iPhone 13 は 6.1 インチ1 の Super Retina XDR オールスクリーンディスプレイを搭載しています。背面はガラス製、フレーム周りは平らな形状の酸化皮膜処理したアルミニウム製です。サイドボタンはデバイスの右側にあります。背面にデュアル 12MP カメラ (超広角と広角) があります。背面にデュアル LED True Tone フラッシュを搭載し、左側面には nano-SIM (4FF) カードを挿入できる SIM トレイがあります。IMEI は SIM トレイに刻印されています。

(引用:iPhone のモデルを識別する|Apple

iPhone 13 Pro

特徴:iPhone 13 Pro は、ProMotion を採用した 6.1 インチ1 の Super Retina XDR オールスクリーンディスプレイを搭載しています。背面はテクスチャードマットガラス製、フレーム周りは平らな形状のステンレススチール製です。サイドボタンはデバイスの右側にあります。背面にトリプル 12MP カメラ (超広角、広角、望遠) があります。背面に LiDAR スキャナがあります。背面にデュアル LED True Tone フラッシュを搭載し、左側面には nano-SIM (4FF) カードを挿入できる SIM トレイがあります。IMEI は SIM トレイに刻印されています。

(引用:iPhone のモデルを識別する|Apple

ストレージ容量の見分け方

ストレージ容量(GB)の見分け方は、下記のとおりです。

  1. 「設定」アプリを開く
  2. 「一般」>「情報」の順にタップする
  3. 「容量」の項目を確認する
iPhone 13/13 miniの容量は、128/256/512GBのいずれか、13Pro/13 Pro Maxの容量は、128/256/512GB/1TBのいずれかです。

iPhone 13シリーズの買取相場

2022年6月現在の、iPhone 13シリーズの買取相場をまとめました(いずれも上限)。

端末の状態や付属品の有無によって、最終的な買取価格は変動します。

iPhone 13

iPhone 13は、じゃんぱらの買取価格が高い傾向にあります。

iPhone 13 128GB 256GB 512GB
イオシス 65,000円 69,000円 76,000円
じゃんぱら 76,000円 82,000円 90,000円
ゲオモバイル 73,700円 78,100円 84,700円
平均 71,567円 76,367円 83,567円

iPhone 13 mini

iPhone 13 miniも、じゃんぱらの買取価格が高い傾向にあります。

iPhone 13 mini 128GB 256GB 512GB
イオシス 54,000円 61,000円 69,000円
じゃんぱら 64,000円 72,000円 82,000円
ゲオモバイル 51,700円 60,500円 66,000円
平均 56,567円 64,500円 72,333円

iPhone 13 Pro

iPhone 13 Proも、じゃんぱらの買取価格が高い傾向にあります。

iPhone 13 Pro 128GB 256GB 512GB 1TB
イオシス 82,000円 91,000円 102,000円 114,000円
じゃんぱら 98,000円 108,000円 123,000円 136,000円
ゲオモバイル 93,500円 104,500円 116,600円 123,200円
平均 91,167円 101,167円 113,867円 124,400円

iPhone 13 Pro Max

iPhone 13 Pro Maxも、じゃんぱらの買取価格が高い傾向にあります。

iPhone 13 Pro Max 128GB 256GB 512GB 1TB
イオシス 93,000円 99,000円 114,000円 123,000円
じゃんぱら 110,000円 118,000円 136,000円 146,000円
ゲオモバイル 105,600円 116,600円 127,600円 137,500円
平均 102,867円 111,200円 125,867円 135,500円

iPhone 13シリーズの下取相場

2022年6月現在、iPhone 13シリーズは最新シリーズのため、下取は行われていません。

他の機種の買取相場は、下記の記事からご覧いただけます。

【2022年6月】iPhoneの買取相場まとめ|どこで売るればいいの? | にこスマ通信
お手持ちのiPhoneの売却(買取り・下取り)を検討されている方に向けて、 2022年6月現在の買取価格・下取価格 最高価格の業者 をモデルごとにまとめました。 「どこで売ればいいの?」というお悩みを解決できる内容になっているので、ぜひ

査定基準|こんな場合でも売れる?

iPhoneを売却する際には、査定があります。
状況によっては、「売れるかどうか心配・・・」という場合もあると思います。

次の3つの場合について見てみましょう。

  • 箱や付属品がない
  • 画面が割れている
  • 分割払いが終わっていない

箱や付属品がない

箱や付属品がなくても、買取り・下取りは可能です。

査定価格への影響はケースバイケースです。
欠品1点につき500円から2,000円程度、減額される場合があります。

箱や付属品がない場合の買取り・下取りについては、下記の記事をご覧ください。

箱や付属品はなくてもiPhone・スマホは売れる|買取価格への影響は? | にこスマ通信
iPhoneやAndroidスマホを機種変更する際、使わなくなった機種はできるだけ高い値段で売れた方がうれしいですよね。 ですが、スマホを購入した際の箱や充電器などの付属品が手元にないということもあるでしょう。 今回の記事では、 「箱や付

画面が割れている

iPhoneの場合、画面が割れていても買取り・下取り可能な場合が多いです。

業者によっては、画面以外が損傷していたり、電源が入らなかったりする「ジャンク品」でも値段を付けてくれることがあります。

壊れたスマートフォンの買取り・下取りについては、下記の記事をご覧ください。

【比較】壊れたiPhone・スマホを売る方法|画面割れでも大丈夫! | にこスマ通信
本記事では、「壊れてしまったスマホ(ジャンク品)を手放したい」という方に向けて、壊れたiPhone・Androidスマホを安心して売る方法を紹介していきます! お持ちのスマホが売れるかどうかはもちろん、「修理と買い換えってどっちがいいの?」

分割払いが終わっていない

分割払いが終わっていないiPhoneも、条件によっては買取り・下取り可能です。

分割払いの有無が査定に影響しない場合もあります。

分割払いが終わっていないスマートフォンの買取り・下取りについては、下記の記事をご覧ください。

残債あり(分割払い中)のiPhone・スマホは売れる?|確認方法を解説 | にこスマ通信
本記事では、 「分割払いが残っているけど機種変更したい」 「残債ありのスマホを売る方法を知りたい」 とお悩みの方に向けて、 分割払い中のスマホを売る方法 分割払いの状況を確認する方法 を、解説していきます。 本記事を最後までご覧いた

iPhoneを売る前にやること

iPhoneを売却する前に、下記の項目を確認しておきましょう。

  1. SIMロックを解除する【推奨】
  2. ネットワーク利用制限を確認する【必須】
  3. バックアップ・データ移行をする【推奨】
  4. 初期化する【必須】
  5. SIMカードを抜く【必須】
とくにネットワーク利用制限がかかっている端末は「赤ロム」とよばれ、売却は困難です。

具体的な方法は、下記の記事からご覧いただけます。

【必読】iPhoneを売る前にやることを徹底解説!初期化の方法や注意点など | にこスマ通信
この記事では、iPhoneの売却を検討されている方に向けて、 iPhoneを手放す前にやるべきこと 必ず確認しておきたい注意点 初期化の手順 などを解説していきます。 順番どおりに進めれば安心して売却できる状態になるので、ぜひご覧になっ
上記にくわえて充電しておくと、査定の際、動作確認がスムーズになります。

【まとめ】使わなくなったスマホを有効活用しよう

使わなくなったスマホは、買取り・下取りを検討されてみてください。

よほど端末の状態が悪くないかぎり、売却することができます。

その他、使わなくなったスマホを有効活用する方法としては、「サブ機」として使う方法があげられます。
サブ機については、下記の記事で詳しく解説しているので、興味のある方はご覧になってみてください。

スマホの「サブ機」とは?メリット・デメリットや活用方法を徹底解説! | にこスマ通信
本記事では、 「サブ機って何?」 「サブ機の使い方を知りたい」 という方に向けて、 サブ機のメリット・デメリット サブ機の活用方法 を、わかりやすく紹介していきます。 「サブ機」とは|2台持ちのメリット・デメリット スマートフォ

iPhone・Androidスマホの売却を検討されている方へ

弊社「Belong」では、中古スマホの買取りもいたしております。
状態がいい端末はもちろん、

  • 付属品がない
  • 画面が割れている
  • 分割払いが終わっていない

という場合も、ぜひご相談ください!

下記のページから、かんたんな質問にお答えいただくだけで、見積金額がわかります。

中古iPhone買取サービス|Belong買取
中古iPhoneの買取ならBelong。Web上で本人確認を行い、端末を発送するだけで買取が可能です!