にこスマ通信

iPhone・Android・スマホの役立つ情報をお届け!

バイクの振動でスマホが壊れる!?原因と対策を徹底解説

バイクでツーリング用のナビとして、iPhoneやAndroidスマホを使われている方も多いと思います。
しかし、バイクは走行時の振動が大きく、スマホのカメラが壊れてしまうことも。

この記事では、

  • バイクの振動でスマホのカメラが壊れる理由
  • バイクの振動対策
  • バイク用におすすめのスマホ

など、バイクで安心してスマホを使うための情報をまとめて解説していきます!

商品一覧はこちら

バイクの振動でスマホのカメラが壊れる

バイクの振動によって、スマホのカメラが壊れてしまうことがあります。

iPhoneを手がけるAppleは、「オートバイの高出力エンジンなどの振動を受け続けると iPhone のカメラに影響することがある」と題して、次のように警告しています。

特定の周波数範囲で振幅が大きい振動 (とりわけ、オートバイの高出力エンジンの振動) を iPhone が受け続けると、カメラシステムの性能が低下するおそれがあります。
(中略)
高振幅の振動を iPhone が長時間受け続ける状況は避けてください。

(引用:オートバイの高出力エンジンなどの振動を受け続けると iPhone のカメラに影響することがある|Apple

バイクの振動でスマホのカメラが壊れる理由

バイクの振動によってスマホのカメラが壊れる主な原因は、「光学式手ぶれ補正(OIS)」です。

光学式手ぶれ補正とは、カメラのレンズやイメージセンサーが動き、手ぶれを軽減する機能です。
画像処理によって手ぶれを軽減させる「電子式手ぶれ補正(EIS)」よりも強力な効果を得ることができます。

近年ではハイエンドスマートフォンを中心に、OISに対応している機種が多いです。

バイクの振動によって、OISの可動部品がダメージを受けると、

  • プレビュー画面が小刻みに揺れ続ける
  • ピントが合わない

といった症状が出てしまいます。

バイクで安心してスマホを使うためにできること

バイクで安心してスマホを使うための対策は、下記の3つです。

  • 補償サービスに加入する
  • スマホホルダーを防振仕様にする
  • バイク用のスマホを用意する

補償サービスに加入する

大手キャリアや格安SIMで端末を購入する場合は、各社が提供する補償サービスに加入しておくといいでしょう。

iPhoneの場合は、「Apple Care+ for iPhone」に加入することもできます。

補償サービスに加入しておけば、もしスマホが故障しても、数千円〜1万円代で端末を交換してもらえます。

一例として、バイクの振動によって、iPhone 13のカメラが壊れた場合にかかる費用を見てみましょう。

Apple Care+ for iPhone あり なし
交換にかかる費用 12,900円 68,800円

※Appleで修理する場合、画面とバッテリー以外の修理は本体ごと交換されます。

スマホホルダーを防振仕様にする

バイク用のスマホホルダーには、振動を軽減してくれるタイプのものがあります。
ただし、振動がなくなるわけではないので、過度な期待は禁物です。

バイク用のスマホを用意する

もっともおすすめなのは、バイク用のスマホを用意してしまう方法です。

バイク専用サブ機を用意することで、

  • 気兼ねなく使える
  • メイン機のバッテリーを節約できる
  • メイン機の寿命が延びる

といったメリットがあります。

スマホの「サブ機」とは?メリット・デメリットや活用方法を徹底解説! | にこスマ通信
本記事では、 「サブ機って何?」 「サブ機の使い方を知りたい」 という方に向けて、 サブ機のメリット・デメリット サブ機の活用方法 を、わかりやすく紹介していきます。 「サブ機」とは|2台持ちのメリット・デメリット スマートフォ

気兼ねなく使える

バイク専用サブ機を用意することで、気兼ねなく使えます。

地図アプリの利用やちょっとした調べ物といった用途であれば、高い性能は必要ありません。
中古スマホなら、実用的な機種が数千円で入手可能です。

メイン機のバッテリーを節約できる

ツーリング中のナビをサブ機に任せることで、メイン機のバッテリーを節約できます。

メイン機の寿命が延びる

メイン機とサブ機で用途を分けることで、メイン機の寿命を延ばすことができます。

スマホにダメージを与えるのは、バイクの振動だけではありません。
直射日光や発熱もスマホの寿命を縮める一因です。

過酷な環境はサブ機に任せてしまいましょう。

バイク専用サブ機の選び方

バイク専用サブ機を選ぶポイントは3つあります。

  • カメラが光学式手ぶれ補正に非対応
  • 防水・防塵に対応
  • 画面は液晶

カメラが「光学式手ぶれ補正」に非対応

故障の主な原因である「光学式手ぶれ補正(OIS)」に非対応の機種を選びましょう。

主なシリーズについて、OISの対応状況をまとめました。

OISが搭載されている機種(一例)
iPhone iPhone 6s Plus
iPhone 7/7 Plus以降の全機種
Xperia Xperia PROシリーズ
Xperia 1シリーズ
Xperia 5シリーズ
Xperia 10 IV
Xperia Ace(Ace II・ IIIは非対応)
AQUOS AQUOS Rシリーズ(R6・R7は非対応)
AQUOS zero・zero2
Galaxy Galaxy Zシリーズ
Galaxy Sシリーズ(S6以降)
Galaxy Noteシリーズ(Note 5以降)
Galaxy A52・A53
OISだけでなく、オートフォーカス(AF)にも可動部品が使われています。
OIS非対応でも、振動で壊れる可能性が完全に無くなるわけではありません。

防水・防塵に対応

天候にかかわらず利用できるように、防水・防塵に対応している機種を選ぶといいでしょう。

近年では多くの機種が防水・防塵に対応しています。

防水・防塵性能は、「IP〇〇」という形で表記されます。
「IP67」以上であれば、雨が降っても安心です。

水場で使いたい場合は、IP68(防水・防塵ともに最高レベル)の機種を選びましょう。

画面は液晶

画面は「有機EL」ではなく「液晶」の機種を選ぶといいでしょう。

近年では有機ELを採用する機種が増えています。

有機ELには、「黒がきれい」、「残像が少ない」といったメリットがあります。
一方で、長時間同じ画面を表示し続けると、「焼き付き」といって、表示がうっすら残ってしまうデメリットがあります。

地図アプリを表示し続ける用途には、液晶を採用している機種のほうが安心です。

【2022年8月】バイク専用サブ機におすすめの機種はこれだ!

  • カメラが光学式手ぶれ補正に非対応
  • 防水・防塵に対応
  • 画面は液晶

上記を満たす機種の中で狙い目なのは、5年ほど前のハイエンド機種です。

ゲーム性能やカメラの画質を求める方には向きませんが、地図アプリや利用やちょっとした調べ物といった用途であれば、2022年現在でも快適に動作します。

とくにおすすめの機種は、「Xperia XZs」です。

2022年8月現在、中古相場が1万円を切っており、弊社の中古スマホ販売「にこスマ」では、5千円前後で購入いただけます。

新品 販売終了
中古(平均) 8,888円(目立った傷や汚れなし)
にこスマ 6,000円(Bランク)

にこスマで「Xperia XZs」を見てみる

Xperia XZs

Xperia XZsは、2017年5月に発売されたソニーのハイエンドスマートフォンです。

Xperia XZsの主なスペックと特徴を見てみましょう。

サイズ 146mm×72mm×8.1mm
重量 161g
ディスプレイ 5.2インチ 液晶
1,920×1,080ピクセル
アウトカメラ 1,920万画素(F2.0)
インカメラ 1,320万画素(F2.0)
チップ Snapdragon 820
メモリ(RAM) 4GB
ストレージ(ROM) 32GB
microSD 対応(最大256GB)
バッテリー容量 2,900mAh
ワイヤレス充電 非対応
生体認証(指紋/顔) 対応(電源ボタンに内蔵)/非対応
防水・防塵 対応(IP68)
おサイフケータイ(FeliCa) 対応
対応バンド 【ドコモ(SO-03J)】
3G:バンドI、VI、XIX
4G(LTE):バンド1、3,19、21、28
5G:非対応【au(SOV36)】
3G:サービス終了
4G(LTE):バンド1、3、18、26、28
5G:非対応【ソフトバンク】
3G:バンドI、VIII
4G(LTE):バンド1、3、8
5G:非対応
デュアルSIM 非対応

対応バンドについては、下記の記事をご覧ください。

スマホの対応バンドとは?必要な周波数帯や確認方法を徹底解説! | にこスマ通信
この記事では、iPhone・Androidスマホの「対応バンド」について解説していきます。 対応バンドとは 各キャリアで必要な対応バンド 対応バンドの確認方法・注意点 などなど、対応バンドに関する情報を網羅しています。 「これさえ確認す

Xperia XZsは、

  • カメラが光学式手ぶれ補正に非対応
  • 防水・防塵に対応
  • 画面は液晶

を満たしており、地図アプリや調べ物には十分な性能を持っています。

薄手のグローブをしたままでも操作できる「手ぶくろモード」も、魅力の一つです。

運転中のスマホ操作は絶対にNGです。

最近の機種と比べるとバッテリー容量は少なめなので、長時間利用する場合は充電環境を用意しておくといいでしょう。

にこスマで「Xperia XZs」を見てみる

Xperia XZsの詳細は、下記の記事からご覧いただけます。

【2022年版】Xperia XZsのスペックや価格を徹底解説!まだ使える?【レビュー】 | にこスマ通信
Xperia XZsは、2017年5月に発売されたソニーのハイエンドスマートフォンです。 充実した機能が魅力の機種です。 この記事では、Xperia XZsの購入を検討している方に向けて、 Xperia XZsのスペック・特徴 Xperi

コンパクトな機種をお探しの方には、Xperia XZ1 Compactもおすすめです。

Xperia XZsより性能は高めながら、5千円程度で購入いただけます。

にこスマで「Xperia XZ1 Compact」を見てみる

コンパクトな機種はスマホホルダーに合わない可能性があるので、サイズを調べておくといいでしょう。

バイク専用サブ機の運用方法

バイク専用サブ機を活用するためには、インターネット環境が必要です。
サブ機でインターネットに接続するおすすめの方法は、2つあります。

  • テザリング
  • 格安SIM

テザリング

「テザリング」とは、スマホをWi-Fiルーターのように利用できる機能です。
バイク専用のサブ機を利用する際に、メイン機でテザリングをオンにするだけで、インターネット接続を共有できます。

【2022年】テザリングにおすすめの格安SIMプラン5選|注意点も | にこスマ通信
スマートフォンの通信回線を共有できる「テザリング」は、大手キャリアだけでなく、多くの格安SIMでも利用できます。 この記事では、「テザリングするなら、どの格安SIMがいいの?」とお悩みの方に向けて、 テザリングにおすすめの格安SIM テザ

テザリングのデメリットは次の2つです。

  • オン・オフを切り替える必要がある
  • メイン機のバッテリーを消費する

テザリングは、頻繁に使用する場合にはあまり向かないと言えるでしょう。

「Wi-Fiテザリング」ではなく「Bluetoothテザリング」を利用することで、バッテリー消費を抑えることができます。

格安SIM

頻繁に使用する場合には、バイク専用サブ機のために、別途SIMの契約がおすすめです。
格安SIMであれば、月々数百円で持つことができます。

とくにおすすめなのは、日本通信の「合理的シンプル290プラン」です。
月額290円で、音声通話対応SIM(データ容量1GB)が持てます。

合理的シンプル290プラン|日本通信SIM
「お客様にとっての合理性」を追求した日本通信SIMは、分かりやすく、安心できて、納得感のある料金プランが支持されています。ドコモ・au・ソフトバンク対抗の70分無料通話付き。6GBのデータ容量プランは月額1,390円。20GBプランなら、2,178円です。
1GBあたり220円で、データ容量の追加も可能です。

利用頻度にムラがある場合は、月額料金が無料で、使いたいときに「トッピング」を購入できる「povo2.0」もいいでしょう。

【公式】povo2.0|基本料ゼロから始めるau回線のスマホプラン
ゼロから、君のやりかたで。基本料0円から始めるpovo2.0。au回線のスマホプランだから速度もエリアも品質も安定!eSIM対応、期間縛りなし、事務手数料なし、データ使い放題もトッピングが選べて、5Gにも対応!乗り換えにおススメ!
「#ギガ活」という仕組みを利用すれば、「au PAY 」を使ったお買い物でデータ容量をもらうことも可能です。

格安SIMの利用で問題になる「A-GPS」とは

「A-GPS(Assisted GPS)」とは、携帯電話網のデータを併用することで、GPSの測位を高速化するための仕組みです。

GPSのみ利用する場合、30秒から数分ほどかかる測位が、A-GPSによってわずか数秒で完了します。

A-GPSは、キャリア版の端末と格安SIMの組み合わせによっては、動作しない場合があります。
たとえばドコモのAndroidスマホは、一部の例外を除き、ドコモの契約がないとA-GPSが利用できません。

iPhoneやSIMフリーのAndroidスマホは、キャリアを問わずA-GPSを利用できます。

A-GPSが利用できないとどうなる?

筆者が所有するドコモ版「Xperia XZ1 Compact(SO-02K)」と格安SIMの組み合わせで、GPSの動作を調べてみました。

A-GPSが利用できない組み合わせです。
位置情報の取得元 GPS Wi-Fiアクセスポイント
測位にかかった時間 GPSデータあり 数秒 数秒
GPSデータなし 屋外:30秒〜1分
屋内:5分以上
数秒

GPSデータ(キャッシュ)がない状態でも、屋外であれば1分以内に測位できました。
都市部であれば、周辺にあるWi-Fiアクセスポイントの情報も併用できるので、地図アプリを使ううえで困ることは、ほとんど無いと思われます。

海や山奥のように、Wi-Fiアクセスポイントがない場所でも、GPSデータが残っていれば数秒で測位可能です。

GPSデータは、最後にGPSを利用してから数時間〜数日間ほど有効です。

Wi-Fiアクセスポイントがない場所で、GPSデータが無効になった場合のみ、測位に時間がかかります。

GPSの測位にかかる時間は、機種や条件により異なります。

A-GPSが使えなくても、多くの場面で利用できますが、

  • GPSの利用頻度が低い
  • Wi-Fiアクセスポイントがない場所で使うことが多い

という場合は、iPhoneやSIMフリー版のAndroidスマホを選ぶといいでしょう。

まとめ

バイクの振動によって、スマホのカメラが壊れてしまうことがあります。

おもに、カメラの光学式手ぶれ補正が原因です。

安心してスマホを使うためには、

  • 補償サービスに加入する
  • スマホホルダーを防振仕様にする
  • バイク用のスマホを用意する

といった対策が有効です。

バイク専用のサブ機としては、

  • カメラが光学式手ぶれ補正に非対応
  • 防水・防塵に対応
  • 画面は液晶

の条件を満たす「Xperia XZs」がおすすめ。

2022年8月現在、中古端末が1万円未満で購入可能です。

にこスマで「Xperia XZs」を見てみる

テザリングや格安SIMを活用すれば、サブ機でもインターネットを利用できます。

中古iPhone・Androidスマホをお探しの方へ

当サイト「にこスマ」は、高品質・安心・低価格が3拍子そろった中古スマホ販売サイトです。

  • 全商品「SIMロック」なし
  • 詳細なコンディションを確認可能
  • 1年間の無料返品交換保証

iPhone・Androidスマートフォンともに、豊富に取りそろえております。
ぜひお気に入りの一台を探してみてください!

商品一覧はこちら