にこスマ通信

iPhone・Android・スマホの役立つ情報をお届け!

【レビュー】Xiaomi Redmi 9Tの評価・口コミを紹介!

Xiaomi「Redmi 9T」は、2021年2月に発売されたエントリー(低価格帯)スマートフォンです。

6,000mAhという超大容量バッテリーを搭載しています。

この記事では、これからXiaomi Redmi 9Tの購入を検討されている方に向けて、実際に使っている人たちの口コミ・評判を紹介していきます!

Xiaomi Redmi 9Tのスペック

まずはじめに、Xiaomi Redmi 9Tの主なスペックを見てみましょう。

発売日 2021年2月5日
カラーバリエーション オーシャングリーン
カーボングレー
サイズ 高さ:162.3mm
幅:77.3mm
厚さ:9.6mm
重量 198g
ディスプレイ 6.53インチ 液晶
2,340×1,080
最大60Hz
メイン(背面)カメラ 広角:4800万画素(F1.79)
超広角:800万画素(F2.2)
マクロ:200万画素(F2.4)
深度センサー:200万画素(F2.4)
イン(前面)カメラ 800万画素(F2.05)
チップ Qualcomm Snapdragon 662
メモリ(RAM) 4GB
ストレージ(ROM) 64GB/128GB
microSD 対応(最大512GB)
バッテリー 6,000mAh
急速充電 対応(最大18W)
ワイヤレス充電 非対応
生体認証 指紋認証/顔認証
防水・防塵 非対応(防滴には対応)
おサイフケータイ(FeliCa) 非対応
スピーカー ステレオ
イヤホンジャック あり
デュアルSIM 対応(nanoSIM×2)
対応バンド 3G:1/2/4~6/8/19
4G(LTE FDD):1~5/7/8/18~20/26/28
4G(LTE TDD):38/40/41
5G:非対応

Redmi 9Tの性能・機能はやや控えめですが、その分、安価に購入できます。
「6,000mAh」という超大容量バッテリーを搭載していることが最大の特長です。

Redmi 9Tのスペックや価格については、下記の記事で解説しているので、併せてご覧になってみてください。

Xiaomi Redmi 9Tのスペックや価格を徹底解説!
Xiaomi「Redmi 9T」は、2021年2月に発売されたエントリー(低価格帯)スマートフォンです。 6,000mAhという超大容量バッテリーを搭載しています。 この記事では、これからXiaomi Redmi 9Tの購入を検討されて...

Xiaomi Redmi 9Tの口コミ・評判

ここからは、Xiaomi Redmi 9Tを実際に使っている人たちの口コミ・評判を、下記のポイントに分けて紹介していきます。

  • デザイン
  • ディスプレイ
  • 処理性能
  • ストレージ
  • カメラ
  • バッテリー
  • 生体認証

デザイン

安っぽくは見えないデザイン。背面は指紋もつかない。
中華スマホらしいデザイン。
ここは国内のミドルレンジより上だと思う。(価格.comより)

Redmi 9Tのデザインについては、「賛否両論」という印象を受けました。
「価格のわりに高級感がある」「指紋がつかなくていい」という声もあれば、「質感がイマイチ」「大きくて重い」という声も見られます。

ディスプレイ

画面は大きくて綺麗で見やすいです。(価格.comより)

液晶ですがとても綺麗で、コマ落ち感もありません。
とても大きいので年配の人でも見やすいです。(価格.comより)

Redmi 9Tは、比較的大きい6.53インチの液晶ディスプレイを搭載しています。
「画面が大きくて見やすい」「表示がきれい」という声が多く見られました。

「最大輝度はやや低め」という意見もあるので、日中の屋外ではやや見づらいと感じられるかもしれません。

処理性能

SoC

CPUはsnapdragonのエントリークラスなので、そこそこかと思いきや、普通にWEB見たりLINEしたり、たまにYoutubeするくらいなら全く問題なく軽く動きます。(価格.comより)

予想より断然良いと思います。
普段使いで困ることは無さそうです。
ゲームは少し重いと思われます。(価格.comより)

Redmi 9Tに搭載されているチップは「Qualcomm Snapdragon 662」、メモリ(RAM)は4GB。
最近のスマートフォンとしてはやや控えめの性能です。

実際の口コミを見ると「意外と快適だけど、ゲームには向かない」という意見が多く見られました。

ストレージ

Redmi 9Tは、「64GBモデル」と「128GBモデル」があります。

どちらもMicroSDに対応しているので、必要に応じて利用するといいでしょう。

カメラ

カメラ

写れば不満なし 起動も遅くないしスマホだから最低限度しっかり写ればよい(価格.comより)

Redmi 9Tのカメラ構成は下記のとおりです。

メイン(背面)カメラ 広角:4800万画素(F1.79)
超広角:800万画素(F2.2)
マクロ:200万画素(F2.4)
深度センサー:200万画素(F2.4)
イン(前面)カメラ 800万画素(F2.05)

画質はハイエンドスマートフォンほどではありませんが、「十分きれい」と感じられる方も多いようです。

バッテリー

流石によく持ちます。夜に充電して朝見ると100%か99%です。私の通常使いでは5日位は持ちます。朝40%でも無問題。(価格.comより)

Redmi 9Tは、「6,000mAh」という超大容量バッテリーを搭載してます。

一般的なスマートフォンの1.5倍以上の容量です。
実際の口コミでも「バッテリー持ちがいい」という声が圧倒的でした。

生体認証

Redmi 9Tは、指紋認証と顔認証に対応しています。
指紋認証の精度・速度はおおむね好評なようです。

指紋認証は側面にある電源ボタンに内蔵されていいます。

Xiaomi Redmi 9Tの口コミ・評判 まとめ

Redmi 9Tの「いいところ」と「イマイチなところ」をまとめます。

  • 指紋がつきづらいデザイン
  • 大きくて見やすいディスプレイ
  • トップクラスのバッテリー持ち
  • 指紋認証に対応
  • 価格が安い(2022年1月現在、新品で約15,000円~)
  • やや大きくて重たい
  • ゲームには向かない
  • 「防水・防塵」や「おサイフケータイ」には非対応

Redmi 9Tは性能・機能は控えめですが、超大容量バッテリーが魅力の機種です。

  • 「カメラにはこだわらない」
  • 「ゲームはやらない」
  • 「『防水・防塵』や『おサイフケータイ』は必要ない」

という方にはおすすめできます。

Redmi 9Tの詳しスペックや価格については、下記の記事をご覧ください。

Xiaomi Redmi 9Tのスペックや価格を徹底解説!
Xiaomi「Redmi 9T」は、2021年2月に発売されたエントリー(低価格帯)スマートフォンです。 6,000mAhという超大容量バッテリーを搭載しています。 この記事では、これからXiaomi Redmi 9Tの購入を検討されて...

「もう少し性能・機能が欲しい」という方は、同じくXiaomiの「Mi 11 Lite 5G」や、OPPOの「Reno5 A」など、ほかの機種も検討されてみてください。

OPPO Reno5 Aのスペックや価格は、下記の記事からご覧いただけます。

OPPO Reno5 Aのスペック・サイズ・カメラ・値段まとめ!
「Reno5 A」は2021年6月に発売されたOPPOの中価格帯(ミドルレンジ)スマートフォンです。 価格のわりに充実したスペック(マルチカメラや5Gなど)が魅力の機種です。 今回の記事では、これからReno5 Aの購入を検討されている...

中古スマホを購入するなら「にこスマ」!

にこスマでは、Google PixelシリーズやiPhoneシリーズなど、中古スマートフォンを取り扱っています。

すべての商品を丁寧に検品・クリーニングし、商品ページでは商品の詳しい状態をご覧いただけます
また、もし到着した端末に問題がございましたら、30日以内であれば無料で返品が可能です。

ぜひ、この機会ににこスマでスマホをチェックしてみてください。

中古スマホ販売専門店 にこスマ