にこスマ通信

iPhone・Android・スマホの役立つ情報をお届け!

どこが違う?OPPO「Reno A」と「Reno3 A」、「A73」を徹底比較

「OPPO Reno A」は、2019年10月に発売されたミドルレンジ(中価格帯)のスマートフォンです。

比較的大きなディスプレイや、充実した機能が魅力の機種です。

この記事では、Reno Aと、Reno Aよりあとに発売された下記の2つの機種

  • OPPO Reno3 A
  • OPPO A73

それぞれの違いや、2022年1月現在の価格を徹底解説していきます!

Reno AとReno3 A、A73のスペック・特徴

まずは、「Reno A」と「Reno3 A」、「A73」の主なスペックを見てみましょう。

OPPO Reno A OPPO Reno3 A OPPO A73
発売時期 2019年10月 2020年6月 2020年11月
取扱キャリア 楽天モバイル 楽天モバイル
UQモバイル
ワイモバイル
楽天モバイル
カラーバリエーション ブルー
ブラック
ブラック
ホワイト
ネービーブルー
ダイナミック オレンジ
サイズ(高さ×幅×厚さ) 158.4×75.4×7.8mm 160.9×74.1×8.2mm 約159.8×約72.9×約7.45mm
重量 約169.5g 約175g 約162g
ディスプレイ 約6.4インチ 有機EL
2,340 × 1,080ピクセル(FHD+)
約6.44インチ 有機EL
2,400×1,080ピクセル(FHD+)
約6.44インチ 有機EL
2,400×1,080ピクセル(FHD+)
アウトカメラ 広角:1,600万画素(F1.7)
ポートレート:200万画素(F2.4)
広角:約4,800万画素(F1.7)
超広角:約800万画素(F2.2)
モノクロ:約200万画素(F2.4)
ポートレート:約200万画素(F2.4)
広角:1,600万画素(F2.2)
超広角:800万画素(F2.2)
モノクロ:200万画素(F2.4)
ポートレート:200万画素(F2.4)
インカメラ 2,500万画素(F2.0) 約1,600万画素(F2.0) 約1,600万画素(F2.2)
OS ColorOS 6(Android 9ベース) ColorOS 7.1(Android 10ベース) ColorOS 7.2(Android 10ベース)
チップ Qualcomm Snapdragon 710
オクタコア 2.2GHz + 1.7GHz
Qualcomm Snapdragon 665
オクタコア 2GHz + 1.8GHz
Qualcomm Snapdragon 662
オクタコア 2GHz+1.8GHz
メモリ(RAM) 6GB 6GB 4GB
ストレージ容量 通常版:64GB
楽天モバイル版:128GB
128GB 64GB
外部記録媒体 microSDXC(最大 256GB) microSDXC(最大 256GB) microSDXC(最大 256GB)
バッテリー容量 約3,600mAh 4,025mAh 約4,000mAh
急速充電 非対応 対応 対応
ワイヤレス充電 非対応 非対応 非対応
防水・防塵 対応(IP67) 対応(IP68) 非対応
生体認証 指紋認証/顔認証 指紋認証/顔認証 指紋認証/顔認証
おサイフケータイ 対応 対応 非対応
スピーカー モノラル モノラル モノラル
イヤホンジャック あり あり あり
対応バンド 3G:1/2/4~6/8/19
4G(FDD):1~5/7/8/18/19/26/28
4G(TD):38~41
5G:非対応
3G:1/2/4~6/8/19
4G(FDD):1~5/7/8/18~20/26/28
4G(TD):38~41
5G:非対応
3G:1/2/4~6/8/19
4G(FDD):1~5/7/8/18/19/26/28
4G(TD):38/41
5G:非対応
デュアルSIM 対応(nanoSIM×2)
※2枚目はmicroSDスロットと兼用
対応(nanoSIM×2)
※2枚目はmicroSDスロットと兼用
※ワイモバイル版はデュアルSIMに非対応
対応(nanoSIM+eSIM)

太字はそれぞれの機種の主な違い

それぞれの機種の特徴は、下記のとおりです。

Reno A

OPPOスマートフォンのミドルレンジ(中価格帯)モデル。
比較的大きなディスプレイや、充実した機能が魅力です。

【2022年版】OPPO Reno Aのスペックや価格を徹底解説! | にこスマ通信
「OPPO Reno A」は、2019年10月に発売されたミドルレンジ(中価格帯)のスマートフォンです。 比較的大きなディスプレイや、充実した機能が魅力の機種です。 今回の記事では、Reno Aの購入を検討されている方に向けて OPPO

Reno3 A

Reno Aの後継機種。
カメラやバッテリーが強化されましたが、処理性能はReno Aから少し下がっています。

OPPO Reno3 Aの特徴(スペック・カメラ・値段)まとめ! | にこスマ通信
「OPPO Reno3 A」は、2020年に発売されたミドルレンジのスマートフォンです。 防水・防塵やおサイフケータイ、ディスプレイ指紋認証など、充実した機能を持ちながら安価で入手できるため、新品発売当初から人気があります。 この記事では、

A73

OPPOスマートフォンのエントリー(低価格)モデル。
Renoシリーズより性能・機能は控えめですが、ユニークなデザインや価格の安さが魅力の機種です。

OPPO A73のスペックや価格を徹底解説!楽天版との違いも | にこスマ通信
「OPPO A73」は、2020年11月20日に発売された低価格帯(エントリー)スマートフォンです。 薄型軽量なボディと、レザー調の背面が大きな特徴です。 今回の記事では、これからOPPO A73の購入を検討されている方に向けて OPPO

Reno AとReno3 A、A73の違い

ここからは、下記のポイントに注目しながら、それぞれの機種の違いを解説していきます。

  • デザイン
  • OS
  • ディスプレイ
  • カメラ
  • 処理性能
  • バッテリー
  • 生体認証
  • 防水・防塵
  • おサイフケータイ
  • 通信

デザイン

OPPO Reno A OPPO Reno3 A OPPO A73
カラーバリエーション ブルー
ブラック
ブラック
ホワイト
ネービーブルー
ダイナミック オレンジ
サイズ(高さ×幅×厚さ) 158.4×75.4×7.8mm 160.9×74.1×8.2mm 約159.8×約72.9×約7.45mm
重量 約169.5g 約175g 約162g

どの機種もサイズが大きめなので、片手操作には向きません。

iPhone 13 Pro Maxに近いサイズです。

A73はスマートフォンとしては珍しく、背面にレザー調の素材を採用しています。

OS

OPPO Reno A OPPO Reno3 A OPPO A73
OS ColorOS 6(Android 9ベース) ColorOS 7.1(Android 10ベース) ColorOS 7.2(Android 10ベース)

OPPOのスマートフォンには、Androidをカスタマイズした「ColorOS」が搭載されています。

できることや基本的な使い勝手は、Androidと変わりません。

Reno3 AとA73は、ColorOS 11(Android 11)にアップデート可能です。

ColorOS 11では、

  • UI(見た目)を自分好みにカスタマイズ
  • 「FlexDrop(フローティングウィンドウ)」
  • バッテリー充電の最適化

といった新しい機能が利用できます。

ディスプレイ

OPPO Reno A OPPO Reno3 A OPPO A73
ディスプレイ 約6.4インチ 有機EL
2,340 × 1,080ピクセル(FHD+)
約6.44インチ 有機EL
2,400×1,080ピクセル(FHD+)
約6.44インチ 有機EL
2,400×1,080ピクセル(FHD+)

ディスプレイは、どの機種も、比較的大きな約6.4インチ有機ELディスプレイを搭載しています。
いずれも水滴型のノッチを採用しており、正面から見たときの印象はほとんど変わりません。

カメラ

OPPO Reno A OPPO Reno3 A OPPO A73
アウトカメラ 広角:1,600万画素(F1.7)
ポートレート:200万画素(F2.4)
広角:約4,800万画素(F1.7)
超広角:約800万画素(F2.2)
モノクロ:約200万画素(F2.4)
ポートレート:約200万画素(F2.4)
広角:1,600万画素(F2.2)
超広角:800万画素(F2.2)
モノクロ:200万画素(F2.4)
ポートレート:200万画素(F2.4)
インカメラ 2,500万画素(F2.0) 約1,600万画素(F2.0) 約1,600万画素(F2.2)

カメラについては、大きな違いがあります。
Reno3 Aは、メイン(広角)カメラの画素数が高く、超広角カメラも搭載しているなど、3機種の中では一番充実しています。

Reno AとA73も、

  • 背景をぼかせる「ポートレートモード」
  • 暗いシーンでも明るく撮影できる「夜モード」

など、今どきの機能にはしっかり対応しています。

処理性能

OPPO Reno A OPPO Reno3 A OPPO A73
チップ Qualcomm Snapdragon 710
オクタコア 2.2GHz + 1.7GHz
Qualcomm Snapdragon 665
オクタコア 2GHz + 1.8GHz
Qualcomm Snapdragon 662
オクタコア 2GHz+1.8GHz
メモリ(RAM) 6GB 6GB 4GB

処理性能は、比較的チップ性能が高く、メモリを6GB搭載しているReno Aがやや有利です。

Reno 3AやA73も、動画鑑賞やSNS、Web検索といった幅広いシーンで、おおむね問題なく使用できます。

バッテリー

OPPO Reno A OPPO Reno3 A OPPO A73
バッテリー容量 約3,600mAh 4,025mAh 約4,000mAh
急速充電 非対応 対応 対応
ワイヤレス充電 非対応 非対応 非対応

Reno3 AとA73のバッテリー容量は、約4,000mAh。
画面サイズや処理性能を考慮しても「十分な容量」といえます。

生体認証

OPPO Reno A OPPO Reno3 A OPPO A73
生体認証 指紋認証/顔認証 指紋認証/顔認証 指紋認証/顔認証

どの機種も、指紋認証と顔認証の両方に対応しています。

指紋認証センサーはいずれも「ディスプレイ内蔵型(光学式)」です。

防水・防塵

OPPO Reno A OPPO Reno3 A OPPO A73
防水・防塵 対応(IP67) 対応(IP68) 非対応

Reno AとReno3 Aは、防水・防塵に対応しています。
どちらも多少の水濡れや砂埃は気にせず利用可能です。

とくにReno3 Aは、スマートフォンとしては最高レベルの防水(IPx8)に対応しています。

おサイフケータイ

OPPO Reno A OPPO Reno3 A OPPO A73
おサイフケータイ 対応 対応 非対応

Reno AとReno3 Aは、おサイフケータイ(FeliCa)に対応しています。

通信

OPPO Reno A OPPO Reno3 A OPPO A73
対応バンド 3G:1/2/4~6/8/19
4G(FDD):1~5/7/8/18/19/26/28
4G(TD):38~41
5G:非対応
3G:1/2/4~6/8/19
4G(FDD):1~5/7/8/18~20/26/28
4G(TD):38~41
5G:非対応
3G:1/2/4~6/8/19
4G(FDD):1~5/7/8/18/19/26/28
4G(TD):38/41
5G:非対応
デュアルSIM 対応(nanoSIM×2)
※2枚目はmicroSDスロットと兼用
対応(nanoSIM×2)
※2枚目はmicroSDスロットと兼用
※ワイモバイル版はデュアルSIMに非対応
対応(nanoSIM+eSIM)

どの機種も「デュアルSIM」に対応しています。

「プライベート用」と「仕事用」といった感じで、2枚のSIMを使い分けることが可能です。

Reno AとReno3 A、A73の価格

2022年1月現在、Reno AとReno3 A、A73、それぞれの販売状況は下記のとおりです。

OPPO Reno A OPPO Reno3 A OPPO A73
新品 64GB:18,980円~
128GB:販売終了
約26,000円~ 13,700円~
中古販売サイト(平均) 64GB:11,800円
(目立った傷や汚れがないもの)
128GB:15,367円
(目立った傷や汚れがないもの)
17,538円
(目立った傷や汚れがないもの)
12,436円
(未使用に近いもの)
※中古販売サイト相場価格は記事作成時の2022年1月時点の価格を記載しています。こちらは楽天市場やYahoo!ショッピングなどで販売されている端末の取引価格を「にこスマ」が独自に収集し、おおよその平均価格を掲載しています。詳細はにこスマ通信・価格検索ページをご覧ください。

【まとめ】それぞれの機種はこんな人におすすめ!

Reno AとReno3 A、A73、それぞれの特徴をまとめます。

Reno A

OPPOスマートフォンのミドルレンジ(中価格帯)モデル。
比較的大きなディスプレイや、充実した機能が魅力です。

【2022年版】OPPO Reno Aのスペックや価格を徹底解説! | にこスマ通信
「OPPO Reno A」は、2019年10月に発売されたミドルレンジ(中価格帯)のスマートフォンです。 比較的大きなディスプレイや、充実した機能が魅力の機種です。 今回の記事では、Reno Aの購入を検討されている方に向けて OPPO
  • 「カメラにはこだわらない」
  • 「軽めのゲームを遊ぶことがある」
  • 「防水・防塵やおサイフケータイが欲しい」

という方におすすめです!

Reno3 A

Reno Aの後継機種。
カメラやバッテリーが強化されましたが、処理性能はReno Aから少し下がっています。

OPPO Reno3 Aの特徴(スペック・カメラ・値段)まとめ! | にこスマ通信
「OPPO Reno3 A」は、2020年に発売されたミドルレンジのスマートフォンです。 防水・防塵やおサイフケータイ、ディスプレイ指紋認証など、充実した機能を持ちながら安価で入手できるため、新品発売当初から人気があります。 この記事では、
  • 「ゲームは遊ばない」
  • 「バッテリー持ちを重視したい」
  • 「防水・防塵やおサイフケータイが欲しい」

という方におすすめです!

Renoシリーズ最新モデルの「Reno5 A」では、性能・機能が底上げされています。

OPPO Reno5 Aのスペック・サイズ・カメラ・値段まとめ! | にこスマ通信
「Reno5 A」は2021年6月に発売されたOPPOの中価格帯(ミドルレンジ)スマートフォンです。 価格のわりに充実したスペック(マルチカメラや5Gなど)が魅力の機種です。 今回の記事では、これからReno5 Aの購入を検討されている方に

A73

OPPOスマートフォンのエントリー(低価格)モデル。
Renoシリーズより性能・機能は控えめですが、ユニークなデザインや価格の安さが魅力の機種です。

OPPO A73のスペックや価格を徹底解説!楽天版との違いも | にこスマ通信
「OPPO A73」は、2020年11月20日に発売された低価格帯(エントリー)スマートフォンです。 薄型軽量なボディと、レザー調の背面が大きな特徴です。 今回の記事では、これからOPPO A73の購入を検討されている方に向けて OPPO
  • 「ゲームは遊ばない」
  • 「バッテリー持ちを重視したい」
  • 「機能は最小限でいい」

という方におすすめです!

中古スマホを購入するなら「にこスマ」!

にこスマでは、Google PixelシリーズやiPhoneシリーズなど、中古スマートフォンを取り扱っています。

すべての商品を丁寧に検品・クリーニングし、商品ページでは商品の詳しい状態をご覧いただけます
また、もし到着した端末に問題がございましたら、30日以内であれば無料で返品が可能です。

ぜひ、この機会ににこスマでスマホをチェックしてみてください。

中古スマホ販売専門店 にこスマ