にこスマ通信

iPhone・Android・スマホの役立つ情報をお届け!

スマホの「ギガ(容量)」はどれくらい必要?用途別の目安や選び方など

スマホのプランを選ぶ際に、ギガ数(通信容量)の選び方で迷われる方も多いと思います。

  • 「できるだけ安くしたいけど、通信制限にはかかりたくない…」
  • 「自分のスマホの使い方に合ったギガ数が分からない…」

この記事では、1GBでできることや通信容量の目安をわかりやすく解説していきます。

「ギガ」には通信容量以外にもさまざまな意味があります。
混同しないためにも、ギガの意味も紹介していますのでぜひご覧になってみてください!

にこスマ

スマホの「ギガ」とは|シーンによって意味が異なる

スマホの「ギガ」は「GB(ギガバイト)」の略で、データの大きさを表しています。

読み方 意味
KB キロバイト 約1,000B(バイト)
MB メガバイト 約1,000KB
GB ギガバイト 約1,000MB
TB テラバイト 約1,000GB
KB<MB<GB<TBの順番で、1,000倍ずつ大きくなります。
たとえば1GBは約1,000MBです。

スマホが普及してからは、ギガはデータ通信容量を指すことが多くなりました。

  • 「今月はギガを使いすぎてしまった」
  • 「動画を見たいのにギガが足りない」

などのように使われます。

ギガはストレージやメモリの容量でも使われます。
この記事では、主にデータ通信容量について解説し、最後にストレージやメモリの容量の目安も紹介していきます!

iPhoneでストレージ容量やデータ通信量を確認する方法は、下記の記事からご覧ください。
iPhoneのギガ数を確認!ストレージ容量とデータ通信量の確認方法 | にこスマ通信

中古スマホ・タブレットを安心・お得に購入するなら「にこスマ」!

・全商品SIMロックなし
・詳細なコンディションを確認可能
・1年間の返品・交換保証

\ 14時までのご注文で当日発送 /

今すぐ「にこスマ」を見てみる

にこスマは、伊藤忠グループの「Belong」が運営する中古スマホ・タブレット販売・買取サービスです。

データ通信容量の目安|1GBでできること

スマホの利用頻度や用途によって必要なデータ通信容量は大きく異なります。
あなたに合ったデータ通信容量を選ぶためには、1GBでできる目安を把握するといいでしょう。

コンテンツ 1GBでできること
Webページの閲覧 約3,000ページ
音楽 11.5時間
YouTube(標準画質) 2.3時間
LINE(音声通話) 約55.5時間
LINE(ビデオ通話) 約3.25時間

上記はあくまで目安ですが、動画やビデオ通話を利用すると通信量が跳ね上がることがわかりますね。

参考:
データ通信量が消費する目安を教えてください。|SoftBank
「LINE通話」でかかるギガ数やデータ通信量が気になる?通信量を抑える方法は…|LINEMO
Zoom のシステム要件: Windows、macOS、Linux|zoomサポート

データ通信容量の平均は?

総務省が2020(令和2)年に公表した「モバイル市場の最近の動向について」によると、約4割の人が20GB以上のプランを利用しています。
しかし実際の通信量は約半数の人が2GB未満で、20GB以上利用している人はわずか11.3%にすぎません。

プランの通信容量と利用量の差が大きく、無駄が多いことがわかります。

中古スマホ・タブレットを安心・お得に購入するなら「にこスマ」!

・全商品SIMロックなし
・詳細なコンディションを確認可能
・1年間の返品・交換保証

\ 14時までのご注文で当日発送 /

今すぐ「にこスマ」を見てみる

にこスマは、伊藤忠グループの「Belong」が運営する中古スマホ・タブレット販売・買取サービスです。

データ通信容量はどれくらい必要?

賢くお得に利用するためにも、データ通信容量の目安を見てみましょう。

データ通信容量 主な用途
1GB
  • 外出先ではあまり使わない
  • LINEやSNS、かんたんなWeb検索、地図アプリなど
3〜5GB
  • 外出先でLINE通話やSNSを頻繁に利用する
10GB
  • 外出先で音楽や動画を視聴する
20GB以上
  • 自宅にWi-Fi環境がない
  • 外出先で頻繁に動画を視聴する
一般的にデータ容量の追加は割高なので、実際の利用量より少し余裕のあるプランを選ぶといいでしょう。
アプリによっては、音楽や動画のオフライン再生に対応しています。
Wi-Fi環境でまとめてダウンロードしておけば、通信量を大幅に節約可能です。

ストレージ容量の目安

「ギガ」はストレージ容量でも使われます。

近年ではストレージの大容量化が進み、スマホでも1TB以上(1,000GB以上)のストレージを搭載している機種が登場しています。

2023年現在、ストレージ容量は128GBが主流で、廉価機種を中心に64GBモデルも多く見られます。
128GBを基準に、ゲームアプリや動画の多さに合わせて選ぶといいでしょう。

スマホのストレージ容量の目安や選び方については、下記の記事で詳しく解説しています。
スマホのストレージ容量はどれくらい必要?目安や選び方、節約する方法など | にこスマ通信

中古スマホ・タブレットを安心・お得に購入するなら「にこスマ」!

・全商品SIMロックなし
・詳細なコンディションを確認可能
・1年間の返品・交換保証

\ 14時までのご注文で当日発送 /

今すぐ「にこスマ」を見てみる

にこスマは、伊藤忠グループの「Belong」が運営する中古スマホ・タブレット販売・買取サービスです。

メモリ容量の目安

メモリ容量でも「ギガ」が使われます。
とくにメモリとストレージは、どちらも記憶領域を意味するため混同しやすいかもしれません。

メモリとストレージの違いは、作業机に例えるとわかりやすいです。

  • メモリ容量:机の大きさ
  • ストレージ容量:引き出しの大きさ
メモリ容量が大きいほど、一度の多くのデータを処理できます。
机の上(メモリ)で処理したデータを、引き出し(ストレージ)に保存しておくイメージです。

メモリ容量が不足すると、動作が不安定になります。
メモリ容量はiPhoneで4GB以上、Androidスマホで6GB以上が主流です。

  • 「最新ゲームを高画質で遊びたい」
  • 「動画編集を快適に行いたい」

という場合は、iPhoneで6GB以上、Androidスマホで8GB以上の機種を選ぶといいでしょう。

スマホのメモリ容量の目安や選び方については、下記の記事で詳しく解説しています。
スマホのメモリ容量はどれくらい必要?快適に動作する目安を紹介 | にこスマ通信

中古スマホ・タブレットを安心・お得に購入するなら「にこスマ」!

にこスマ

「にこスマ」は、伊藤忠グループの「Belong」が運営する中古スマホ・タブレット販売サービスです。
高品質な「三つ星スマホ」を厳選しており、中古端末でも安心してご利用いただけます。

  • 全商品SIMロックなし
  • 詳細なコンディションを確認可能
  • 1年間の返品・交換保証

\ 14時までのご注文で当日発送 /

今すぐ「にこスマ」を見てみる

国内最大級のオペレーションセンターにて、徹底した検査やクリーニング、専用ツールによるデータ消去を行っております。

全商品でさまざまな角度から撮影した実機画像を掲載しているため、状態を確認したうえで納得して購入できます。
*iPhoneは全商品で「バッテリーの最大容量」を確認可能です。

 

使わなくなったスマホ・タブレットは「にこスマ買取」にお売りください!

\ 登録不要でかんたん見積もり /

今すぐ買取価格を見てみる