にこスマ通信

iPhone・Android・スマホの役立つ情報をお届け!

【2022年版】AQUOS sense2のスペックや価格を徹底解説!【レビュー】

「AQUOS sense2」は、2018年11月に発売されたシャープのミドルレンジ(中価格帯)スマートフォンです。

充実した機能や高い耐久性が魅力の機種です。

この記事では、これからAQUOS sense2の購入を検討されている方に向けて、

  • AQUOS sense2の特徴
  • 後継機種「AQUOS sense3」との違い
  • 2022年6月現在の価格

などを、まとめて紹介していきます!

商品一覧はこちら

AQUOS sense2のスペック

まずは、AQUOS sense2の主なスペックを見てみましょう。

ドコモ(SH-01L) au(SHV43) SIMフリー(SH-M08)
発売日 2018年11月
カラーバリエーション シルキーホワイト
ニュアンスブラック
シャンパンゴールド
ブロッサムピンク
シルキーホワイト
ニュアンスブラック
ピンクゴールド
アイスグリーン
ホワイトシルバー
ニュアンスブラック
アッシュイエロー
アーバンブルー
カーディナルレッド
フレンチピンク
ターコイズグリーン
サイズ 148mm×71mm×8.4mm
重量 155g
ディスプレイ
約5.5インチ 液晶
1,080 × 2,160ピクセル
アウトカメラ 1,200万画素(F2.0)
インカメラ 800万画素(F2.2)
チップ Snapdragon 450
メモリ(RAM) 3GB
ストレージ(ROM) 32GB
microSD 対応(最大512GB)
バッテリー容量 2,700mAh
ワイヤレス充電 非対応
スピーカー モノラル
イヤホンジャック あり
生体認証(指紋/顔) 対応(前面下部)/対応
防水・防塵 対応(IP68)
おサイフケータイ(FeliCa) 対応
対応バンド 3G:1/5/6/19
4G(FDD):1/3/5/17/19
4G(TD):非対応
5G:非対応
3G:1/6/8/19
4G(FDD):1/3/8/19/26
4G(TD):非対応
5G:非対応
3G:1/5/6/8/19
4G(FDD):1/3/5/8/12/17/19/26
4G(TD):41
5G:非対応
デュアルSIM 非対応

AQUOS sense2は、充実した機能や高い耐久性が魅力の機種です。

AQUOS sense3との違い

AQUOS sense2と後継機種「AQUOS sense3」の主な違いは下記のとおりです。

AQUOS sense2 AQUOS sense3
アウトカメラ 1,200万画素(F2.0) 超広角:1,200万画素(F2.4)
広角:1,200万画素(F2.0)
チップ Snapdragon 450 Snapdragon 630
メモリ(RAM) 3GB 4GB
ストレージ(ROM) 32GB 64GB
バッテリー 2,700mAh 4,000mAh
デュアルSIM 非対応 対応(nanoSIM×2)
※SIMフリーモデルのみ

全体的に基本性能が強化されています。
性能差は大きくありませんが、「少しでも快適なほうがいい」という方にはAQUOS sense3のほうがおすすめです。

AQUOS sense2の特徴

ここからは、AQUOS sense2の特徴の中から次のポイントに注目して、詳しく解説していきます。

  • デザイン
  • ディスプレイ
  • 処理性能
  • ストレージ
  • カメラ
  • バッテリー
  • その他の機能

デザイン

ドコモ(SH-01L) au(SHV43) SIMフリー(SH-M08)
カラーバリエーション シルキーホワイト
ニュアンスブラック
シャンパンゴールド
ブロッサムピンク
シルキーホワイト
ニュアンスブラック
ピンクゴールド
アイスグリーン
ホワイトシルバー
ニュアンスブラック
アッシュイエロー
アーバンブルー
カーディナルレッド
フレンチピンク
ターコイズグリーン
サイズ 148mm×71mm×8.4mm
重量 155g

AQUOS sense2の魅力の一つが豊富なカラーバリエーションです。

全部で12色あります。

サイズ感は標準的(iPhone 13とほぼ同じ)で側面が丸みを帯びているので、「持ちやすい」と感じる方も多いでしょう。

ディスプレイ

ディスプレイ
約5.5インチ 液晶
1,080 × 2,160ピクセル

AQUOS sense2は、5.5インチIGZO液晶を搭載しています。
サイズこそ5.5インチと小さめですが、表示品質は比較的高いようです。

処理能力

チップ Snapdragon 450
メモリ(RAM) 3GB

AQUOS sense2の性能は、2022年現在の基準から見るとかなり低めです。
最近の機種に慣れている方は、動作が重たく感じられるかもしれません。


性能の目安がわかるベンチマークアプリ「Antutu(v8)」のスコアは9万点ほどのようです。

ストレージ

ストレージ(ROM) 32GB
microSD 対応(最大512GB)

ストレージは32GBと、最小限の容量です。

必要に応じてmicroSDを利用するといいでしょう。

カメラ

アウトカメラ 1,200万画素(F2.0)
インカメラ 800万画素(F2.2)

AQUOS sense2のカメラは、最近の機種と比べると、性能・機能ともに控えめです。
カメラにこだわりのある方には向きませんが、「きれい」と感じられる方もいるでしょう。

画質については主観によるところが大きいので、実際の作例を参考にされてみてください。

バッテリー

バッテリー容量 2,700mAh
ワイヤレス充電 非対応

AQUOS sense2のバッテリー容量は、2,700mAh。
容量は小さめですが、省電力性能に優れたIGZO液晶を搭載していることもあり、持ちが悪いわけではないようです。

その他の機能

ドコモ(SH-01L) au(SHV43) SIMフリー(SH-M08)
スピーカー モノラル
イヤホンジャック あり
生体認証(指紋/顔) 対応(前面下部)/対応
防水・防塵 対応(IP68)
おサイフケータイ(FeliCa) 対応
対応バンド 3G:1/5/6/19
4G(FDD):1/3/5/17/19
4G(TD):非対応
5G:非対応
3G:1/6/8/19
4G(FDD):1/3/8/19/26
4G(TD):非対応
5G:非対応
3G:1/5/6/8/19
4G(FDD):1/3/5/8/12/17/19/26
4G(TD):41
5G:非対応
デュアルSIM 非対応

AQUOS sense2は、防水・防塵やおサイフケータイなど、機能が充実しています。

「耐衝撃」や「耐振動」など、MIL規格9項目に準拠しているので、幅広いシーンで安心して利用可能です。

AQUOS sense2の価格

2022年6月現在、AQUOS sense2の販売状況は下記のとおりです。

2022年6月現在の販売状況
新品 販売終了
中古販売サイト(平均) 8,394円(目立った傷や汚れなし)
にこスマ 5,000円〜
中古販売サイト相場価格は記事作成時の2022年6月時点の価格を記載しています。こちらは楽天市場やYahoo!ショッピングなどで販売されている端末の取引価格を「にこスマ」が独自に収集し、おおよその平均価格を掲載しています。詳細はにこスマ通信・価格検索ページをご覧ください。

【まとめ】AQUOS sense2は、用途を限定したサブ機におすすめ

AQUOS sense2は、性能こそ低めですが、充実した機能や高い耐久性が魅力の機種です。

2022年6月現在、1万円未満で入手できるので、

  • 電話やメールが中心
  • 用途を限定したサブ機を探している

という方におすすめです。

にこスマで「AQUOS sense2」を見てみる

「もう少し性能が欲しい」という方は、後継機種のAQUOS sense3や、上位機種のAQUOS R2も検討されてみてください!

AQUOS sense3のスペック・サイズ・カメラ・値段まとめ! | にこスマ通信
「AQUOS sense3」は、2019年11月に発売されたSHARPの中価格帯(ミドルレンジ)スマートフォンです。 「必要十分」というコンセプトで開発され、累計300万台以上を売り上げました。 この記事では、これからAQUOS sense
【2022年版】SHARP AQUOS R2のスペックや価格を紹介! | にこスマ通信
「AQUOS R2」は、2018年6月に発売されたされたSAHRPのハイエンドスマートフォンです。 高性能ディスプレイや「ドラマティックワイドカメラ」が魅力の機種です。 この記事では、AQUOS R2をこれから購入を検討されている方に向けて

中古iPhone・Androidスマホをお探しの方へ

当サイト「にこスマ」は、高品質・安心・低価格が3拍子そろった中古スマホ販売サイトです。

  • 全商品「SIMロック」なし
  • 詳細なコンディションを確認可能
  • 1年間の無料返品交換保証

iPhone・Androidスマートフォンともに、豊富に取りそろえております。
ぜひお気に入りの一台を探してみてください!

商品一覧はこちら